新しい食

米MeliBioが欧州進出を拡大、植物性ハチミツをスイスとオーストリアで発売

 

MeliBioが開発した植物性のビーガンハチミツが、イギリスでの発売に続き、スイスとオーストリアで発売された

MeliBioとNarayan Foodsによるビーガンハチミツは今月、スイス・オーストリアにあるドイツのディスカウントストアAldi店舗で、Aldiのプライベートブランドとして発売された。

MeliBioが植物性ハチミツをスイスとオーストリアで発売

出典:Better Foodie/MeliBio

米農務省が資金提供した研究によると、野生のミツバチは花粉媒介者として約15億ドルの価値を持つ可能性があり、野生ミツバチの減少が、農業の生産性を脅かしかねないことが報告されている

MeliBioは、野生のミツバチを守り、世界で増大するハチミツの需要に持続可能で拡張性のあるソリューションを提供するため2020年に設立された。

同社は2022年12月、欧州最大の有機食品生産者の1つであるNarayan Foodsと協業し、Better Foodieのブランドで、欧州の75,000店舗で製品を発売することを発表した

Melody(米国)/Just Veg!(スイス・オーストリア)/Vegan H*ney(英国) MeliBioの画像を元にFoovoが作成

Narayan Foods との提携から1年たった先月、二社はイギリスで、Better Foodieのブランドとしてビーガンハチミツを発売した。The Grocerの報道によると、イギリスの約200店舗の独立系小売店で、「Vegan H*ney」という製品名で販売されている。

今回新たに進出するスイス・オーストリアでは、Aldiのプライベートブランド「Just Veg!」として、Aldi が所有するHofer店舗で販売されるという。

MeliBioの共同創業者Darko Mandich氏は、「この発売を際立たせているのは規模だけでなく、市場投入のスピードです。MeliBioは最初のアイディアからわずか3年で、大規模な産業を立ち上げ、市場投入を最速で実現する食品企業の1つであることを証明しました」と述べている

欧州に先立ちアメリカで発売

出典:MeliBio

今回、MeliBioの欧州進出拡大が報じられたが、同社は欧州進出に先立ち、アメリカでB2B販売や、自社ブランド販売を実現している。

2022年には、サンフランシスコやニューヨークのレストランでビーガンハチミツを提供。昨年2月には、コロラド州の植物肉バーガーチェーンが期間限定でビーガンハチミツをメニューに採用した

昨年3月には、カリフォルニア州アナハイムで開催された展示会で自社ブランド「Melody」を発表した。「Melody」はオンラインショップで販売されているほか、アメリカの一部レストランで提供されている。

「Melody」の成分表示は「Plant-Based Honey」とされ、果糖、ブドウ糖、水のほか、植物性抽出物を2%含んでいる。植物性抽出物にはレッドクローバー、ジャスミン、トケイソウ、カモミール、シーベリーを使用している。

AgFunderの報道によると、欧州で販売する製品では植物性抽出物のブレンドは若干異なるという。

精密発酵プラットフォームの前進

出典:MeliBio

MeliBioは当初、精密発酵でハチミツを開発する企業として知られていた。現在市販されているハチミツは完全に植物性のもので、精密発酵技術は使用されていない。

Mandich氏は以前、Foovoの取材に対し、精密発酵によるハチミツ開発に積極的に取り組んでいる段階だと語った。同社リンクトインでも、「2023年には第2世代精密発酵プラットフォームの進化で大きな前進を遂げた」と発表されている

MeliBioが植物性ハチミツを先に上市したことには、さまざまなメリットが考えられる。

まず、植物性ハチミツを先行投入することで、野生のミツバチが直面する課題を緩和することができる。精密発酵ハチミツの上市には時間がかかると予想されるため、植物性ハチミツで先に収益を生み出し、この売上で研究開発をさらに進めることが可能になる。そして、精密発酵ハチミツが承認される頃には、MeliBioのブランドが認知され、販売網が確立されている可能性が高い。

精密発酵ハチミツの上市時期は未定だが、実現すれば、より複雑で高品質な機能性を備えたハチミツが市場にもたらされることになるだろう。

 

参考記事

Darko Mandich氏LinkedIn

Honey… without bees? MeliBio rolls out plant-based alternative in Austria and Switzerland with ALDI

MeliBio’s Vegan Honey Expands European Presence with Aldi Deal

 

関連記事

 

アイキャッチ画像の出典:MeliBio

 

関連記事

  1. 米パーフェクトデイ、精密発酵による甘味タンパク質開発で市場参入か…
  2. 砂糖削減・代替砂糖ソリューションを開発するスタートアップ企業13…
  3. 砂糖削減テックのIncredoが約42億円を調達、商用化を加速
  4. 精密発酵でカカオを使わずにチョコレートを開発する独QOAとは
  5. 砂糖削減に取り組むBetter Juice、ドイツにパイロット施…
  6. ミツバチを使わない「本物のハチミツ」を開発する米MeliBio
  7. 【現地レポ】シンガポール企業Preferの豆不使用コーヒーを実食…
  8. Index Biosystemsが開発したバイオ由来の微細バーコ…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

精密発酵:8ヵ月にわたる企業・政府動向の全記録【Foovo独自調査】

昨年にPerfect DayのB2Bシフトが報じられ、1月にはPerfect D…

イスラエルの培養肉Future Meatが世界初の培養肉生産施設をイスラエルに開設

イスラエルの培養肉企業Future Meatが世界初の産業用培養肉生産施設を開設…

米ビヨンドミート、植物ステーキ肉の年内発売を計画

植物肉を展開する米ビヨンドミートが今年後半に植物由来ステーキ肉の発売を予定してい…

カナダのTerra Bioindustries、使用済み穀物由来タンパク質でカナダ当局から認可を取得、今年後半に市場投入へ

使用済み穀物「Protina」を使用したバーガー試作品(出典:Terra Bioindustries…

イスラエルの培養肉企業MeaTechが世界で初めてNasdaq市場に上場

イスラエルの培養肉企業MeaTech(Nasdaq:MITC)がNasdaq市場…

菌糸体由来肉のMeati Foodsが全米で販売開始、Sprouts Farmers Market全店舗に導入

菌糸体由来の代替肉を開発する米Meati Foodsは、アメリカのスーパーマーケ…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,760円(07/14 13:03時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(07/14 22:28時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/15 02:14時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/14 18:57時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(07/14 11:31時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/14 21:54時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP