代替プロテイン

中国ファーストフード大手DicosがStarfieldと提携、植物肉バーガーを全国で一斉発売

>> <<

 

中国のファーストフード大手Dicosが植物由来代替肉に取り組む中国企業Starfieldとの提携を発表した。

中国本土のDicos2600店舗で、Starfieldの植物肉を使ったチキンバーガーが提供される。

出典:Starfield

中国大手ファーストフードDicosはStarfieldの植物肉を使った新しいバーガーの発売開始を発表した。

植物バーガーの価格は20元(約310円)。Dicosで販売されるほか、アリババが運営するECサイト天猫(Tmall)などでも販売される。

Starfieldの植物肉はこれまでに、腸粉(米を原料とするライスロール)で有名な深圳を中心に展開するファーストフード「紅荔村(honglicun)」、ステーキ・サラダ・バーガーを主力とするアメリカ発のファーストフード「シズラー(Sizzler)」などで、ハンバーガー、サンドイッチ、スパゲッティ、腸粉などさまざまなラインナップで提供されている。

Starfieldは2019年に設立された中国のスタートアップ。海藻を使った代替ひき肉を開発する同社は、今年初頭の大手レストランとのトライアル実施後、設立からわずか1年で中国の20以上のフードチェーンと提携するなど、急成長をとげている

資金調達額では中国最大のフードテック企業

8月にはシリーズAラウンドで1000万ドル(約10億円)を調達。出資者には、中国のアーリーステージに特化したベンチャーキャピタルSky9 Capital、フードテックに特化したベンチャーキャピタルNew Crop Capital、中国の植物肉・培養肉プレーヤーへの出資に特化したDao Foods Internationalなどがいる。

同社は資金の使途として、深圳に研究開発施設の建設に言及している。毎月、新製品4つをハイペースで開発していくという。現在の生産量は月1700トン、年間2万トン以上だ。

出典:四川在线

競争が激化する中国代替市場

今回、Dicosが国内初のStarfieldとの協業に踏み出したのは、中国で高まる健康志向のほかに、ビヨンドミート、グリーンマンデーなど他社の動きがあるだろう。

今年6月には、一部のKFC(ケンタッキー・フライド・チキン)、ピザハット、タコベルなどのファーストフード店でビヨンドミートの代替肉の提供が開始された。

スターバックス中国は今年はじめに、Oatly、ビヨンドミート、オムニポークを使ったベジタリアンメニューの提供を開始。注目したいのは、スターバックス中国と協業する代替肉プレーヤーに中国本土の企業はいないことだ。

香港発のグリーンマンデーは一足先に、香港・マカオのマクドナルドと協業に成功、全店舗に植物性メニューを導入している。この協業の発表直後には、香港のセブンイレブンとの提携を発表している。

代替肉の黒船ビヨンドミートの中国本格進出は秒読みだ。

といっても、DicosとStarfieldの協業にはビヨンドミートにない優性がある

価格導入規模だ。

 

Starfieldの植物肉はDicos2600店舗で一斉に提供される。全国規模で植物肉バーガーを提供するのは、Dicosが初となる。

価格面でも優性がある。これまでの植物肉製品は数十元~数百元となっていたが、Dicosで販売される植物肉バーガーは20元(約310円)。会員なら15元(約230円)で、通常のバーガーと同等の価格だ

DicosとStarfieldとの協業により、中国発の植物肉スタートアップの存在感は増したものの、2021年にはビヨンドミートの現地工場が稼働する。

中国発の植物肉スタートアップHey Maetや、元ビヨンドミート、インポッシブルフーズの研究開発メンバーが参画するHero Proteinなど、中国発のプレーヤーも増えており、今後の中国代替肉市場から目が離せない。

 

参考記事

Chinese KFC-Rival Dicos Rolls Out Starfield’s Plant-Based Chicken Nationwide

植物肉市场的春天来了?德克士新品能否改变植物肉“炒概念”质疑

アイキャッチ画像の出典:Starfield

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. シンガポールFloat Foodsがインドネシアにフードインキュ…
  2. ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rap…
  3. 廃棄大麦から代替タンパク質を開発するEverGrain|世界最大…
  4. 中国の培養肉Joes Future Foodが約12億円を調達、…
  5. 中国発の植物代替肉スタートアップHero Proteinが登場!…
  6. アフリカ発の培養肉企業Mzansi Meat、2022年後半の市…
  7. イスラエルのFuture Meatが培養肉の生産コスト削減に再び…
  8. 2020年の代替タンパク質投資額は31億ドルとGFIが報告、過去…

おすすめ記事

米Bowlton Kitchensの1時間に300の調理が可能な料理ロボット、在庫管理も自動化

このニュースのポイント●Bowlton Kitc…

培養ハイブリッド肉を開発する米New Age Meatsが約2億1千万円を調達

カリフォルニアを拠点とする培養肉スタートアップのNew Age Meatsがシー…

「食べられる」食品包装用フィルムをインド・ロシア研究チームが開発

インドとロシアの研究者は、果物、野菜、肉、水産物を包装するための食用の食品フィル…

代替肉ビヨンドミートが初の海外工場となる中国生産施設をオープン

アメリカの代表的な代替肉スタートアップ、ビヨンドミートが中国現地の生産工場の開設…

代替肉のビヨンド・ミートがマクドナルド、ヤム・ブランズとの提携を発表

カリフォルニアを拠点とする代表的な代替肉企業ビヨンド・ミートは、マクドナルドとヤ…

培養肉はどんな産業を生み出すのか?|SKSJ2020参加レポート

培養肉が社会・環境にもたらすインパクトは大きい。動物を殺さずに肉を作れる…

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(10/28 15:18時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(10/28 09:09時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(10/27 20:01時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP