デリバリー

コンタクトレスなデリバリーロッカーMinnowがSKS2020で優勝!

スポンサーリンク

IoTに対応したコンタクトレスなデリバリーロッカーを開発するMinnow(ミノー)SKS2020のスタートアップ部門で優勝した。

ミノーが提供するのはコンタクトレスなフードデリバリーロッカーMinnow pod

これまでのデリバリーで避けられなかった人と人との接触を一切排除するロッカーだ。

出典:Minnow

 

注文した商品がMinnow podに届く流れは次のとおり。

Minnowの画像をもとに加工

①ユーザーはMinnowにログイン

②決められた時間までに注文する

③レストランがMinnowの注文をまとめて準備する

④商品がまとめてMinnow Podまで配達される

④注文者はスマートフォンを使ってタッチレスでロッカーを開けて、商品を受け取る

 

アメリカのポートランドを皮切りに、東京日比谷のオフィス街でもランチ用にMinnow podが導入されている。

フードデリバリーで真っ先に思い浮かべるウーバーイーツとの大きな違いは、好きなときに注文するのではなく、締切時間までに注文することだろう。これによる感染防止効果は高い。

というのも、レストランにとっては、複数のデリバリースタッフが次々にやってきて対応する必要がないため、感染リスクを減らせるからだ。

また、朝のうちに注文を集約できるので、準備がしやすいほか、店内の客によりリソースを使える。

オフィスで働く人のメリットとしては、会議など席を外せないタイミングでも安心して待つことができることだろう。商品が届いた後は、自分の都合の良いタイミングでPodに受け取りに行けばよい。弁当を買うために移動する必要がないため、ランチの時間を有効活用できるメリットもある。

ポートランドの例では、デリバリー費用はわずか1ドルで、他社のデリバリーサービスでかるような手数料はない。

デメリットもある。

メニューは日替わりなので、選べるラインアップが少ないこと

 

朝のうちに注文するため、予定変更に対応できないこと

 

ロッカーは20個のため、人の多いオフィスでは使えないこと

それでも、新型コロナで高まるデリバリーの需要を考えると、現在はまだ多少の不便があったとしても、感染リスクを通常のデリバリーよりも下げられるメリットは大きい

実際にMinnowユーザーの86%がコンタクトレスな受け取りを重視している。

Minnow podのボックスは全部で20個。設置場所はオフィス、レストラン、カフェ、ゴーストキッチンなど。

Minnowは2017年に設立された。現在はシアトルを拠点としており、これまでに340万ドル(約3億5千万円)を調達している。

 

参考記事

Minnow’s Contactless Delivery Pods Win the SKS 2020 Startup Showcase Award

オフィスで弁当を受け取れるフードロッカー「Minnow Pod」

crunchbase.com

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. インドNymbleの料理ロボットJulia(ジュリア)がSKS2…
  2. Apeel Sciencesが約31億円を資金調達、小規模農家の…
  3. キッチンOSのサイドシェフ|買出しレシピサービスでウォルマートと…
  4. 「移動型レストラン」自販機3.0のスウェーデン企業VEATが初の…
  5. 中国OriconStar(猎户星空)がバリスタロボットRobot…
  6. 多才な料理ロボットのカナダYPCテクノロジーズが約1億4千万円を…
  7. 食品ECスタートアップFarmsteadが小売業にGrocery…
  8. 食品ECのFarmsteadが約8億円を調達、デリバリー対応地域…

おすすめ記事

植物性着色料を開発中のイスラエルフードテックPhytolonが約5億円の資金調達に成功

植物由来(プラントベース)の着色料を開発するイスラエルのフードテックスタートアップのPhytolon…

中国の植物肉ブランドHey Maetが資金調達に成功、中国全土への展開を狙う

中国の植物肉ブランドHey MaetはShuangta Food(双塔食品)より資金調達に成功したと…

キッチンOSのサイドシェフ|買出しレシピサービスでウォルマートと連携

キッチンOSの主力スタートアップサイドシェフ(SideChef)とウォルマートとのコラボが始まった。…

チリのフードテックNotCoが約89億円の資金調達に成功、米国進出を目指す

チリのフードテックスタートアップのNotCoは、新たに約89億円の資金調達に成功…

ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rapteinを開発|大豆にかわる新しい植物性タンパク質となるか?

万能の肥料として活用されるなたね(菜種)油粕。なたね油粕とは、アブラナか…

Apeel Sciencesが約31億円を資金調達、小規模農家の市場アクセス改善を本格支援

このニュースのポイントApeel Science…

Shiok Meatsが細胞由来の培養ロブスター試作品を発表、2022年までの商品化を目指す

このニュースのポイント ●シンガポールのShiok Meatsが培養…

【完全保存版】培養肉ベンチャー企業20社まとめ【2020年】

この記事では、培養肉開発に取り組む国内外のベンチャー企業20社を紹介する。培養肉とは、牛…

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP