Foovo Deep

米Bond Pet Foods、精密発酵由来の動物タンパク質2トンをペットフード会社に納品

 

精密発酵によりペットフードを開発する米Bond Pet Foodsが、精密発酵で製造された最初の動物タンパク質2トンをペットフード会社Hill’s Pet Nutritionに納品したことを発表した

Hill’s Pet Nutritionは規制当局の承認取得と市場評価に向けて、精密発酵由来のペットフードを使用してテスト製品を生成する。

精密発酵は、ヒトインスリン、チーズ製造で使用されるキモシン、ビタミンB12などさまざまな成分開発に使用されてきたもので、私たちの身近にある歴史のある技術だ。精密発酵によるタンパク質開発が盛んになるなか、2017年設立のBond Pet Foodsは精密発酵技術でペットフード開発に取り組んだ最初の企業となる。

2トンの動物タンパク質を製造・納品したことは、ペットフード用途の精密発酵技術の商用化に向けた大きな一歩となる。

Hill’s Pet Nutritionは動物タンパク質を使用してさまざまな製品を配合し、得られたデータを、アメリカ食品医薬品局(FDA)の獣医学センターによる最終的な審査と、市場評価用のプロトタイプの準備に使用する。

精密発酵ペットフードに注力する米Bond Pet Foods

出典:Bond Pet Foods

Bond Pet Foodsは2020年5月、乾燥酵母を使った最初のアニマルフリーなペットフード「Dog Treat Bar」を発売した。その後、「Dog Treat Bar」の発売を中止し、精密発酵由来ペットフードの開発・商用化に注力することを決めた

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Bond Pet Foods

 

関連記事

  1. 代替肉はなぜ必要なのか?代替肉の必要性、分類、現状をわかりやすく…
  2. ビーガンペットフードのWild Earthが約25億円を調達、来…
  3. 米NovoNutrients、牛タンパク質と同品質のCO2由来タ…
  4. CellMeatは自社開発したウシ胎児血清フリーの培地を用いて細…
  5. ひよこ豆由来のタンパク質を開発するInnovoProが約3億円を…
  6. 植物性チーズのStockeld Dreameryが約21億円を調…
  7. 分子農業スタートアップMiruku創業者に聞く「ベニバナによる乳…
  8. 独自ヘムを開発する豪代替肉v2foodが約58億円を調達、中国・…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

Motif FoodWorksが約249億円を調達、植物肉をアップデートさせる成分の市販化に向けて加速

植物ベース食品のアップデートに取り組む米フードテック企業Motif FoodWo…

チーズ大手のベル、精密発酵企業Standing Ovationと独占提携

世界的なチーズブランドBabybel、Laughing Cow、Boursinで…

ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rapteinを開発|大豆にかわる新しい植物性タンパク質となるか?

万能の肥料として活用されるなたね(菜種)油粕。なたね油粕とは、アブラナか…

オーストラリアの培養羊肉企業Magic Valley、アニマルフリーな「骨付きラムチョップ」の開発も視野に

現在、世界には60社ほどの培養肉企業があるが、スタートアップの多くは、牛肉、豚肉…

鶏を使わずに卵白タンパク質を開発するフィンランド企業Onego Bioが約12億円のシード資金を調達

精密発酵により卵白タンパク質を開発するフィンランド企業Onego Bioはシード…

藻類で培養肉用培地のコストダウンを図る東京女子医科大学、培養廃液もリサイクル

2021年8月29日に第3回細胞農業会議(日本細胞農業協会・培養食料研究会主催)…

Foovoの記事作成方針に関しまして

培養魚企業レポート・予約注文開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(02/27 11:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/27 20:51時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/28 00:18時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/27 17:39時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/28 10:26時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(02/27 20:23時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP