アグテック(AgTech)

植物工場のスプレッドが40億円を調達、代替肉・いちごの新規事業を加速

 

京都を拠点とする植物工場スタートアップのスプレッドは今月、シリーズAラウンドで40億円を調達した。国内フードテック業界の資金調達ラウンドで1回の調達額としては過去最大となる。

スプレッドは調達した資金で、同社商品「ベジタス」の販路拡大、2024年に静岡県袋井市で稼働を予定しているレタス日産10トンの大型植物工場の開発投資、いちごや代替肉などの新規事業に向けた研究開発を強化する。

長期目標として、2030年までに国内で日産100トンの供給体制の構築を目指している

採算を取るのが難しい植物工場で黒字化を実現

出典:スプレッド

スプレッドは、青果流通業界で30年以上の経験と知見を有する代表の稲田信二氏が2007年に設立した。

これまでに、自社工場の「亀岡プラント」と次世代型自動化植物工場「テクノファームけいはんな」、パートナー工場の「テクノファーム成田」でレタス栽培を行ってきた。

大規模植物工場での安定生産が難しいと言われているなか、第1の工場「亀岡プラント」は、2007 年の稼働開始から6年にわたる試行錯誤を経て、2013年に世界初の黒字化と稼働率97%を達成した。

2018年から稼働を開始した「テクノファームけいはんな」は、稼働開始から2年と「亀岡プラント」を上回るスピードで稼働率99%を達成。同工場は1日に3万トンを生産できる。

2024年1月には生産能力が3倍以上となる日産10トン規模の大規模工場「テクノファーム袋井」が静岡県袋井市で稼働を開始する予定だ。

カット野菜を約4500店舗に導入

2024年に稼働予定のテクノファーム袋井のイメージ 出典:スプレッド

同社の主力野菜「ベジタス」は環境に配慮した栽培方法で作られており、露地野菜と比べ、水使用量を約1/1000減らせるほか、出荷歩留まり率は約90%と高い。カット野菜の加工技術を独自に開発し、一般のカット野菜より2倍長い消費期限を実現している。

「ベジタス」はこれまでに全国の約4500店舗のスーパーで販売されており、約9000万食の販売実績を誇る。

年間を通じたいちごの量産化技術を実現

出典:スプレッド

2021年には、閉鎖型で人工光を使用する植物工場で、農薬を使わずにいちごを量産する技術を確立した。いちごの受粉に必要なミツバチを導入し、実現が難しいと言われていたLED照明下での安定的な飛行と受粉を実現した。

日本のいちごの国際的な評価は高く、輸出量は年々増加しているものの、夏季は露地栽培が難しく、虫や病気の被害を防ぐために農薬が使用されるといった課題がある。年間を通じてローカルに栽培できる植物工場産いちごの需要が高まる中、レタス栽培で培ったノウハウを横展開し、大規模な安定生産を実現した

代替肉の開発も視野に

出典:スプレッド

海外では2004年に設立された米AeroFarmsが、バージニア州ダンビルに150,000平方フィート(約13935㎡)の第2の垂直農業施設を準備しており、年内の稼働が予定されている。稼働すると、1000を超える小売業者と約5000万人の消費者にアクセスできるという。

国内では2021年、ドイツ企業Infarmの野菜栽培ユニットが日本に導入され、紀伊国屋やサミットなどの店舗で野菜が販売されている

スプレッドは果菜類や代替肉などレタス以外の食物の栽培技術開発にも取り組むとともに、海外展開も視野にいれている。採算を取るのが難しいとされる植物工場で、世界に先駆けて黒字化を実現したスプレッドのさらなる展開が期待される。

 

参考記事

植物工場スタートアップのスプレッドは、国内フードテックとして過去最高額となる総額40億円の大型資金調達を実施

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:スプレッド

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. カナダのBurcon NutraScienceはヒマワリの圧搾粕…
  2. 屋内農業用デバイスのiUNUが約7億円を調達、個々の農作物をリア…
  3. 個人から企業まで|貼るだけで果物の鮮度を保持するシールを開発した…
  4. ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rap…
  5. Apeel Sciences、鮮度を保てるプラスチックフリーなキ…
  6. フードロスに取り組む米Apeel Sciencesが約274億円…
  7. 農業に塩水を活用するRed Sea Farmsが約17億円を調達…
  8. 植物の葉から食用タンパク質を開発するLeaft Foodsが約1…

おすすめ記事

グリラス、国産食用コオロギを使用したプロテインバー等をコンビニで販売開始

日本の徳島大学発ベンチャー企業であるグリラスが、国産の食用コオロギを使用した自社…

フードロスに取り組む米Apeel Sciencesが約274億円を調達

フードロスに取り組む米Apeel SciencesがシリーズEラウンドで2億50…

MeliBio、高級レストランで蜜蜂フリーなハチミツの提供を期間限定で開始

精密発酵により蜜蜂を使うことなくハチミツを開発する米MeliBioが、サンフラン…

代替肉のRedefine Meatがイスラエルで5つの新商品を発売、年内の欧州進出を目指す

3Dプリンターを活用するイスラエルの代替肉企業Redefine Meat(リディ…

夕飯の準備は出社前の2分で完了!冷蔵機能のあるスマート調理器具Suvie

仕事の帰宅途中、スーパーによって食材を購入し、自宅で夕飯の支度をする…そ…

スペイン政府がBioTech Foodsの主導する培養肉プロジェクトに約6億5千万円を出資

スペインの培養肉スタートアップBioTech Foodsはスペイン政府から520…

精密発酵レポート販売のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(08/17 19:04時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
2,090円(08/18 12:39時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(08/18 00:34時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(08/17 15:04時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP