Foovo Deep

米Nepra Foods、製パン用の代替卵白粉末の商用生産を開始

 

コロラドを拠点とするNepra Foodsは、製パン卸売業者向けの独自の代替卵白粉末「EPB-ER1」の商用生産と工場内試験を開始したことを発表した。

EPB-ER1」は、既存の製品から卵を除去または削減したい製パンメーカー向けに販売される卸売製品となり、植物由来成分を使用して作成されている。

Nepra Foods、植物由来卵白粉末の商用生産を開始

出典:Chadwick White氏リンクトイン/Nepra Foods

現在、多くの植物由来代替卵が市販されているが、その多くはスクランブルエッグなど調理済み料理の味や食感を代替するよう設計されている。Nepra Foodsの「EPB-ER1」は、現在の鶏卵由来の卵白粉末から、アニマルフリーな代替品に切り替えたいと考えている製パン業者向けに特別に設計されたものとなる。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Chadwick White氏リンクトイン/Nepra Foods

 

関連記事

  1. 動物油脂のようにふるまう植物油脂を開発するLypid、約4.7億…
  2. スピルリナ由来の代替肉、スナックバーを開発するインド企業Naka…
  3. 培養母乳を開発するイスラエル企業Bio Milk、2022年にサ…
  4. 【現地レポ】カナダのNew School Foods、ホールカッ…
  5. Kikka Sushiが米ホールフーズで植物性のビーガン寿司を発…
  6. 中国のJoes Future Foodが豚の培養脂肪のパイロット…
  7. Evo Foodsとギンコ・バイオワークス、アニマルフリーな卵タ…
  8. イート・ジャストが中国ファンドから約34億円を調達、代替卵JUS…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

イスラエルの培養肉企業MeaTechが世界で初めてNasdaq市場に上場

イスラエルの培養肉企業MeaTech(Nasdaq:MITC)がNasdaq市場…

主食のイノベーションに挑む日本企業ベースフード、目指すのは「健康が当たり前の社会」

世界的にはフードテックのブームは高まる一方で、代替肉、代替卵、代替ミルク、さらに…

上海の培養肉企業CellXがパイロット工場を開設、年内に米・シンガポールで申請へ

上海を拠点とする培養肉企業CellXは今月、中国初の大規模なパイロット工場の完成…

イスラエルのピザハットがドローンによる試験配達を6月から開始

イスラエルのピザハットは今年6月からドローンによる試験配達を開始する。ピ…

アイスランドORF Geneticsが大麦由来の低コスト成長因子を開発、培養肉の生産コスト削減を目指す

アイスランド・ORF Geneticsの技術によって、今後数年のうちに培養肉の商…

精密発酵カゼインで乳製品業界の変革を目指すFermifyが約6.7億円を調達

精密発酵カゼインの生産プラットフォームを開発するオーストリア企業Fermifyは…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/21 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/21 21:45時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/22 01:23時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/21 18:20時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/21 11:03時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/21 21:17時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP