代替プロテイン

中国バーガーキングが植物肉バーガーを発売開始

 

このニュースのポイント

 

中国バーガーキング325店舗に植物肉バーガーを追加

●オランダ企業ベジタリアン・ブッチャーの植物肉パテを使用

●中国のほかに、南米・カリブ海エリアへも導入

●2021年第2四半期以降に中国全店舗に導入予定

ユニリーバの代替食計画の一環

 

 

音声で聞きたい方はこちらから(登録なし・ワンクリックでOK)

 

中国バーガーキングに植物肉バーガーが新たに追加された。

新しい植物肉バーガーは、オランダのベジタリアン・ブッチャーが製造するパテを使用しており、23日より、北京、上海、深圳、杭州のバーガーキング325店舗で販売が開始された。

ベジタリアン・ブッチャーはユニリーバが2018年に買収したオランダの代替肉企業

ユニリーバのプレスリリースによると、2021年第2四半期からは、中国全土のバーガーキング1300店舗でも販売を開始する。

中国のほかに、南米・カリブ海で提携を拡大

中国での植物肉バーガー発売に合わせ、ユニリーバは、南米、カリブ海地域でも植物肉パテの提供でバーガーキングとの提携を拡大していることを発表した。

メキシコ、コスタリカ、コロンビア、バハマ、ドミニカ共和国、ニカラグア、スリナムなどの国でも、バーガーキングのメニューにベジタリアン・ブッチャーのパテを使った植物肉バーガーが追加されている。

ユニリーバはこれら地域でバーガーキングへのパテ提供に対応するため、南米と中国に生産工場をオープンする計画を進めている

2027年までに植物肉・代替乳製品の年間売上10億ユーロを目指すユニリーバ

出典:

ユニリーバは11月に、今後5年から7年に、植物由来の代替肉・代替乳製品の年間売上目標を10億ユーロ(約1200億円)とすることを発表していた。 

具体的な施策としては、傘下のベジタリアン・ブッチャーのマーケットをさらに拡大するとしていた。 

ユニリーバがバーガーキングのサプライヤーとして選定されたのは2019年。

この提携により、ドイツをはじめ、ヨーロッパ、中東、アフリカでThe Vegetarian Butcherの植物性バーガー、ナゲットを販売してきた。

中国市場への参入は、ベジタリアン・ブッチャーのマーケットを拡大させるユニリーバの計画の一部となる

バーガーキングのマヨネーズは現在、卵を使ったマヨネーズを使用しているが、もしかしたら、今後はヴィーガンマヨネーズになるかもしれない。

というのも、ユニリーバは5-7年計画の中で、Hellmann’sのマヨネーズなど代替乳製品の強化にも言及しているからだ。

各国のバーガーキングで増える植物肉バーガー

2019年、バーガーキングは米国でインポッシブル・フーズの代替肉パテを使った植物肉バーガーImpossible Whopperの販売を開始した。

それ以降、各国のバーガーキングで提供される代替パテのサプライヤーをまとめると次のようになる。

北アメリカ・南アメリカ
米国 インポッシブル・フーズ
ブラジル マーフリグ・グローバル・フーズ
メキシコなど南米・カリブ海 ベジタリアン・ブッチャー
アジア
日本 v2food
中国 ベジタリアン・ブッチャー
フィリピン v2food
ドバイ ベジタリアン・ブッチャー
ヨーロッパ
オランダ ベジタリアン・ブッチャー
ドイツ ベジタリアン・ブッチャー
スウェーデン インポッシブル・フーズ

ユニリーバはヨーロッパの25カ国、中東、アフリカでベジタリアン・ブッチャーのパテを提供することで昨年、バーガーキングと取り決めを交わしている。

今回、中国、南米、カリブ海地域でも植物肉パテの提供でバーガーキングと提携するという新たな動きは、2027年までに植物肉・代替乳製品の売上を10億ユーロにするというユニリーバの計画の一部であり、ベジタリアン・ブッチャーを導入するバーガーキングはさらに増えていくだろう。

中国ファーストフードにおける代替肉の現状

中国の主なファーストフードを取り巻く代替肉の現状をまとめると、次のようになる。

サプライヤー 内容
ベジタリアン・ブッチャー(オランダ) 北京、上海、深圳、杭州のバーガーキング325店舗で植物パテとして使用。

2021年第2四半期から全店で提供開始。

ビヨンドミート(米) KFC、ピザハット、タコベルを運営するヤム・チャイナと提携。

上海、北京、杭州、成都のKFCでビヨンドバーガーを販売。

ピザハットのピザでも使用。

スターバックスとも提携。(参照

Starfield(中国)

中国のファーストフード大手Dicosと提携。

2600店舗でStarfieldの代替チキンバーガーを一斉販売。(参照

上記のとおり、中国国内のファーストフードとコラボする企業は、海外勢が多く、中国国内の企業はまだ少ない。

しかし、今月には香港グリーンマンデーのヴィーガンカフェGreen Commonの実店舗が初めて上海にオープンするなど、さまざまな代替肉プレーヤーが虎視眈々と中国市場のパイを狙っている。

2021年にはビヨンドミートの現地工場が2つ稼働を開始することもあり、来年の中国市場における代替肉の競争はさらに激化していくと考えられる。

 

参考記事

The Vegetarian Butcher launches in Latin America and China in partnership with Burger King®

UPDATE 1-Unilever expands Burger King tie-up to launch plant-based Whopper in Latin America, China

Burger King Expands Plant-Based Whopper to China

 

関連記事

 

アイキャッチ画像の出典:中国バーガーキングの画像をもとに運営者が編集

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. フードテックの祭典Smart Kitchen Summit 20…
  2. イスラエルの培養肉・代替肉企業6社まとめ
  3. 米国IPOを目指すMeat-Techが3Dプリンターで10mmの…
  4. 代替卵イート・ジャストが欧州進出へ向けて加速、EUの承認待ち
  5. インドの代替卵企業Evo Foodsが約8900万円を調達
  6. バイオミメティクスに着想を得た代替肉企業Plantedが約19億…
  7. シンガポールの代替肉企業Next Genがシードで約10億円を調…
  8. ほうれん草の葉を使った培養肉用の新しい食用足場|ボストンカレッジ…

おすすめ記事

微生物でタンパク質を作るNature’s Fyndが約46億円を資金調達、2021年に製品化へ

このニュースのポイント●Nature’s Fyn…

植物性卵・培養鶏肉を開発するイート・ジャストが新たに約219億円を調達

カリフォルニアを拠点とするイート・ジャストが2億ドル(約219億円)という巨額の…

ビヨンドミートが欧州での小売展開を拡大

ビヨンドミートが欧州全土での小売展開の拡大を発表した。同社はこの春、欧州…

まだ食べられる食品を定期宅配するImperfect Foodsが約99億円を調達

アメリカ農務省(USDA)によると、アメリカでは供給される食料の30-40%が廃…

細胞を培養して人工母乳を開発するTurtleTreeが約6億3千万円を調達

このニュースのポイント●人工母乳を開発するシンガ…

中国企業HaoFoodのピーナッツを原料とする代替肉が上海レストランで販売開始

上海を拠点とする代替鶏肉スタートアップHaoFoodが上海のレストランと代替肉の…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

情報を論理的に読み解く方法を学べる書籍

【運営者おすすめ】

 

▼今ならKindle unlimitedで無料で読めます▼

 

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP