代替プロテイン

代替マグロ開発中の米フードテックKuleana、年内に全米へ代替マグロ寿司の提供を目指す

>> <<

サンフランシスコのフードテック企業Kuleanaは、クロマグロを使わない「リアルな寿司」を開発中だ。

代替魚の開発によって従来の水産業を変え、環境への負の影響を減らすのが狙いだ。

Kuleanaは2019年に設立されたフードテックのスタートアップ。

ヴィーガン用の魚代替食品を開発するフードテックだが、すべての魚介類をターゲットとしているわけではない。同社が狙うのは、寿司にできる、刺身の代替品だ。

Kuleanaの共同創設者Hurtadoは、刺身には根強い人気があるにも関わらず、刺身になるような代替魚がないことに「市場の空白」を見出し、開発に踏み切ったという。

同社の最初の商品はKuleana Akami。Akamiは名前のとおり、魚の「赤身」を意味している。

出典:Kuleana

Kuleana Akamiは、Kuleanaの特許技術を用いて開発された、100%ヴィーガン用のクロマグロ代替品だ。特に、クロマグロの”背上”と呼ばれる、中トロになる部位とそっくりな歯ごたえ、食感を再現している。

3Dプリンタは使わず、足場材料を開発することで、生の魚と同じ味や食感を再現した。Kuleanaの共同創設者Jacek Prusによると、3Dプリンタを使うと商品の見た目や食感が「調理済み」になってしまうという。

Kuleana Akamiは、小型藻類、大型藻類、ピープロテイン(えんどう豆のタンパク質)、DHAが豊富な藻油(algae oil)、鉄、植物繊維、植物性素材を使っている。

Kuleanaは年末までに全米の寿司屋とパートナーシップを締結して、Kuleana Akamiを市場に出したいと考えている。サンフランシスコ、バルセロナで実施した味覚テストは成功に終わり、すでに5万ポンド(約22トン)を超える注文の意思表示があったという。

 

最終ゴールは今の水産業に終止符を打つこと

市場でのマグロの競り

Kuleanaの最終的な狙いは、これまでの水産業に終止符を打つことだ。必要以上の水産業や、プラスチックによる汚染による生息環境の破壊を懸念している。

特に、クロマグロは絶滅の恐れのある絶滅危惧種に指定されている。クロマグロ代替品を開発することで、クロマグロ絶滅の危機を防げる可能性が高まるだけでなく、海洋の生態系に与える負の影響を減らせる可能性があるのは明らかだ。

食肉産業についていえば、ビヨンド・ミート、インポッシブル・フーズなど主要な植物性代替肉が思い浮かぶが、魚介類にいたっては主要プレーヤーはおらず、市場は空白状態だった。水産物フードテックの競合としては、Good CatchHookedといったプレイヤーはいるが、商品はツナのように細長く裂かれており、寿司にできるような生の魚の「切り身」にそっくりな商品はない。

環境面、倫理面、健康面で問題のない魚介類を提供するのがKuleanaの理念だ。

Kuleanaが次に開発を考えているのは、マグロ以外の代替魚で、代替サーモン商品の販売を計画している。同時に、フードテックとバイオ技術両方の分野において研究開発を続けていく予定だ。

フードテック技術が実現する代替魚は、食糧問題、環境問題の解決の糸口になることは間違いない。

わたしたちの食卓に、海ではなく「陸」由来の魚が並ぶ日はそう遠くないだろう。

 

参考記事:

Plant-Based Food Tech Kuleana Is Making All Your Favourite Sushi Fish-Free

y-combinators-kuleana-wants-to-make-an-animal-free-substitute-for-raw-tuna/

Kuleana

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. Motif FoodWorksが約249億円を調達、植物肉をアッ…
  2. 世界初|スペインの乳製品メーカー、細胞農業による乳製品開発を支援…
  3. インドEvo Foodsが代替卵を年内に販売開始、2021年4月…
  4. 二酸化炭素から動物飼料用のタンパク質を作るDeep Branch…
  5. 肉屋出身者が立ち上げたIvy Farm|2023年までに英国で培…
  6. ビヨンドミートが欧州での小売展開を拡大
  7. えんどう豆由来の代替ミルクを開発するSproudが約6.8億円を…
  8. 微生物発酵でシーフードを開発するAqua Cultured Fo…

おすすめ記事

マクドナルドが植物肉バーガー「マックプラント」の試験販売をスウェーデン・デンマークで開始

マクドナルドはデンマークとスウェーデンで植物肉バーガー「マックプラント」の販売を…

インドNymbleの料理ロボットJulia(ジュリア)がSKS2020に初登場!

スマートキッチンサミット2020には10社のスタートアップが登場した。そ…

ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rapteinを開発|大豆にかわる新しい植物性タンパク質となるか?

万能の肥料として活用されるなたね(菜種)油粕。なたね油粕とは、アブラナか…

Esco Asterが培養肉の製造承認をシンガポールで取得

シンガポールの医薬品受託製造開発機関(CDMO)であるEsco Asterが、シ…

BlueNaluがアジアへの培養魚販売に向けて三菱商事、タイ・ユニオンと提携

培養魚を開発するアメリカ企業BlueNalu(ブルーナル)が、三菱商事、アジアの…

「競争よりも共創」代替肉で環境問題に挑むネクストミーツが目指すものとは

メディアの注目を集め続けるフードテック企業がある。「地球を終わらせない」という理…

Foovoレポート好評販売中

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(09/28 14:52時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(09/29 08:41時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(09/28 19:25時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP