代替プロテイン

スイスのPlanted、発酵技術を使用した植物性ステーキを欧州3カ国で発売

 

欧州の代表的な植物肉企業であるスイスのPlantedは先月、独自の発酵プロセスを使用した同社初の植物性ステーキ「Planted.steak」を発表した。この植物性ステーキは現在、ドイツオーストリアスイスのレストランで提供されている。

Plantedが発酵技術を使用した植物性ステーキを発売

出典:Planted

Plantedは独自の発酵プロセスを使用した「ホールマッスル・プラットフォーム」により、多様な製品開発を目指している。今回発売された「Planted.steak」は、同プラットフォームで開発された最初の製品となる。

Plantedは設立当初から添加物を使用せず、最小限の原料で代替肉を開発することにこだわりをもっていた。2022年9月には厚切りタイプの代替鶏胸肉を発表した

Planted.steak」も、大豆タンパク質、菜種油、豆粉、米粉、「微生物培養物の特別ブレンド」など天然素材のみで作られいる。ジューシーで柔らかく、独特の旨味があるといい、タンパク質、食物繊維のほか、ビタミンB12、鉄分など重要な微量栄養素も含む。

Plantedの共同創業者Lukas Böni氏は、「天然素材のみを使用し、添加物を一切使用せず、これほどジューシーで柔らかい植物性ステーキは他にはありません」と自信を見せる。

ドイツ、オーストリア、スイスでPlanted.steakを発売

出典:Planted

Plantedはこれまでに「planted.™chicken」、「planted.™pulled」、「planted.™kebab」などの植物肉製品を展開している

2022年時点では、スイス、ドイツ、オーストリア、フランス、イタリア、イギリスで展開していたが、現在は、オランダ、スペインなど欧州の多くの国に進出している。今回発売された植物性ステーキは2024年4月時点で、ドイツの12か所オーストリアの12か所スイスの7か所提供されている

Plantedは2023年初頭、スイス政府が支援するSwiss Innovation Agency Innosuisseからスイス・アクセラレーター・プログラムの一環として200万スイスフランを授与された。これにより、わずか1年後に発酵由来の「Planted.steak」を発売することができたという。同社は年内に、D2C・欧州小売店での発売を計画している。

生産施設の拡大

出典:Planted

Plantedはこれまで、スイス・ケンプタル(Kemptthal)の生産施設で自社製品を製造してきた。今回、ケンプタルに最先端の発酵施設を建設し、生産能力を戦略的に拡大することを発表した。新たな生産施設では、30名の技術職・事務職の雇用が新たに生まれたようだ。

Böni氏は、「私たちは、研究開発から工業生産まで、生産プロセスの全工程を担う数少ない植物肉のイノベーターであることを誇りに思っています。新たな生産拠点の増設により、Plantedはパイロットステージから工業生産まで、非常に迅速なターンアラウンドを実現し、上市までの時間差を大幅に縮めることができます」と述べている。

AgFunderの報道によると、Plantedはケンプタルの1箇所に全プロセスを集中させている。以前は1日約1トンの生産能力だったが、現在は1日約15トンを製造できるようだ。ステーキ肉は、週数トンを製造できるようになったという。

菌糸体を活用した研究開発

出典:Planted

Plantedは今回発表した「Planted.steak」について、AgFunderのインタビューに対し、「独自の固体発酵プロセス」を使用していると回答している。

Planted.steak」の生産プロセスの詳細は不明だが、出願特許からは、同社が足場に沿って菌糸体を成長させることで、繊維構造を持ったホールカット肉の研究開発も行っていることがわかる(特許①特許②)。

WO2022/034092によると、PlantedはニホンコウジカビのAspergillus oryzaeを植物性足場に播種し、48時間インキュベートしている(この特許は日本でも出願されている)。

Green queenの報道にある「30~40時間続く固体発酵プロセス」と照らし合わせると、WO2022/034092が「Planted.steak」開発の裏側にあるプロセスのように思えるが定かではない。

植物タンパク質業界ではPlantedのようにホールカット製品を開発する企業が増えており、Juicy MarblesChunk FoodsAdamo FoodsNovaMeatsRedefine Meatなどが確認されている。

 

 

参考記事

Planted launches first-of-its-kind fermented Steak & expands production

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Planted

 

関連記事

  1. 【世界初】米The Every Companyがアニマルフリーな…
  2. The Every Company、世界初の精密発酵タンパク質を…
  3. イスラエル企業Remilk、アメリカで精密発酵乳タンパク質の認可…
  4. 米培養肉Upside Foods、カリフォルニアに培養肉工場を開…
  5. 英Ivy Farm、欧州最大の培養肉パイロット工場をオープン
  6. 酵母由来の代替パーム油を開発するオランダのNoPalm Ingr…
  7. 精密発酵でアニマルフリーなチーズを作るNutropyが約2.8億…
  8. シンガポールFloat Foodsがインドネシアにフードインキュ…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

砂糖削減・代替砂糖ソリューションを開発するスタートアップ企業13社まとめ

砂糖の過剰摂取による健康上の不安から、砂糖のイノベーションに取り組むスタートアッ…

Betterland foodsがパーフェクトデイのアニマルフリーなホエイタンパク質を使ったチョコレートバーを発売

持続可能性を重視した食品を開発するスタートアップ企業のbetterland fo…

米Plantible Foodsがウキクサ由来の植物性代替卵を発表

ウキクサから高機能タンパク質を抽出する米スタートアップPlantible Foo…

VenHubが開発する完全自律型のスマートコンビニ

国内でも無人決済コンビニの導入が進むなど、小売の省人化・省力化が進んでいる。数年…

培養肉セミナー開催レポート【岡田健成氏講演】-2022年8月-

世界人口の増加に伴う食料需要の高まりにより、2030年にはタンパク質が不足すると…

エンドウ豆由来の代替ミルクを展開する米Ripple Foodsが約72億円を調達

黄エンドウ豆由来の代替ミルクを開発・販売する米Ripple Foodsが4,92…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/21 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/20 21:44時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/21 01:22時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/21 18:20時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/21 11:03時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/20 21:17時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP