アグテック(AgTech)

ドローンによる「空飛ぶ」果実収穫ロボットを開発したTevel Aerobotics Technologies、日本進出も計画

 

イスラエルのスタートアップ企業Tevel Aerobotics Technologiesは、果物を収穫する「空飛ぶ」自律型ロボットを開発した。

果物を収穫するロボットは他にもあるが、同社のロボットは地面に設置するタイプではなく、ドローンを活用している点が異なる。

Tevel Aerobotics Technologiesの創業者Yaniv Maor氏は、「果物を収穫する人を見つけることが、農家の最大の関心事になっています」と述べ、収穫を行う人員不足により、世界で栽培される果物の10%が腐敗するまで放置されていることを指摘している。

世界人口の増加に伴い果物生産の増加が予想されるのに対し、農業従事者は2050年までに半減し、果物の収穫作業を行う人員は500万人不足すると予想されている

出典:Tevel Aerobotics Technologies

Tevel Aerobotics Technologiesは、こうした労働力不足を補うことを目指している。

「私たちは労働力の代替ではなく、労働力不足のソリューションを提供します。将来、収穫に従事する人は減り、ロボットの管理、データ分析、意思決定に従事する人が増えるでしょう」(Yaniv Maor氏)

2017年にTevel Aerobotics Technologiesを創業したMaor氏は、果物を収穫するロボットに必要なソフトウェア、人工知能、アルゴリズムを開発した。

公開された動画では、収穫箱に2~4台の有線ドローンが接続され、ドローンに設置された吸引アームが果物を収穫し、収集箱に入れる様子がうかがえる。

動画によると、収穫したい果物の重量はプログラムで指定できる。備え付けのカメラで色と大きさを評価し、収穫に適した熟した果物を選び出すこともできるという。また、収穫の進行状況、完了までの時間、収穫量やコストなど、必要な情報は農家に提供される。

出典:Tevel Aerobotics Technologies

Tevel Aerobotics Technologiesの飛行型収穫ロボットは現在、イスラエル、イタリア、カリフォルニアに導入されている。スペイン、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、アジアへの進出も進めているという。

中国、日本への進出も計画しており、昨年1月にはクボタが出資した。Tevel Aerobotics Technologiesの調達総額は3210万ドル(約46億円)となる。

現在の収穫スピードは人ほど速くはないようだが、人に優る点は、昼夜問わず稼働できることだろう。

同社は収穫可能な果物のリストに、アボカドとマンゴーも追加している。これらは収穫にカットが必要な果物のため、ロボットに教え込む技術は全く新しいものになるという。

 

参考記事

Flying Robots Pick Fruit 24/7, And Know Exactly When It’s Ripe

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Tevel Aerobotics Technologies

 

関連記事

  1. 農業データ収集ソフトのArableが約20億円を資金調達
  2. 二酸化炭素からタンパク質を作るDeepBranchが約2億900…
  3. 植物工場のスプレッドが40億円を調達、代替肉・いちごの新規事業を…
  4. 世界初の家庭用ペットフードメーカーChefPawがCESに登場
  5. ポーランドのFresh Insetが開発した鮮度保持シール「Vi…
  6. 自宅を農家にする室内農業のGardynが約10億円を調達
  7. ピザ自販機のBasil Streetが操業停止
  8. コーヒー副産物のアップサイクルに取り組むKaffe Bueno、…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

Meati Foodsの菌糸体肉、全米のホールフーズ全店舗で発売

菌糸体由来の代替肉を開発する米Meati Foodsは先月、全米のホールフーズマ…

細胞農業によるキャビア製造でGeneus Biotechがヴァーヘニンゲン大学と研究提携

細胞農業企業の多くが牛肉や鶏肉、チーズなどの製造に力を注ぐ中、高級食材であるキャ…

6つの豆をベースに代替魚を開発する米Good Catchがシンガポールへ進出

6つの豆をベースに植物性の代替魚を開発する米Good Catchがシンガポールに…

Esco Asterが培養肉の製造承認をシンガポールで取得

シンガポールの医薬品受託製造開発機関(CDMO)であるEsco Asterが、シ…

カンガルーの培養肉を開発するオーストラリア企業Vow、食の変革に挑む

培養肉といえば、牛、豚、鶏、魚を思い浮かべることが多いが、オーストラリアのフード…

ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rapteinを開発|大豆にかわる新しい植物性タンパク質となるか?

万能の肥料として活用されるなたね(菜種)油粕。なたね油粕とは、アブラナか…

Foovoの記事作成方針に関しまして

培養魚企業レポート・予約注文開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(02/27 11:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/27 20:51時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/27 00:17時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/27 17:39時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/27 10:26時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(02/27 20:23時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP