代替プロテイン

中国ファーストフード大手DicosがStarfieldと提携、植物肉バーガーを全国で一斉発売

 

中国のファーストフード大手Dicosが植物由来代替肉に取り組む中国企業Starfieldとの提携を発表した。

中国本土のDicos2600店舗で、Starfieldの植物肉を使ったチキンバーガーが提供される。

出典:Starfield

中国大手ファーストフードDicosはStarfieldの植物肉を使った新しいバーガーの発売開始を発表した。

植物バーガーの価格は20元(約310円)。Dicosで販売されるほか、アリババが運営するECサイト天猫(Tmall)などでも販売される。

Starfieldの植物肉はこれまでに、腸粉(米を原料とするライスロール)で有名な深圳を中心に展開するファーストフード「紅荔村(honglicun)」、ステーキ・サラダ・バーガーを主力とするアメリカ発のファーストフード「シズラー(Sizzler)」などで、ハンバーガー、サンドイッチ、スパゲッティ、腸粉などさまざまなラインナップで提供されている。

Starfieldは2019年に設立された中国のスタートアップ。海藻を使った代替ひき肉を開発する同社は、今年初頭の大手レストランとのトライアル実施後、設立からわずか1年で中国の20以上のフードチェーンと提携するなど、急成長をとげている

資金調達額では中国最大のフードテック企業

8月にはシリーズAラウンドで1000万ドル(約10億円)を調達。出資者には、中国のアーリーステージに特化したベンチャーキャピタルSky9 Capital、フードテックに特化したベンチャーキャピタルNew Crop Capital、中国の植物肉・培養肉プレーヤーへの出資に特化したDao Foods Internationalなどがいる。

同社は資金の使途として、深圳に研究開発施設の建設に言及している。毎月、新製品4つをハイペースで開発していくという。現在の生産量は月1700トン、年間2万トン以上だ。

出典:四川在线

競争が激化する中国代替市場

今回、Dicosが国内初のStarfieldとの協業に踏み出したのは、中国で高まる健康志向のほかに、ビヨンドミート、グリーンマンデーなど他社の動きがあるだろう。

今年6月には、一部のKFC(ケンタッキー・フライド・チキン)、ピザハット、タコベルなどのファーストフード店でビヨンドミートの代替肉の提供が開始された。

スターバックス中国は今年はじめに、Oatly、ビヨンドミート、オムニポークを使ったベジタリアンメニューの提供を開始。注目したいのは、スターバックス中国と協業する代替肉プレーヤーに中国本土の企業はいないことだ。

香港発のグリーンマンデーは一足先に、香港・マカオのマクドナルドと協業に成功、全店舗に植物性メニューを導入している。この協業の発表直後には、香港のセブンイレブンとの提携を発表している。

代替肉の黒船ビヨンドミートの中国本格進出は秒読みだ。

といっても、DicosとStarfieldの協業にはビヨンドミートにない優性がある

価格導入規模だ。

 

Starfieldの植物肉はDicos2600店舗で一斉に提供される。全国規模で植物肉バーガーを提供するのは、Dicosが初となる。

価格面でも優性がある。これまでの植物肉製品は数十元~数百元となっていたが、Dicosで販売される植物肉バーガーは20元(約310円)。会員なら15元(約230円)で、通常のバーガーと同等の価格だ

DicosとStarfieldとの協業により、中国発の植物肉スタートアップの存在感は増したものの、2021年にはビヨンドミートの現地工場が稼働する。

中国発の植物肉スタートアップHey Maetや、元ビヨンドミート、インポッシブルフーズの研究開発メンバーが参画するHero Proteinなど、中国発のプレーヤーも増えており、今後の中国代替肉市場から目が離せない。

 

参考記事

Chinese KFC-Rival Dicos Rolls Out Starfield’s Plant-Based Chicken Nationwide

植物肉市场的春天来了?德克士新品能否改变植物肉“炒概念”质疑

アイキャッチ画像の出典:Starfield

 

関連記事

  1. ケンタッキー、ビヨンド・ミートの代替フライドチキンを全米で販売
  2. 香港培養肉スタートアップのAvant Meatsが培養魚の切り身…
  3. ダノンが細胞培養母乳を開発するイスラエル企業Wilkに出資
  4. 中国の植物肉HEROTEINが米培養油脂Mission Barn…
  5. 3Dプリンター製サーモンを開発するRevo Foodsが約1億9…
  6. アフリカ発の培養肉企業Mzansi Meat、2022年後半の市…
  7. 米Aqua Cultured Foodsがシカゴで生産施設の建設…
  8. タイソンフーズが出資するFuture Meatが培養鶏肉のコスト…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

Redefine Meatが3Dプリント肉を2021年前半に販売、イスラエルの食肉販売会社と提携

3Dプリンターを使って植物ベースの代替肉を開発するイスラエル企業Redefine…

Vowがシンガポールで培養ウズラ肉の販売認可を取得、今月レストランで限定提供

細胞性食品とも呼ばれる培養肉は、動物を犠牲にすることなく動物肉を生産でき、環境負…

培養肉企業21社の生産工場・稼働状況まとめ-2022年11月時点-

2020年12月にシンガポールで培養肉が世界に先駆けて販売されてからもうすぐ2年…

培養魚の米Wildtype、培養魚の試食ができる実証プラントの稼働をまもなく開始

細胞培養により培養サーモンを開発するWildtypeが、実証プラントの稼働をまも…

Remilkがカナダで精密発酵乳タンパク質の認可を取得

精密発酵で乳タンパク質を開発するイスラエルのRemilkは今月5日、カナダ保健省…

培養うなぎセミナー動画(北里大学・池田大介先生)|2023年9月開催

今月7日、培養うなぎの開発に取り組む北里大学海洋生命科学部の池田大介准教授にFo…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/14 12:07時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/14 21:25時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/15 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/14 17:58時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/14 10:45時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/14 20:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP