Foovo Deep

米Bond Pet Foods、精密発酵由来の動物タンパク質2トンをペットフード会社に納品

 

精密発酵によりペットフードを開発する米Bond Pet Foodsが、精密発酵で製造された最初の動物タンパク質2トンをペットフード会社Hill’s Pet Nutritionに納品したことを発表した

Hill’s Pet Nutritionは規制当局の承認取得と市場評価に向けて、精密発酵由来のペットフードを使用してテスト製品を生成する。

精密発酵は、ヒトインスリン、チーズ製造で使用されるキモシン、ビタミンB12などさまざまな成分開発に使用されてきたもので、私たちの身近にある歴史のある技術だ。精密発酵によるタンパク質開発が盛んになるなか、2017年設立のBond Pet Foodsは精密発酵技術でペットフード開発に取り組んだ最初の企業となる。

2トンの動物タンパク質を製造・納品したことは、ペットフード用途の精密発酵技術の商用化に向けた大きな一歩となる。

Hill’s Pet Nutritionは動物タンパク質を使用してさまざまな製品を配合し、得られたデータを、アメリカ食品医薬品局(FDA)の獣医学センターによる最終的な審査と、市場評価用のプロトタイプの準備に使用する。

精密発酵ペットフードに注力する米Bond Pet Foods

出典:Bond Pet Foods

Bond Pet Foodsは2020年5月、乾燥酵母を使った最初のアニマルフリーなペットフード「Dog Treat Bar」を発売した。その後、「Dog Treat Bar」の発売を中止し、精密発酵由来ペットフードの開発・商用化に注力することを決めた

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Bond Pet Foods

 

関連記事

  1. オランダのビーガンシーフードスタートアップMonkeys by …
  2. 米培養肉企業New Age Eatsが閉鎖を発表「投資を呼び込め…
  3. アジア初の精密発酵CDMO企業ScaleUp Bioが間もなく施…
  4. 培養肉のコスト削減を目指すProfuse Technologyが…
  5. 鶏を使わずに卵白タンパク質を開発するフィンランド企業Onego …
  6. Alt Farmは3Dプリンターで作った植物代替和牛で2023年…
  7. 植物肉企業Plantedが約100億円を調達、植物由来の鶏胸肉を…
  8. 牛を使わずに乳タンパク質を開発するイスラエルのRemilkが約1…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

牛を使わずに乳タンパク質を開発するイスラエルのRemilkが約139億円を調達

精密発酵によりアニマルフリーな乳製品を開発するイスラエル企業Remilkがシリー…

微生物とAIで新素材を発見するKingdom Superculturesが約28億円を調達

天然の微生物を組み合わせて新しい素材を開発する米Kingdom Supercul…

最短30秒で調理する自律調理ロボットを開発したRoboEatz、1台目をラトビアに設置予定

カナダ、米国、ラトビアに拠点を置くRoboEatzは、自社の調理ロボットを「世界…

Wilk、細胞培養乳脂肪を使った「世界初」のヨーグルトを開発するプロジェクトを始動

細胞培養による代替母乳・ミルクを開発するイスラエルのWilk(旧称Bio Mil…

スウェーデンHookedが約6200万円を調達、2021年春にスウェーデンで市販化予定

このニュースのポイント●スウェーデンHooked…

英Multus Biotechnologyが約12億円を調達、増殖培地工場の建設へ

イギリスのスタートアップ企業Multus Biotechnologyは、世界初の…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/20 12:45時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/20 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/21 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/20 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/21 11:15時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/20 21:34時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP