Foovo Deep

精密発酵でアロマを開発するEvodiaBioが約8.6億円を調達

 

デンマークのスタートアップ企業EvodiaBioは、食品・飲料業界に向けた持続可能なアロマ生産の主要プレーヤーとなるため、昨年12月、シードラウンドで4500万クローネ(約8億6000万円)を調達した。EvodiaBioは精密発酵を使用して、持続可能なアロマを生産する技術プラットフォームを導入している。

1年半前に設立されたEvodiaBioは、ノボノルディスク財団が資金提供するデンマークのアクセラレーターBioInnovation Instituteから1400万クローネ(約2億7000万円)の財政支援を受けた。残る3100万クローネ(5億9000万円)は、香料・芳香化合物で世界有数の規模を持つドイツのSymrise(シムライズ)Nordic Foodtech VCなどから提供された。

精密発酵でアロマを開発するEvodiaBioが約8.2億円を調達

出典:Simon Dusséaux博士/EvodiaBio

本物のビールの味をノンアルコールビールで再現することは醸造業界にとって主要な課題とされてきた。

EvodiaBioは、ノンアルコールビールを最初に取り組むカテゴリだとしている。

EvodiaBioが新たに開発したアロマブレンド「Yops」は、ノンアルコールビールの味を改善し、栽培によるアロマホップの持続可能な代替品になる。「Yops」は重要な芳香分子の生産を可能とする発酵を利用した特許技術に基づいており、「ノンアルコールをビールのように味わうのに最適」だという。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像はイメージ

 

関連記事

  1. イスラエルのWilk、研究室でヒトラクトフェリンの生産に成功
  2. ドイツのPlanet A Foodsが代替チョコレートをスーパー…
  3. ゲノム編集で熱帯作物の栽培効率を高めるTropic Biosci…
  4. BioCraft Pet Nutrition、社名変更とともに培…
  5. プラスチック使用削減のために食用スプーンを開発したIncrEDI…
  6. フューチャーミートが世界で初めて培養羊肉を生産、年内に米生産施設…
  7. Mycorenaのパイロット工場、拡張により欧州最大のマイコプロ…
  8. 農林水産省が培養肉、CO2タンパク質生産、泡盛粕のアップサイクル…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

Steakholder Foodsが3Dプリンティングによる培養霜降り牛肉を発表

イスラエルの培養肉企業Steakholder Foods(旧称MeaTech)は…

オレオゲルで植物肉用の代替脂肪を開発するParagon Pureが約5.5億円を調達

アメリカ、ニュージャージー州を拠点とするParagon Pureは植物肉の味・風…

農家に植物の「内なる声」を伝えるInnerPlantが約6.2億円を調達、植物のSOSを事前にキャッチ

自らSOSを発する「センサー植物」を開発するInnerPlantがプレシード、シ…

Mirai Foodsが厚さ1.5cm以上の培養テンダーロインステーキ肉の作製を発表

スイスの培養肉企業Mirai Foodsは今月、厚さ1.5cm以上の培養テンダー…

Avant Meatsがシンガポールに新しい研究施設・パイロット工場建設を発表

シンガポールにおけるフードテックが加熱している。シンガポールは昨年12月…

シンガポールのSophie’s Bionutrientsは微細藻類を原料にした代替パテ肉を発表

シンガポールのSophie's Bionutrientsは微細藻類を使った植物性…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/19 12:45時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/19 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/20 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/19 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/19 11:14時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/19 21:33時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP