Foovo Deep

培養脂肪の英Hoxton Farmsが約32億円を調達、ロンドン市内にパイロット工場建設へ

 

培養脂肪を開発する英Hoxton Farms(ホクストン・ファームズ)はシリーズAラウンドで2200万ドル(約32億円)を調達した。

同社は調達した資金で培養脂肪を生産するためのパイロット工場をロンドン中心部に建設するほか、規制当局への申請、パートナーシップの拡大、培養脂肪の生産コスト削減を目指す。

「脂肪は感覚に訴える最も重要な成分」

出典:Hoxton Farms

Hoxton Farmsは脂肪を、代替肉を美味しくするために必要だが欠けている素材だと考えている。

市販されている植物由来の代替肉の多くは、動物油脂の代わりとしてココナッツオイルやヒマワリ油など植物油脂を使用している。しかし、植物油脂は融点や構造の点で、動物油脂の特性をカバーするには限界があり、「植物油脂のために既存の代替タンパク質は期待外れなものになっている」というのがHoxton Farmsの考えだ。

共同創業者のMax Jamilly氏はプレスリリースで、「脂肪は、私たちが食べる肉の中で感覚に訴える最も重要な成分です。植物タンパク質とあわせて培養脂肪を使用することで、植物肉に欠けていたジューシーさと風味を備えた製品を作れることを示してきました」とコメントしている。

ロンドン中心部に培養脂肪のパイロット工場建設へ

共同創業者のMax Jamilly氏(左)とEd Steele氏(右) 出典:Hoxton Farms

昨年2月にシードラウンドで270万ポンド(当時約3.9億円)を調達してから、Hoxton Farmsは自社の計算プラットフォームの力を実証してきた。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Hoxton Farms

 

関連記事

  1. 誰もが食べられるグルテンを開発するUkko、食品アレルギーにパラ…
  2. 微生物発酵CDMOのスイス企業Planetaryがコニカミノルタ…
  3. アレフ・ファームズが培養ステーキ肉「Petit Steak」を発…
  4. スペインのLibre Foodsが菌糸体由来の代替鶏胸肉を発表、…
  5. アニマルフリーな乳タンパク質を開発するイスラエルRemilkが約…
  6. イスラエルの培養肉企業MeaTechが世界で初めてNasdaq市…
  7. 菌糸体で代替ステーキ肉を開発する英Adamo Foodsが約2.…
  8. シンガポール展示会(Agri-Food Tech Expo As…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

果物の鮮度保持シールStixFRESHを開発する米Ryp Labs、ベリー向けに商用化を発表

果物の鮮度を2倍に伸ばす独自シールを開発する米Ryp Labsが、ベリー向けの鮮…

国内初|グリーンカルチャーが植物性ゆで卵の開発に成功

植物肉Green Meatで知られる日本のスタートアップ企業グリーンカルチャーが…

ピザ自販機のカナダ企業PizzaFornoがアメリカへ進出

新型コロナの発生により、自動販売機が新しく生まれ変わろうとしている。日本…

Remilkがイスラエル食品大手CBCグループと提携、1年以内のイスラエル上市を目指す

精密発酵でアニマルフリーな乳タンパク質を開発するRemilkは、イスラエル食品最…

植物性チキンナゲットのNowadaysが事業を停止

植物性チキンナゲットを製造販売する米Nowadaysが事業を停止したことが明らか…

スウェーデン企業Mycorenaが世界初となる菌類由来の代替油脂を開発

スウェーデンのスタートアップ企業Mycorenaは菌類由来の代替油脂を発表した。…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/19 12:11時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/18 21:26時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/19 00:56時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/19 18:01時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/19 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/18 21:00時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP