Foovo Deep

米Apeel Sciencesがアボカドの熟度を即座に把握する新たなスキャンサービスを開始

 

野菜や果物の鮮度を延長する植物スプレーを開発した米Apeel Sciencesは昨年、アボカドを傷つけることなくアボカドの熟度を即座に判断できる新しいソリューションを発表した。

高度な画像処理技術と機械学習を組み合わせることで、同社は果物内部の品質と熟度の可視性を高めることに成功した。このソリューションにより農家や小売業者は、より多くの情報に基づいて仕訳、出荷、商品化の決定を行えるようになる。

米Apeel Sciencesがアボカドの熟度を即座に把握するスキャンサービスを開始

出典:Apeel Sciences

消費者にとって熟度は、アボカドの購入と調理への使用を決定する主要要因となる。

Apeel Sciencesが開発した高度な画像処理システムは、アボカドに明るい光線をあてることで機能する。

光線は皮膚の下数ミリメートルにまで浸透し、可視・近赤外スペクトルで反射された光の量をセンサーが測定する。次に、機械学習モデルが、この測定された光スペクトルを変換し、アボカドの硬さ・乾燥物質量を正確に予測する。測定値によって、2日後、4日後など、アボカドの食べごろの時期を把握できるようになるという。

Apeel Sciencesによると、同社技術が開発されるまでは、アボカドの熟度は通常、針を使用して果物に穴を開け、柔らかさを測定するペネトロメーターを使用して確認されていた。また、油分含有量の代理推定値となる乾燥量は、通常、サンプルを電子レンジで加熱するなど面倒で無駄のあるプロセスによって決定される。

これらの試験方法は、破壊的評価であり、食品廃棄物を生ずるだけでなく、大規模な継続的運用には適用できないため、意思決定に使用できるデータの量が限られると同社は指摘している。

Apeel Sciencesの技術は、同社が2021年に買収したImpactVisionの技術を進化させたものである可能性が高い。ImpactVisionは、内部を可視化するハイパースペクトルイメージング技術を有する企業となる。

工場、小売、消費者向けの熟度スキャナー実用化を目指す

出典:Apeel Sciences

Apeel Sciencesはこの画期的技術を展開するため、いくつかの新しい試みを発表しており、試験運用を実施している。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Apeel Sciences

 

関連記事

  1. MicroSaltは通常の半分量で、同じ塩味を実現する画期的な塩…
  2. Numilkが家庭用植物ミルクメーカーを発表、クラファンの累計支…
  3. ショウジョウバエで成長因子を開発し、培養肉のコスト削減に挑むFu…
  4. 精密発酵セミナー動画-2023年4月開催-
  5. 米サラダチェーンSweetgreenが自動レストランをオープン
  6. ユニリーバが精密発酵によるアイスクリーム発売計画を発表
  7. セイバーイートが植物肉用3Dプリンターをアメリカの大学へ初導入
  8. ニュージーランド企業Daisy Labが精密発酵ホエイのスケール…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

ドイツのThe Cultivated B、EFSAに向けた培養ソーセージの承認申請手続きを開始

ドイツの培養肉企業The Cultivated Bは14日、欧州食品安全機関(E…

香港グリーンマンデーがイギリス飲食店に進出、今年中に本格展開へ

香港グリーンマンデーがイギリスに進出する。同社の代替ポーク『オムニポーク…

Esco Aster、2025年までにシンガポールに新たな培養肉工場建設へ

世界で最初に培養肉製造認可を取得したシンガポール企業Esco Asterが、20…

NewFishが微細藻類由来のタンパク質粉末を開発、米国スポーツ栄養市場進出を目指す

微細藻類を活用した代替タンパク質を開発するニュージーランドのNewFishは今月…

ビールの醸造で発生する廃棄大麦をアップサイクルするReGrainedとは

アメリカ、デラウェア州を拠点とするReGrainedは、ビールの醸造で発生する大…

Motif FoodWorks、分子農業でヘムを開発するためパートナーシップを拡大

アメリカ、ボストンを拠点とするフードテック企業Motif FoodWorksは、…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/20 12:45時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/20 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/21 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/20 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/20 11:14時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/20 21:34時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP