Foovo Deep

機能性成分としての培養タンパク質粉末を開発する韓国のSimple Planet、年内に北米支店を設立

 

韓国の培養肉企業Simple Planetは今年後半に北米に支店を設立し、商品化および世界市場進出に向けて準備していることを発表した

機能性成分としての培養タンパク質粉末

出典:Simple Planet

人口増加による高まる食肉需要・畜産による環境負荷への対策として、動物の細胞を体外で育てて肉にする培養肉など、代替タンパク質が注目されている。

培養肉企業の多くは、ミンチ肉からステーキ肉など従来肉に代わる製品の開発に注力しているが、Simple Planetは形状のある肉を開発する代わりに、細胞培養によるタンパク質・不飽和脂肪酸を粉末やペースト状で製造している。

動物組織から細胞を単離して、大量に培養するプロセスは他社と同じだが、広い用途で使用できる機能性食品成分に着目している点は業界でも珍しい。Simple Planetによると、同社製品は従来の食品の吸収を高め、風味、栄養を改善でき、高齢者から幼児を対象とした特殊な機能性成分としても使用できるという。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Simple Planet

 

関連記事

  1. 食料品店の救世主!食品廃棄を減らして売上を伸ばすShelf En…
  2. 米The EVERY Company、代替肉への精密発酵タンパク…
  3. 代替肉ブランドTiNDLEを開発するNext Gen Foods…
  4. イート・ジャストの代替卵JUST Eggが欧州の安全性承認を取得…
  5. 中国バーガーキングが植物肉バーガーを発売開始
  6. フィンランドの研究チームが細胞培養によるコーヒー生産に成功
  7. カスタムメイドの代替砂糖を開発するイスラエルのSweet Bal…
  8. 培養ハイブリッド肉を開発する米New Age Meatsが約2億…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

スペイン政府がBioTech Foodsの主導する培養肉プロジェクトに約6億5千万円を出資

スペインの培養肉スタートアップBioTech Foodsはスペイン政府から520…

菌糸体から代替肉を作るAtlast Foodが約43億円を調達

菌糸体から代替肉を開発するAtlast FoodがシリーズAで4000万ドル(約…

イート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatが約184億円を調達

アメリカ企業イート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatが1億7000万ドル(…

シンガポール展示会(Agri-Food Tech Expo Asia 2022)参加レポート(代替タンパク質にフォーカス)

2022年10月26日~28日の3日間、シンガポールのマリーナベイ・サンズにある…

3分でサクサクのピザを焼くBasil Streetのピザ自販機

 このニュースのポイント●ピザを3分で焼…

中国の植物肉企業Starfieldが約114億円を調達、湖北省に自社工場を設立

中国の代替肉スタートアップ企業Starfield(スターフィールド)は、シリーズ…

Foovoの記事作成方針に関しまして

培養魚企業レポート・予約注文開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(02/28 11:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/28 20:51時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/29 00:19時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/28 17:39時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/28 10:26時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(02/28 20:23時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP