Foovo Deep

上海の培養肉企業CellXがパイロット工場を開設、年内に米・シンガポールで申請へ

 

上海を拠点とする培養肉企業CellXは今月、中国初の大規模なパイロット工場の完成と稼働開始を発表した。中国初のキロL規模となる同社工場には、2,000Lのバイオリアクターが設置されており、今後、複数機が設置される予定だという。

新華社新聞網の報道によると、CellXはすでに培養肉の販売が認可されているシンガポール、アメリカで年内に申請予定であり、2025年までの発売を目指している。

上海の培養肉企業CellXがパイロット工場を開設

出典:CellX

CellXがFX (Future Food Factory X)と名付けたパイロット工場では、大量生産のために自社で開発した浮遊細胞株と低コストの無血清培地を使用している。この技術革新によりCellXは、1ポンド(453g)あたり100ドル未満にまで生産コストを削減しており、2025年の発売時までにさらなる削減を見込んでいる。

要素技術の面では、CellXが開発した安定して増殖できる「細胞シード」と低コスト培地を使用し、培養肉の生産コストを大幅に削減した。設備面では今年2月に発表した中国企業Tofflonとの提携を通じ、パイロット工場・研究開発センターの完成を加速させた。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:CellX

 

関連記事

  1. ZIKIがロボットキッチンのBowlton Kitchensを買…
  2. 米サラダチェーンSweetgreenが自動レストランをオープン
  3. ベルがパーフェクトデイと提携、精密発酵タンパク質の代替チーズを来…
  4. スイスの小売大手ミグロスがビーガンゆで卵を発売
  5. イスラエルのMeaTechが新たに培養豚肉の開発始動を発表
  6. ショウジョウバエで成長因子を開発し、培養肉のコスト削減に挑むFu…
  7. Evo Foodsとギンコ・バイオワークス、アニマルフリーな卵タ…
  8. ヘンプシードとかぼちゃの種から生まれた植物性チーズ: Seedu…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

中国の培養肉業界の今をクローズアップ-2021年11月-【政策/企業の開発動向/投資動向/法規制】

今年、中国の培養肉企業2社に対し資金調達が実施された。この記事では、中国…

Juicy Marblesが植物由来の骨付きリブ肉の開発に成功、今月より限定販売をスタート

スロベニアの代替肉企業Juicy Marblesは今月、骨付きの代替リブ肉を発表…

植物肉企業Plantedが約100億円を調達、植物由来の鶏胸肉を発売

植物由来の代替肉を製造販売するスイス企業Plantedは1日、シリーズBラウンド…

フードデリバリーの「Google」、デリバリー各社を比較・検索できる統合アプリMealMeとは

フードデリバリーを頼むとき、多くの人がさまざまなプラットフォームを使って、何を注…

米ビヨンドミート、植物ステーキ肉の年内発売を計画

植物肉を展開する米ビヨンドミートが今年後半に植物由来ステーキ肉の発売を予定してい…

古細菌の力で二酸化炭素をタンパク質に変換|オーストリア企業Arkeon Biotechnologiesが約8.5億円を調達

オーストリア、ウィーンを拠点とするArkeon Biotechnologiesは…

Foovoの記事作成方針に関しまして

培養魚企業レポート・予約注文開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(02/20 11:39時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/20 20:45時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/21 00:11時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/20 17:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/21 10:22時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(02/20 20:17時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP