代替プロテイン

ビヨンドミートが中国で豚ひき肉Beyond Porkを期間限定で発売

2022年1月セミナーはこちらから▼

このニュースのポイント

 

●ビヨンドが中国向けの豚ひき肉Beyond Porkを発表

●上海の一部レストランで期間限定で提供

競合はグリーンマンデー傘下のオムニフーズ

●中国ではアフリカ豚コレラによる深刻な豚肉不足が続いている

 

 

代替肉の代表格の1つビヨンドミートが新作・植物性の豚ひき肉を発表した。中国市場に向けたもので、上海の一部レストランで今月18日―24日までの期間限定で提供される。

新商品Beyond Porkは、餃子、春巻き、ラーメンなど様々な料理に使用できる。

今回の中国市場向け新商品発表に先立ち、ビヨンドからは注目のニュースが続いていた

●同社は今月、2021年初頭から米国で発売される新製品Beyond Burgerを発表

 

●その前にはピザハットと提携。全米700店舗のピザハットでビヨンドの代替肉を使ったピザ「Beyond Italian Sausage」「Great Beyond Pizza」の2つのメニューの販売を開始した。

 

●さらに、マクドナルドがビヨンドと協業し、代替肉を使ったマックプラントを共同開発している。

 

中国市場に投入されるBeyond Porkは、上海の提携レストランで発売される。発売期間は18ー24日の期間限定で、小売りやオンラインショップでいつ入手可能となるかは不明だ。

出典:ビヨンドミート

今回リリースされる豚ひき肉は、ワンタン、春巻き、餃子など、中国料理に使いやすく、中国人受けする可能性が高い。競合品として真っ先に思い浮かべるのは、香港グリーンマンデーの傘下にあるオムニフーズが開発したオムニポークだ。

オムニポークはすでに中国大手ECサイトアリババで販売されているほか、上海のレストランでも使用されている。グリーンマンデーは年内で広東に工場建設を予定しており、同社のターゲットは豚肉市場。

9月には約73億円を資金調達しており、香港ではセブンイレブンマクドナルドと提携済みアジア発の注目の代替ポークスタートアップだ

ビヨンドも中国進出を着実に進めている。中国の3300店舗のスターバックスと提携するほか、ヤムチャイナが運営するKFC、タコベル、ピザハットでは期間限定でビヨンドバーガーを販売。

上海の地下鉄スーパーに加え、アリババといった大手小売りとも提携している。さらに注目したいのは、2つの製造工場を中国本土に建設中で、2021年に稼働を開始することだ

豚肉不足の解決につながる代替肉

中国は世界最大の豚肉消費国。

さらにアフリカ豚コレラの発生により、中国では豚肉不足が深刻な問題となっている。2020年の豚肉輸入量は過去最高を記録する見通しだという。

中国で続く豚肉不足は2021年中頃には解消される見込みであると発表されているが、深刻な豚肉不足を解消できる点で、現在の状況は代替豚肉を開発するプレーヤーにとっては追い風となるだろう

現在、中国の豚肉価格は前年の同レベルまで下がっており、豚肉価格は2ヵ月連続で下降しているが、まだ高い状態だ。一つ気になるのが、アフリカ豚コレラ発生による他の製品への影響だ。今月中国で開催された鶏卵サミットによると、豚コレラがほかの産業にも影響し、卵の価格も高騰しているという。

既存の畜産産業にとって危機的な状況は、フードテック企業にとってはチャンスでもある。ビヨンドやグリーンマンデーなど代替プレーヤーの活躍に期待したい。

 

参考記事

Beyond Meat Unveils Plant-Based Minced Pork In Shanghai In Battle Over Chinese Market

Beyond Meat Launches Minced Pork Product in China

官方:明年猪肉消费量将有明显增加,预计2021下半年猪肉供给可恢复正常

猪瘟引领消费升级!鸡蛋市场格局将发生什么变化?

アイキャッチ画像の出典:ビヨンドミート

 

2022年1月セミナーはこちらから▼

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. フードテックの祭典Smart Kitchen Summit 20…
  2. 代替肉のビヨンド・ミートがマクドナルド、ヤム・ブランズとの提携を…
  3. 代替肉はなぜ必要なのか?代替肉の必要性、分類、現状をわかりやすく…
  4. 「競争よりも共創」代替肉で環境問題に挑むネクストミーツが目指すも…
  5. 酵母で油脂を開発するMelt&Marbleが約9600…
  6. 動物を殺さずにコラーゲン・ゼラチンを開発するJellatechが…
  7. 培養肉用の食用足場を開発する米Matrix Meatsがシードラ…
  8. 3Dプリント肉のSavorEatがアメリカの大学への試験導入でソ…

おすすめ記事

肉屋出身者が立ち上げたIvy Farm|2023年までに英国で培養ソーセージの市販化を目指す

イギリスの培養肉スタートアップIvy Farmは、2023年までにイギリスの小売…

動物を殺さずにコラーゲン・ゼラチンを開発するJellatechが約2億1000万円を調達

動物を殺さずにコラーゲン・ゼラチンを開発するJellatechが、プレシードラウ…

子どもが培養肉を知るための絵本のクラファンがスタート

動物を殺さずに、動物から採取した細胞を培養して生産される動物肉を培養肉という。…

コンタクトレスなキオスク型スムージーロボットBlendid、株式投資型クラウドファンディングを開始

新型コロナウイルスの発生で、急速な変化を求められている分野の1つがフードロボット…

培養ロブスターを開発する米Cultured Decadenceが約1億7000万円を調達、州政府による細胞農業企業への初出資

細胞農業スタートアップのCultured Decadenceがプレシードで160…

香港培養肉スタートアップAvant Meatsが約3億2千万円を資金調達、2021年の市販化を目指す

このニュースのポイント 香港培養肉企業Avan…

Foovoセミナーのお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/16 16:27時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(01/16 10:13時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(01/15 21:23時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP