レポ

大豆ミートを食べてみた感想【意外とおいしい】

フードテックのメディアを運営しているのに、

そういえば大豆ミートをまだ食べていなかった

ということで、先日初めて食べてみた。

大豆ミートはソイミートともいわれ、大豆を水につけるとお肉のような食感になる大豆加工食品のこと。

amazonだけでもこんなに商品がある▼

amazonにある大豆ミート 出典:Amazon

ちなみに、わたしはベジタリアンでもヴィーガンでもなく、大の肉好き

大豆ミートの口コミを見ると、ベジタリアン、ヴィーガンの人が絶賛している口コミがあるけど、あなたは肉好きが大豆ミートを食べた感想も聞きたいと思わないだろうか?

今回の記事では、

・肉が大好きな私が大豆ミートを食べてみた正直な感想

・大豆ミートで唐揚げを作る方法

を余すことなくお伝えするので、ぜひ最後まで読んで大豆ミートの可能性を感じてほしい。

 

大豆ミートを買ってみた

買ったのは業務用1kgの大豆ミート。非遺伝子組換えの脱脂大豆を使っている。

開封後。ふりかけと大きさを比較

届いておどろき。1kgは大きかった。

1人だったら食べ終わるのに2ヵ月くらいだろうか?

袋を開けると、ほのかにきなこの匂いがする。

これが本当に肉になるのか‥‥?

おいしくいただけるなら非常食にぴったりだと思いながら、さっそく準備を始めることに。

 

大豆ミートで唐揚げを作る方法

商品の裏側に基本的な使い方が書いてある。

パッケージの裏側

沸騰したお湯で3分煮る

 

お湯でもどすとこんな感じ。

水を含んで全体の色が薄くなっている。正直なところ、これが肉の代替品になるとは思えない。

 

しっかり絞る

上手く作るコツは、この時に水をしっかりしぼること。

冷水でさっと流すともう熱くなかったので、ぎゅっとしぼる(成功の秘訣)

 

味付けする

唐揚げにするため、しょうゆやニンニクのたれで味付けをする。

本物の肉との違いは、調味料に長くつける必要がないこと。

購入サイトには「しっかり味付けすること」とあるが、唐揚げについてはさらっとでいいと思う。

調味料に数分つけると、大豆が調味料をしっかり吸収しすぎて味が濃くなってしまう気がした。

わたしがやった感覚としては、唐揚げの場合はさっと調味料にひたして、片栗粉をつけるのがいい感じ

本物の肉で唐揚げを作るとなると半日つけこんだりするが、大豆ミートを使うと時短レシピが可能になるというわけ。

 

揚げる

揚げる要領は、本物の肉のときと変わらない。

ここでもメリットに気づいた。

中まで火が十分に通らなくても、お腹を壊す心配がないことだ。

できあがりがこれ▼

料理が苦手な私でもなんとかできた。

通常のから揚げよりも、短い時間で作れたのはおどろきだった。

 

大豆ミートを食べた感想

おいしかった!

知らずに食べたら「ちょっと違うけど、薄い肉を使ったのかな」程度にしか思わないレベル。

少なくとも一口目では(わたしは)気づかないと思う。

特に歯ごたえをよく再現していると感心した。

本物の肉とは違うけど、予想していたよりはるかに肉っぽくておいしかった。

作る前にあったきなこの匂いもなくなっていた。

 

といっても、わたし個人の感想だけでは足りないので、夫・子供(5歳)にも試してもらった。

子供には大豆であることは伝えずに「唐揚げだよ」と言って出したところ、

おかわりをしてくれた!

親用のから揚げもすべて自分で食べてしまった。

大豆ミートすごい。

 

大豆ミートで作れるもの

この大豆ミートで作れるのは唐揚げだけではない。

●炒め物
●丼もの
●バーベキュー

●生姜焼き
●コチュジャン炒め

amazonのレビューを見ると、唐揚げのほかに炒め物にも使っている人の口コミが多かった。

 

大豆ミートはこんな時に役立つ

使ってみて、ベジタリアン用のほかに使うシチュエーションはいろいろあると感じた。

非常食として

常温保存できるのが何よりの魅力だと思う。

未開封の賞味期限は約1年。いくつか備蓄しておけば、食糧危機や災害時の対応にとても役立つことは間違いない。

肉を買い忘れたとき・足りなかったときの代用として

「肉を買い忘れてしまった!」

こんな時にもすごく役立つ。

食費を抑えたいとき

この大豆ミートは1袋約1900円。

1kgもあるうえ、お湯で戻すとボリュームアップするので、実際はもっと多い。

本物の肉を買うよりお財布に優しい

冷凍保存するのを忘れて肉をダメにしてしまうようなフードロス問題にもしっかり対応できる。

何より、本物の肉よりずっと安い!お財布を気にする主婦の強い味方だ。

 

amazonや楽天で手軽に大豆ミートが入手できるので、気になる人は見てみよう。

Amazonで今すぐ大豆ミートを探す

楽天で今すぐ大豆ミートを探す

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 香港グリーン・マンデーが約73億円の資金調達に成功、年内に広東に…
  2. 中国バーガーキングが植物肉バーガーを発売開始
  3. 中国発の植物代替肉スタートアップHero Proteinが登場!…
  4. 菌糸体ステーキ肉の開発に挑むスペイン企業Libre Foods
  5. 【参加レポート】第1回フードテックジャパン展示会
  6. ピーナッツから代替肉を作る中国企業HaoFood、2021年に中…
  7. 菌糸体から代替肉を作るAtlast Foodが約43億円を調達
  8. ラーメン自販機のYo-Kai Expressが家庭用調理機『Ta…

おすすめ記事

じゃがいもを原料に代替チーズソースを開発したLoca Foodとは

現在、プラントベースの代替チーズの原料は、カシュー、アーモンド、ココナッツ、大豆…

インドの代替卵企業Evo Foodsが約8900万円を調達

植物ベースの代替卵を開発するインド企業Evo Foodsがプレシードで6200万…

植物性チーズを開発するスウェーデン企業Stockeld Dreamery、今年前半に初商品の発売へ

植物性チーズのシェアは大きくないが、代替チーズに取り組む企業は増えつつある。…

連続細胞培養技術を開発する英CellulaREvolutionが約1億4千万円を調達

イギリスを拠点とする培養肉スタートアップCellulaREvolutionが今月…

インドネシア企業Mycotech Labが開発した動物を犠牲にしないキノコ由来の皮革Myleaとは

インドネシアにはテンペという伝統食品がある。テンペは日本の納豆のように大…

代替肉ビヨンドミートが初の海外工場となる中国生産施設をオープン

アメリカの代表的な代替肉スタートアップ、ビヨンドミートが中国現地の生産工場の開設…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP