代替プロテイン

マクドナルド、ビヨンドミートと開発した植物性マックナゲットをドイツで発売

 

マクドナルドはビヨンドミートとの提携を通じて、ドイツのマクドナルド1400店舗で植物性のマックプラントナゲットの発売を発表した。

今月22日よりドイツのマクドナルド店舗で、ビヨンドミートのマックプラントバーガーに加え、マックプラントナゲットの販売が開始された。マックプラントナゲットが導入されるのはドイツが初となる

植物性マックナゲット、ドイツで試験販売に続き本格導入へ

出典:マクドナルド

ビヨンドミートは2021年2月、マクドナルドの優先サプライヤーとなる3年間の提携を結んだ

マックプラントバーガーは二社が共同開発した最初の製品であり、今回ドイツで発売されたマックプラントナゲットは2番目の製品となる。

マクドナルドはビヨンドミートと協力してマックプラントナゲットの開発に取り組み、昨年の夏にドイツ、シュトゥットガルトの9箇所のレストランで試験を実施した。このナゲットは、えんどう豆、とうもろこし、小麦、パン粉を原料に作られたものとなる。

欧州で拡大するマックプラントの本格導入

出典:マクドナルド

ドイツでマックプラントナゲットが導入されたことは、昨年の試験販売が成功に終わったことを意味している。二社の提携から2年、マックプラントの導入は欧州を中心に拡大している。

アメリカでは2021年11月にマックプラントの試験販売が開始されたが、昨年8月、試験販売は終了され、今後の本格導入や追加の試験販売の予定については発表されていない

欧州の消費者は、アメリカの消費者よりもマクドナルドの植物性製品に対する受容度が高い。

この2年間でマックプラントは、イギリス、アイルランドオーストリアオランダで本格導入されており、今回の発表で、ドイツにも本格導入されることとなった。イギリス、アイルランドでは先月、ダブルマックプランドバーガーが発売されている。

日本でも昨年、ビヨンドミート製品の販売が開始

各社画像を使用してFoovoが作成

日本のマクドナルドではマックプラントの試験販売は実施されていないが、ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(U.S.M.H)が昨年9月、ビヨンドミート製品の日本における独占販売契約を締結した。

11月には傘下のマルエツ(1店舗)、カスミ(2店舗)、マックスバリュ(4店舗)での販売を開始し、今後も販売店舗を拡大していくという。

マクドナルドは、マックプラントのバーガー、ナゲットの市場投入は、消費者需要によって決まると言及している。国内でビヨンドミート製品の需要が高まれば、日本のマクドナルドにもマックプラントが導入される日がやってくるかもしれない。

 

参考記事

McDonald’s and Beyond Meat Debut First-Ever Plant-Based McNuggets in Germany

McDonald’s to launch McPlant nuggets made with Beyond Meat in Germany

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:マクドナルド

 

関連記事

  1. GOOD MeatとADMが戦略的パートナーシップを締結、培養肉…
  2. ユニリーバ、植物性の代替肉・代替乳製品の年間売上目標を約1200…
  3. Fooditiveが精密発酵カゼインの生産拡大を発表、欧州進出に…
  4. Oshiのホールカットの植物サーモン、ニューヨークで発売
  5. ドバイが次のフードテックハブになる?UAEがドバイにフードテック…
  6. 日本初|植物肉グリーンカルチャーが植物魚に参入、7月より寿司屋で…
  7. パーフェクトデイが約390億円を調達、今秋にアニマルフリーなクリ…
  8. 培養ロブスターを開発する米Cultured Decadenceが…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

一正蒲鉾がインテグリカルチャー、マルハニチロと培養魚肉の共同研究開始を発表

一正蒲鉾は、培養肉のスタートアップ企業インテグリカルチャーとマルハニチロの3社で…

昆虫で食品廃棄物をアップサイクルするLIVIN Farmsが約8.5億円を調達

代替タンパク質の1つとして昆虫タンパク質生産に取り組むオーストリア企業LIVIN…

菌糸体由来肉のMeati Foodsが全米で販売開始、Sprouts Farmers Market全店舗に導入

菌糸体由来の代替肉を開発する米Meati Foodsは、アメリカのスーパーマーケ…

プラントベース×精密発酵を手掛けるAll G Foodsにオーストラリアの大手スーパーチェーンが出資

オーストラリア企業All G Foodsは、植物原料を使った代替肉と精密発酵によ…

Vowが絶滅マンモスのDNAから培養マンモスミートボールを作製

オーストラリアの培養肉企業Vowは、絶滅したケナガマンモスのタンパク質で作られた…

AIを活用するチリ企業The Live Green Coが植物性アイスクリームを発売

代替タンパク質に使われる原料は、大豆、えんどう豆、ひよこ豆から、菌糸体など菌類を…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/14 12:07時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/13 21:24時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/14 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/14 17:58時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/14 10:45時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/13 20:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP