代替プロテイン

中国発の植物代替肉スタートアップHero Proteinが登場!9月にプレシードをクローズ

>> <<

 

このニュースのポイント

 

●中国上海発の植物性代替肉企業Hero Proteinが登場

●9月にプレシードをクローズ

●ビヨンド、インポッシブルなどの元研究開発管理職がチームに参画

 

 

植物性代替肉に取り組む中国スタートアップが続々と登場している。

その1つが上海発のHero Proteinだ。

Hero Proteinは2020年初頭に設立されたスタートアップ。取り扱う製品は、牛、鶏、魚の代替食。現在ホームページには、代替チキン、代替牛ひき肉、代替牛肉ハンバーグが掲載されている。

9月にはプレシードラウンドをクローズした。ラウンドには、アーリーステージの中国企業に出資するLever China Alternative Protein Fund(以下、Lever Chinaと略)が参加した。

このラウンドでLever Chinaは、Hero Proteinのほかに、中国の代替肉企業4社HaoFoodNew SingularityLIKE FoodsAvant Meats)に出資している(後述)。

Hero Proteinの現在の製品は、植物性のチキン、牛ひき肉、ハンバーグ。

出典:Hero Protein

注目したいのが、Hero Proteinの製品開発には、ビヨンドミート、インポッシブルフーズなど植物性代替食企業の元研究開発管理職がメンバーとして参画していることだ。

製品はGMOフリーで、抗生物質、コレステロールを含まない。大豆、えんどう豆、小麦、ココナッツオイル、大豆油、キノコ抽出物、デンプンなどを成分とする。商品は冷凍保存で、使用する前に冷蔵庫で解凍する。

出典:Hero Protein

現在は開発フェーズにあり、販売されていない。

9月のラウンドでLever Chinaがほかに投資したスタートアップ4社の概要は次のとおり。

 

HaoFood:植物ベースの代替チキンを開発。

 

New Singularity(中国名:新奇点):天津を拠点とする代替水産物の開発企業。植物性のエビ、マグロ、ウナギを開発

 

LIKE Foods:中国本土初となる培養肉を開発するスタートアップ。北京を拠点とし、バイオ3Dプリンターを活用

 

Avant Meats:香港発の培養魚を開発するスタートアップ。今月、新作となる培養魚の切り身を発表したばかり。

 

乱立する中国発の代替肉スタートアップ

上記で挙げた企業のほかに、中国にはHey MaetZhenmeatStarfieldなどの植物性代替肉企業がいる。

まず注目したいのがHey Maetだ。

新型コロナ発生の最中、2020年4月に設立されたHey Maetの主な製品は、豚ひき肉、牛ひき肉、ソーセージ、ミートボール、チキンナゲットなど。

創業者のChichi Hongは、年末までにオフラインでの販路拡大をしたい考え。国内のレストラン1000店舗へ展開を目指している。Hey Maetへの出資者には、世界のえんどう豆タンパク質の生産で4割を誇るShuangta Food(双塔食品)がいる。Shuangta Foodはビヨンドミートのサプライヤーでもある。

北京発のZhenmeatは、植物性のザリガニと豚ひれ肉を開発している。ザリガニは中国のレストランで提供される予定。豚ひれ肉は四川のチェーン店に特化して発売される予定だという。

Starfieldは深圳発のスタートアップで、これまでの総調達額は1010万ドルと資金調達額では中国最大を誇る企業だ。今月には、中国のKFCライバルDicosが中国本土2500を超える店舗でチキンバーガーメニューにStarfieldの代替肉追加を発表したばかり。

中国市場を巡っては、米ビヨンドミートが今月に期間限定で新作・代替豚ひき肉を上海でリリースするなど、海外製の動きも見逃せない。当サイトでも、中国の新進気鋭のスタートアップを随時紹介していく。

 

参考記事

Hero Protein: Shanghai’s New Plant-Based Meat & Seafood Startup Attracting China-Focused Investors

Beyond Meat 早期投资者宣布对国内 5 家前沿植物基和细胞培养初创公司进行投资

 

関連記事

 

アイキャッチ画像の出典:Hero Protein

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. TurtleTree Scientificが商用規模での細胞培養…
  2. 中国発の培養肉企業CellXが資金調達、2021年に試作品発表へ…
  3. 培養ロブスターを開発する米Cultured Decadenceが…
  4. アレフファームズがブラジル食肉大手BRFと培養肉の開発・ブラジル…
  5. 3Dプリンター製サーモンを開発するRevo Foodsが約1億9…
  6. 代替肉はなぜ必要なのか?代替肉の必要性、分類、現状をわかりやすく…
  7. ユニリーバ、植物性の代替肉・代替乳製品の年間売上目標を約1200…
  8. ほうれん草の葉を使った培養肉用の新しい食用足場|ボストンカレッジ…

おすすめ記事

スイス初の培養肉企業Mirai Foodsが初の資金調達、培養肉の市販化を目指す

スイスの培養肉企業Mirai Foodsが初となるシードラウンドで210万スイス…

タイソンフーズが出資するFuture Meatが培養鶏肉のコストダウンに成功、2022年に市販化へ

イスラエルの代替肉企業Future Meatは、自社の培養鶏肉の生産コストを1/…

キッチンOSのサイドシェフ|買出しレシピサービスでウォルマートと連携

キッチンOSの主力スタートアップサイドシェフ(SideChef)とウォルマートと…

カンガルーの培養肉を開発するオーストラリア企業Vow、食の変革に挑む

培養肉といえば、牛、豚、鶏、魚を思い浮かべることが多いが、オーストラリアのフード…

青果物の鮮度保持期間を延ばすHazel Technologiesが約76億円を調達

アメリカ農務省(USDA)によると、アメリカでは供給される食料の30-40%が廃…

植物性刺身を開発するOcean Hugger Foodsが復活|タイ企業Nove Foodsと提携して今年後半に海外展開へ

コロナウイルスにより一時は操業停止に追い込まれた植物性代替魚企業Ocean Hu…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP