キッチンOS

インドNymbleの料理ロボットJulia(ジュリア)がSKS2020に初登場!

>> <<

 

スマートキッチンサミット2020には10社のスタートアップが登場した。

その1つ、インドのNymbleが開発したJuliaに注目したい。

ジュリアといっても人間ではなく、AIと機械学習を活用した料理ロボットだ。

出典:Nymble

料理ロボットというと大きなものを想像しがちだが、ジュリアはコンパクトで場所を取らない。

ジュリアに調味料をセットし、カットした材料を各チャンバーにいれると、あとはロボットアームが動いて、鍋の中の材料を混ぜながら、自動で料理してくれる。鍋やボウルで作れるものは基本的に何でも作れるという。

Nymble共同創業者のRohin Malhotra SKS2020にて

ジュリアが料理する様子 SKS2020にて

ジュリアは混ぜる、焼く、煮るなどのプロセスを自動化しただけではない。

AI、機械学習、IoTと連動させることで、

特定の材料がどれくらいの温度で調理されているかを検知する

 

感想をジュリアにフィードバックすることで、個人の好みに合わせて料理する

 

データベースに追加された新規レシピをアップデートする

こうしたことが可能になる。

使えば使うほど、あなたの好みに近い料理を作ってくれるロボットシェフといえるだろうか。

使い方は4ステップ

ジュリアの使い方は簡単だ。

①フロントパネルから作りたいレシピを選ぶ。

②材料を切って、チャンバーにいれる。

③調味料をセットする。

④「Cook」をタップする。

出典:Nymble

ジュリアにはサーマルカメラChef Eyeカメラが搭載されており、温度を測定しながら、各材料を完ぺきなタイミングで鍋の中にいれて料理する。カメラを通じて料理している様子を見ることもできる。

調味料はこのようにカートリッジタイプになっている。

SKS2020にて

また、重量センサーが内蔵されており、それぞれの材料・調味料を正確に測定して、鍋に投入する

出典:Nymble

腕のいいシェフが個人の好みにあわせて味をアレンジしてくれるように、ジュリアも調味料を変えたり、レシピをアレンジしたりして、自分の好みの味に仕上げてくれる。

料理が苦手な人であれば誰しも、調味料の分量を間違えて失敗したことがあるだろう(私も数えきれないほどある)。

ジュリアによって、料理の失敗が減り、フードロス問題にも貢献するかもしれない。何より、ジュリアにお任せすれば、その間、家族とゆっくり過ごすことができる。

Nymbleによると、ジュリアのターゲットは忙しいサラリーマンなど料理に時間をかけたくない人だという。

多国籍料理があなたのキッチンで

出典:Nymble

ジュリアのレシピはすでに500種類以上あり、毎月新しいレシピが追加されていく。

そのラインナップは豊富で、アメリカ料理、メキシコ料理、インド料理、イタリアン、アジア料理までカバーしている。ジュリアがあれば、どこでも好きな国の食事を自分のキッチンで再現できる。

 

1つの料理にかかる時間は20分ほど。

SKS2020の実演デモ中に写真の料理が完成したが、やはり20分だった。

SKS2020にて

Nymbleは2016年に設立されたインドのスタートアップ。これまでに2019年2月のシードラウンドで77万4000ドル(約8000万円)を調達している。

世界的にコロナウイルスのパンデミックが続く中、自宅で料理するニーズは高まる一方だ。ジュリアは高まる自炊ニーズに新しい風を吹き込んでくれそうな気がする。

Nymbleは2021年にジュリアをリリースしたいと考えている。現在は希望者に対しアルファテストを実施中だ。ホームページからアルファテストに申し込みできるので、気になる人は申し込んでみよう(もちろん私も申し込んだ)。

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. ドイツ発のAitmeはキオスク型自律調理ロボットを開発
  2. 材料毎に投入タイミングを制御するスマート調理ロボットOliver…
  3. ロティ、ピザなどのフラットブレッドを90秒で作る家庭用フードロボ…
  4. 韓国LOUNGE’LABがロボットアイスクリームショ…
  5. ゲノム編集で野菜・果物に新しい命を吹き込む米Pairwiseが約…
  6. ミツバチを使わない「本物のハチミツ」を開発する米MeliBio
  7. コーヒー副産物のアップサイクルに取り組むKaffe Bueno、…
  8. 微生物発酵で赤色着色料を開発するChromologicsが約8億…

おすすめ記事

Avant Meatsがシンガポールに新しい研究施設・パイロット工場建設を発表

シンガポールにおけるフードテックが加熱している。シンガポールは昨年12月…

ベースフードをお試しした感想⇒継続決定【まずいは嘘】|口コミ・評判

話題の完全栄養食ベースフード(BASE FOOD)のスタートセットを試してみまし…

イート・ジャスト(Eat Just)の培養肉が世界で初めてシンガポールで販売承認を取得

このニュースのポイント●イート・ジャスト(Eat…

アニマルフリーなチーズを作るChange Foodsが約2.3憶円のシード資金を調達

精密発酵でアニマルフリーなチーズを開発するChange Foodsが、シードラウ…

植物性刺身を開発するOcean Hugger Foodsが復活|タイ企業Nove Foodsと提携して今年後半に海外展開へ

コロナウイルスにより一時は操業停止に追い込まれた植物性代替魚企業Ocean Hu…

大豆を使ってチーズを開発するNobell Foodsが約82億円を調達

植物ベースのチーズを開発するNobell FoodsがシリーズBラウンドで750…

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/30 13:52時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/31 07:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(07/30 18:09時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています

Foovoによる【今月のピックアップ本】

ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

鈴木健吾
1,650円(07/31 07:57時点)
発売日: 2021/04/16
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP