3Dプリンター

カクテルに3DプリントするPrint a Drink、企業向けの小型3Dプリンターを開発

>> <<

 

フード3Dプリンターという言葉を聞いたことある人は少なくないだろう。

工業利用からスタートした3Dプリンターは今では、人工心臓人工血管を作るための医療用から、家を建てる建築用、さらにはケーキのデコレーションに留まらず培養ステーキ肉植物性サーモンを作る食品用まで広がりを見せている。

これらはいずれも、熱溶解や光造形など方式は異なるが、「出力した材料を(硬度の差はあれ)固定されたものにする」という点では共通している。

しかし、オーストリアのスタートアップPrint a Drinkは、3Dプリンティング技術の常識を壊す、新たな概念を市場にもたらした。

カクテルにデザインを出力する3Dプリンターを開発したのだ。

出典:Print a Drink

Print a Drinkの3Dプリンターは、厳密には3Dプリンティングロボットという方がふさわしい。

一見しただけでは、ロボットアームにしかみえない。ロボットアームの先端にはプリントヘッドが搭載されている。

プリントヘッドが下がり、先端のニードルがカクテルの中に入り、オイル状の食用液体をカクテルに注入する仕組みとなっている。

注入された液体がカクテル中で液状ビーズとして形を保持した状態で浮遊するには、アルコール濃度を40%未満にする必要がある。

したがって、ウオッカやウイスキーなどロックだと、表面にビーズが浮いた状態となるため、適用できない。

出典:Print a Drink

液体密度、温度、ロボットの動きを組み合わせると、10分間持続するデザインを作り出せるという。対象となるドリンクはアルコールに限らず、フルーツジュース、シロップ、水にもプリント可能。

Print a Drinkは、Benjamin Greimel氏の大学での研究プロジェクトから始まった。

創業者のBenjamin Greimel氏 出典:Print a Drink

これまでに2台製造しており、コロナウイルスが発生する前までは、特別なイベントや会議でドリンクにカスタマイズされたデザインを3Dプリントするなど活躍していた。

ロボットアームはKUKAのものを使用している。

同社のビジネスモデルは、装置のレンタルとなり、販売はしていない。

イベントにもよるが、1回のイベントで2500ドル~5000ドルで装置を貸し出している。

出典:Print a Drink

この方法は、3Dプリンターの現状と、Print a Drinkの装置の複雑性を考えると理にかなっている。

多くの人にとって3Dプリンターは市民権を得たテクノロジーではあるものの、実際に使ってみるとトラブルは多い

現在、市場にある家庭用3Dプリンターを例にとっても、ボタン1つでいつでも問題なく出力できる装置とはいいがたく、修理・メンテナンスをする覚悟がなければ扱うのは難しい(私も何度もトラブルに遭遇した)。

トラブルを前提に家庭用3Dプリンターを使うのが正しい認識である今、Print a Drinkの装置を販売するのは現実的とはいえない。

出典:Print a Drink

デザインの作成、3Dデータの処理とアップロード、ノズルが詰まった時の対応、データ通りに出力されない可能性、ドリンクの調整など、修理・トラブル対応に手間と人員が必要になることを考えると、専門家ではない可能性が高い現場のスタッフが使う場合は、レンタルビジネスにするのが現実的といえる。

Print a Drinkは市場参入を進めるため、コーヒーメーカーほどの小さいタイプの装置を開発した。

使用にあたりトレーニングが必要なため、これは個人消費者向けではなく、ディズニーヒルトンなど大手企業をターゲットとしている。

こうした大手企業に導入してもらい、特別なイベントやプロモーション用に使ってもらうことを想定している。

小型装置の最初の試作品は今月にリリースされる予定。

出典:Print a Drink

Print a Drinkのロボットが、ドリンクにデザインを施すのにかかる時間は1分1回のイベントで数百のドリンクを提供できる。

3Dデザインを施されたドリンクだけでなく、ドリンクにデザインするプロセスそのものが余興となるため、エンターテイメント性は抜群といえる。デザインをカスタマイズして、ビーズの色を変えれば、強烈なプロモーションにもなるだろう。

 

参考記事

Print a Drink 3D Prints Designs Inside a Cocktail, Develops Smaller Machine for Corporations

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. Simbe Roboticsが在庫管理ロボットTally3.0を…
  2. 韓国LOUNGE’LABがロボットアイスクリームショ…
  3. 最短30秒で調理する自律調理ロボットを開発したRoboEatz、…
  4. ピザ組み立てロボットを開発するPicnicが約17億円を調達
  5. Numilkが家庭用植物ミルクメーカーを発表、クラファンの累計支…
  6. 世界初!アレフ・ファームズが3Dプリンターで培養リブロース肉を開…
  7. Starshipの宅配ロボット、米スーパーSaveMartに初登…
  8. ドイツ発のAitmeはキオスク型自律調理ロボットを開発

おすすめ記事

安価な成長因子を開発するカナダのFuture Fieldsが約2億3千万円を調達、培養肉を「大衆品」に

培養肉開発のために安価な成長因子を開発するFuture Fieldsがシードラウ…

培養肉用の食用足場を開発する米Matrix Meatsがシードラウンドで資金調達を実施

このニュースのポイント●米国Matrix Mea…

料理の失敗から解放!レシピアプリと調理器をシームレスに連動するスマート調理家電Hestan Cue

ステーキ肉を買ってきたけれど、焼き加減や時間がわからず失敗してしまったことはない…

草食動物の腸内細菌で代替タンパク質を開発する米SuperBrewed Food、今年中にビーガンチーズの市販化へ

アメリカ企業SuperBrewed Foodは、今年中に微生物発酵により開発され…

3分でサクサクのピザを焼くBasil Streetのピザ自販機

 このニュースのポイント●ピザを3分で焼…

カンガルーの培養肉を開発するオーストラリア企業Vow、食の変革に挑む

培養肉といえば、牛、豚、鶏、魚を思い浮かべることが多いが、オーストラリアのフード…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP