Foovo Deep

インドNymbleの料理ロボットJulia(ジュリア)がSKS2020に初登場!

 

スマートキッチンサミット2020には10社のスタートアップが登場した。

その1つ、インドのNymbleが開発したJuliaに注目したい。

ジュリアといっても人間ではなく、AIと機械学習を活用した料理ロボットだ。

出典:Nymble

料理ロボットというと大きなものを想像しがちだが、ジュリアはコンパクトで場所を取らない。

ジュリアに調味料をセットし、カットした材料を各チャンバーにいれると、あとはロボットアームが動いて、鍋の中の材料を混ぜながら、自動で料理してくれる。鍋やボウルで作れるものは基本的に何でも作れるという。

Nymble共同創業者のRohin Malhotra SKS2020にて

ジュリアが料理する様子 SKS2020にて

ジュリアは混ぜる、焼く、煮るなどのプロセスを自動化しただけではない。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

  1. JBS子会社のBioTech Foods、スペインで南欧最大の培…
  2. 代替脂肪セミナー動画-2022年9月開催-
  3. 再生医療学会・培養肉シンポジウムレポート|再生医療研究者が「培養…
  4. Colloが開発した、電磁場を利用して牛乳工場の損失を防ぐ「液体…
  5. 伝統的なチーズ製法で植物チーズを開発するデンマーク企業FÆRM
  6. サケ・マス・コイを開発する欧州初の培養魚Bluu Bioscie…
  7. 発酵技術で代替シーフードに挑むAqua Cultured Foo…
  8. 米Checkerspot、微細藻類を活用したヒト乳脂肪類似体を開…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

Steakholder FoodsとUmami Meatsが培養シーフード製品開発のための助成金を獲得

イスラエルの培養肉企業Steakholder Foods(旧称MeaTech)と…

Novameatがスペイン政府から約3100万円を調達、世界トップ10のレストランと提携

3Dプリンターを活用してステーキ肉を作るスペイン企業Novameat(ノバミート…

BlueNaluがアジアへの培養魚販売に向けて三菱商事、タイ・ユニオンと提携

培養魚を開発するアメリカ企業BlueNalu(ブルーナル)が、三菱商事、アジアの…

GOOD Meat、シンガポールでアジア最大の培養肉工場を着工

イート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatは10日、シンガポールでアジア最大…

イスラエルの培養肉Future Meatが世界初の培養肉生産施設をイスラエルに開設

イスラエルの培養肉企業Future Meatが世界初の産業用培養肉生産施設を開設…

分子農業で代替タンパク質と成長因子を開発するスタートアップ企業4社

分子農業(Molecular Farming)とは、植物を「バイオリアクター」「…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/14 12:07時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/13 21:24時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/14 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/14 17:58時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/14 10:45時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/14 20:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP