代替プロテイン

QuornとPrime Rootsが菌糸体由来肉の市場拡大に向けて提携

 

Quornと米Prime Rootsは、アメリカ市場における菌糸体由来の代替肉の拡大に向けて提携することを発表した

QuornはPrime Rootsに少額投資するほか、二社は新製品の開発でも協力する。これはQuornが4月に発表した原料事業の開始に続くニュースとなる。

2017年設立のカリフォルニア州を拠点とするPrime Rootsはデリ分野をターゲットに、麹からサラミ、ペパロニ、ベーコン、パテ、フォアグラなどの代替肉を開発している。先月にはシリーズBラウンドで3000万ドル(約41億円)を調達した。

Prime Rootsの代替肉製品は現在、サンフランシスコベイエリア、ニューヨークのレストランを中心に販売されているが、新たな資金で規模を拡大し、販路を拡大していくと予想される。

イギリスを拠点とするQuornは、有名なマイコプロテインブランドであり、1980年代の発売以来、世界16ヵ国で100を超えるブランドを展開している。アメリカでは2002年に事業を開始した

Quornのアメリカ・欧州など海外における長い歴史と幅広い影響力は、スタートアップ企業Prime Rootsの市場拡大の助けとなる。

Prime Rootsの共同創業者兼CEOのKimberlie Le氏は、「菌糸体由来タンパク質のリーダーであるQuornと協力して画期的なイノベーションを創出し、人にも地球にも良い素晴らしく美味しい食品をマスマーケットに提供できることに感激しています」と述べている。

今回のニュースに先立ち、デンマークのTempty FoodsはQuornの親会社Marlow Foodsと提携し、Marlow Foodsのマイコプロテインを使用する最初の企業となった。Tempty Foodsはマイコプロテインを使用した製品を発売した最初のデンマーク企業であり、Marlow Foodsとの提携を通じて、販路と市場を拡大していくと予想される。

 

参考記事

Quorn & Prime Roots Collaborate to Expand Market for Mycelium-Based Alt Meats

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Prime Roots

 

関連記事

  1. 幅広い植物肉製品を開発するHungry Planetが約27億円…
  2. Meatable、初の試食会開催に続き、培養肉の生産期間短縮を発…
  3. TurtleTreeが精密発酵によるアニマルフリーなラクトフェリ…
  4. ドイツのBluu Seafoodが欧州で初めて培養魚製品を発表、…
  5. インポッシブルフーズの脅威になるか?スピルリナ由来のヘムを開発し…
  6. 培養ウナギ肉の開発に取り組む北里大学・池田大介准教授にインタビュ…
  7. 奇跡の植物肉「ミラクルミート」を開発したDAIZに国内外から引き…
  8. 培養肉のコスト削減を目指すProfuse Technologyが…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

米Thrilling Foods、層状の脂肪を含んだビーガンベーコンで特許を取得

アメリカ、ポートランドの代替タンパク質企業Thrilling Foodsは、植物…

RoboBurgerが世界初のハンバーガー全自動販売機の提供を開始

過去にはピザの自販機やサラダボウルの自販機を取り上げてきたが、アメリカの代表的な…

「砂糖を再発明する」妥協なき代替砂糖の開発に挑戦するイスラエル企業Resugar

完全に天然由来でありながら、100%砂糖のような代替品を開発するイスラエル企業が…

精密発酵のImagindairy、シードラウンドの資金調達を約35億円で完了

精密発酵で乳製品を開発するイスラエル企業Imagindairyは18日、シードラ…

精密発酵でアニマルフリーなチーズを開発する独Formoが約55億円を調達

微生物発酵でアニマルフリーなチーズを開発するドイツ企業FormoがシリーズAで5…

微生物発酵で赤色着色料を開発するChromologicsが約8億円を調達

微生物発酵により着色料を開発するChromologicsが、シードラウンドを60…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/20 12:45時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/20 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/21 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/20 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/20 11:14時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/20 21:34時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP