Foovo Deep

規格外・余剰農産物のB2B販売プラットフォームを提供するFull Harvestが約26億円を調達

 

規格外・余剰の農産物をB2Bで販売するプラットフォームを構築するFull HarvestがシリーズBラウンドで2300万ドル(約26億円)を調達した

ラウンドはTELUS Venturesが主導し、Rethink ImpactPortfoliaRadicle GrowthCultivian Sandbox VenturesStardust capitalなどが参加した。今回の調達により、Full Harvestの調達総額は3450万ドル(約39億円)となる。

農家と企業を直接つなぐフードロスのB2Bプラットフォーム

出典:Full Harvest

Full Harvestはサンフランシスコを拠点とするスタートアップ企業で、2015年にChristine Moseley氏によって設立された。

同社は産地で見た目が悪く規格外となった農産物や余った農産物を、企業向けに迅速に直接販売するためのマーケットプレイスを開発した。農産物を原料として調達したい食品・飲料メーカーと、農家とを直接つなぐオンライン化されたB2Bプラットフォームとなる。

これにより、買い手となるメーカーは、わずか数クリックで規格外・余剰の農産物を作り手から直接購入することができる。

売り手・買い手の経済性を追求したフードロスソリューション

出典:Full Harvest

Full Harvestのビジネスアイディアは、Moseley氏がコールドプレスジュース企業のOrganic Avenueで働いていたときに思い付いたものだった。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. 二酸化炭素からタンパク質を作る英ディープ・ブランチ、アイスランド…
  2. Numilkが家庭用植物ミルクメーカーを発表、クラファンの累計支…
  3. Steamboxの蒸気で温められるランチボックスで職場の電子レン…
  4. 青果物の鮮度保持期間を延ばすHazel Technologies…
  5. 牛を使わずに本物と同等のカゼインを開発するエストニア企業ProP…
  6. UPSIDE Foodsが培養シーフード企業Cultured D…
  7. 世界初|スペインの乳製品メーカー、細胞農業による乳製品開発を支援…
  8. 米MycoTechnologyが約105億円を調達、菌糸体発酵プ…

おすすめ記事

オーストラリア政府がChange Foodsに約1.2億円の助成金を授与、官民連携で精密発酵タンパク質の開発を強化

精密発酵によりチーズを開発するChange Foodsはオーストラリア政府から1…

細胞培養ソーセージを開発するNew Age Meatsが約28億円を調達、実証プラント建設へ

培養ソーセージを開発するNew Age Meatsが9月にシリーズAで2500万…

ダノンとBrightseedが提携を拡大、AIを活用して植物の隠された可能性を追求

世界大手の食品・飲料企業ダノンはバイオテック企業Brightseedとの提携を拡…

アイスランドORF Geneticsが大麦由来の低コスト成長因子を開発、培養肉の生産コスト削減を目指す

アイスランド・ORF Geneticsの技術によって、今後数年のうちに培養肉の商…

米パーフェクトデイがシンガポールに研究開発拠点を設置、2021年4月に稼働を開始

このニュースのポイント●米パーフェクトデイがシン…

イート・ジャストの代替卵JUST Eggが欧州の安全性承認を取得

米イート・ジャストの代替卵JUST Egg(ジャスト・エッグ)の主要成分が、欧州…

精密発酵レポート販売のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/05 18:34時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/06 12:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(07/05 23:47時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/06 14:36時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP