代替プロテイン

中国Dicosが米イート・ジャストの代替卵をメニューに追加、500店舗以上で販売を開始

>> <<

 

↓音声はこちらから↓(登録不要・ワンクリックで聴けます)

 

中国の大手ファーストフード店Dicosが、植物ベースの代替卵をメニューに追加することを発表した。

追加する代替卵は、米イート・ジャストのジャスト・エッグ(JUST Egg)。

Dicosがこれまで提供していた卵パテは、緑豆から作られたジャスト・エッグに交換される。

中国大手ファーストフード店が、動物性卵から植物性卵に切り替えるのは今回が初とのこと。

上海、北京、広州、深圳、大連、長春、哈爾浜、海南などのDicos500店舗以上で、3つのモーニングバーガー、3つのベーグルサンドイッチ、洋風ベーグルプレートそれぞれにジャスト・エッグが導入される。

今回のジャスト・エッグ導入について、Dicosのマーケティング部長Xie Yahuiは「モーニングメニューにジャスト・エッグを導入することで、より多くの人がジャスト・エッグを味わえるようになります。お客様の反応を見て、さらにメニューを考えていきます」と語っている。

Dicosとイート・ジャストとの金銭的条件は明らかにされていないが、イート・ジャストのCEOジョシュ・テトリックは「新型コロナウイルスにより、人々の中国の食の安全に対する意識が変わった」と語り、同社が中国の他のレストランチェーンとも、ジャスト・エッグの提供について交渉中であることを明かした。

イート・ジャストが中国へ進出したのは2019年。

大手ECサイト・アリババ傘下の天猫とJD.comでジャスト・エッグの販売を開始した。一部の小売店やレストランでも販売されており、最近上海にオープンしたグリーンマンデー傘下のヴィーガンカフェGreenCommonでも販売されている。

昨年10月には投資機関Proterraから1億ドル(約100億円)の出資を受け、アジア初となる生産工場をシンガポールに建設することを発表した。

2020年、中国では大手ファーストフード店が植物メニューを追加する流れが加速した。

スターバックスKFC(ケンタッキー・フライド・チキン)バーガーキングピザハットなどのブランドが中国で植物ベースのメニューを提供した。

先月には中国バーガーキングが植物肉バーガーのメニューを追加。植物パテは、オランダ企業ベジタリアンブッチャーのパテを使用しており、今年第2四半期からは全店舗で提供される予定。

Dicosは今回のイート・ジャストとの提携に先立ち、昨年11月に中国代替肉企業Starfieldの植物パテを使ったバーガーを全国で一斉販売している。

「中国では安全で、クリーンで抗生物質を使わないタンパク質への意識が高まっている」とテトリックが語るように、今後も、安全で持続可能性のある代替食に対するニーズの高まりとともに、多くの国内外のプレーヤーが中国市場へ進出していくと考えられる。

イート・ジャストは2011年にサンフランシスコに設立されたフードテックのスタートアップ。代替卵のほかに培養肉も開発しており、先月には世界で初めて、シンガポールで培養肉の販売許可を取得した。

 

参考記事

Eat Just与中国连锁餐饮品牌德克士携手推出植物蛋早餐

不止奶和肉,植物蛋也来中国市场!这家快餐巨头今天宣布携手了

China’s Dicos adds plant-based egg from U.S. firm Eat Just to fast food menus

Dicos, One of China’s Leading Fast-Food Chains, Adds Plant-Based JUST Egg to Menu

China’s Dicos adds plant-based eggs from US’ Eat Just to fast food menus

 

関連記事

 

アイキャッチ画像の出典:不止奶和肉,植物蛋也来中国市场!这家快餐巨头今天宣布携手了

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 代替肉のネクストミーツが新潟に代替肉の自社工場を建設、2022年…
  2. ネスレがFuture Meatと協業して培養肉参入に向けて準備
  3. エリンギ由来のジャーキーを作るハワイ発のMoku Foods
  4. 香港発の植物肉企業TN Meatが代替肉製品の販売をスタート、中…
  5. アニマルフリーな乳製品を開発する英Better Dairyが約2…
  6. コオロギタンパク質を生産するエントモファームズが約3億円を調達
  7. 培養魚を開発するBlueNaluが史上最大の約62億円を調達、パ…
  8. ミツバチを使わない「本物のハチミツ」を開発する米MeliBio

おすすめ記事

スイスの研究チームが研究室で細胞培養によるチョコレートを開発

細胞培養による培養肉の開発が世界的に進んでいるが、今後はチョコレートも工場で作ら…

xRoboticsのピザロボットがピザ店での試験運用を完了、800の予約注文を受注

ピザロボットを開発するxRobotics(エックスロボティクス)が、オックスフォ…

KFCがシンガポールで植物肉バーガーの販売を期間限定でスタート

シンガポールのケンタッキー・フライド・チキン(KFC)が植物肉バーガーを期間限定…

パルシステムを1年使った感想|注文が面倒だけど野菜がおいしい!【口コミ・評判】

今回のブログ記事では、パルシステムで気に入っているところ面倒…

培養肉用の食用足場を開発する米Matrix Meatsがシードラウンドで資金調達を実施

このニュースのポイント●米国Matrix Mea…

未来のバーテンダーはロボット?Rotenderはドリンクを大量に作る自販機ロボットを開発

海外の自動販売機の中には、これまでの決まったものだけ注文する仕組みではなく、ドリ…

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(08/03 13:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(08/04 07:41時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(08/03 18:11時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています

Foovoによる【今月のピックアップ本】

ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

鈴木健吾
1,650円(08/04 08:01時点)
発売日: 2021/04/16
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP