代替乳製品・代替卵

細胞を培養して人工母乳を開発するTurtleTreeが約6億3千万円を調達

▼10/26培養肉セミナーのご案内(画像をクリック)

-------------

 

このニュースのポイント

 

●人工母乳を開発するシンガポールTurtleTreeが約6億3千万円を調達

BtoBによるライセンス提供で乳幼児調整乳市場を狙う

乳児用調整乳市場は2026年までに1030億ドルを超える規模に

世界TOP5に入る育児用ミルク企業とライセンス契約の予定

2022年までに市場投入を目指す

 

 

細胞から母乳を作るTurtleTree(タートルツリー)が、プレAラウンドで620万ドル(約6億3千万円)の資金調達に成功した。

TurtleTreeはシンガポール発の人工母乳の開発に取り組むスタートアップ。

世界で初めて、細胞を培養することで人間の母乳そっくりな人工母乳を開発している。

はじまりは牛乳の代替ミルク

2019年に誕生したTurtleTreeの始まりは、実は人工母乳ではなく、牛を使わずに細胞から作る培養牛乳だった

チーズ作りが趣味だったFengru Linは、ある時、シンガポールには牛が少ないことに気づく。

インドネシア、タイと旅する中で、牛乳は集約農業により大量のホルモン剤と抗生物質が牛に注入されて成り立っている事実を目の当たりにした。

当時Googleに勤務していたLinは、共同創業者となるMax Ryeと出会う。

出典:TurtleTree

ある時、Ryeから培養肉に取り組むスタートアップの話を聞いたLinは代替ミルクを開発することを思いつく。

こうしてTurtleTreeは、牛の細胞から培養する牛乳の開発に取り組み始めたが、乳製品メーカーのひとことで方向性を転換することになる。

「もし母乳を作れるなら、乳児用調製乳の産業を変えられますよ」

2人は、確かな需要があり、牛乳よりも莫大な金銭が投入される乳児用調製乳に転換することを決心した。

高齢者やがん患者もターゲットに

TurtleTreeは今回の資金を使い、母乳に存在する生理的に活性のあるタンパク質と複合糖質の研究・生産を加速させたいとしている。

これらの成分は腸や脳の健康にも役立つとされ、乳児だけでなく高齢者向けの栄養源としても応用できるという。

「高齢者の消化器系には乳児のような問題があり、早期研究は母乳に含まれる成分が一部のがんの増殖を妨害する可能性を示唆しています」

とLinが語るとおり、同社は人工母乳の潜在ユーザーとして、高齢者やがん患者も想定している。

戦略の異なるもう1つの人工母乳プレーヤー

TurtleTreeは人工母乳を作る企業として、世界初かつナンバー1を自負するが、人工母乳を開発するスタートアップはもう1社いる。

アメリカ発のBiomilqだ。

ビル・ゲイツのバックアップを受けるBiomilqは、2人の女性が創業したスタートアップ。実験室で乳腺上皮細胞を培養して母乳を開発している。

出典:Biomilq

今年2月に開発した人工母乳には、本物の母乳に含まれるカゼインとラクトースの産生を認めた。6月にはビル・ゲイツの投資ファンドから350万ドルの出資を受けている

細胞から人工母乳を作り出す手法は同じだが、TurtleTreeとBiomilqの戦略はターゲット市場・販路において全く異なる

Biomilqは欧米をターゲットとしているが、TurtleTreeはアジア市場を狙っている

Biomilqは、妊娠中に採取した細胞から個別化された人工母乳を生産し、完成したら個人に届けるサービスを想定している。Biomilqの販路がDtoCや小売であるのに対し、TurtleTreeは乳製品の大手企業とライセンス契約を結んで、技術の販売を考えている。

社名は明らかにされていないが、育児用ミルクで世界TOP5に入るメーカーとライセンス契約を締結する予定でいるという。

リリースの時期についても、2社は異なる。Biomilqは具体的な販売時期を明かしていないが、TurtleTreeは2022年までに市場投入を目指している。

TurtleTreeのタンパク質と糖質が規制当局の承認を得られれば、既存の乳児用調製乳に追加できるようになる。そうすれば、人工母乳により近くなる。

TurtleTreeは許認可の時期について、「早ければ2021年に」と予測している。

この予測は当たるかもしれない。

TurtleTreeはシンガポールにあるからだ。シンガポールは世界に先駆けて、イート・ジャストの培養肉販売を承認した。同社の培養肉は今月19日にレストランで販売される。

乳児用調整乳市場は2026年には1030億ドル規模に

母乳が出なくて悩む女性は多い。母乳育児ができないことによる自責の念、周囲からのプレッシャー。しかも、女性は出産するまで、自分の身体が母乳を生産してくれるかどうか、予測できない。

人工母乳には、女性のこうした深刻な悩みを解決するほか、牛に頼らなくてすむため、環境に与えるインパクトも大きい。

乳児用調整乳市場は2018年には45億ドル、2026年までに1030億ドルを超えると予測されている。市販化までには法規制のハードルがあるものの、人工母乳に取り組む企業に集まる投資熱を見るかぎり、来年は大きなブレイクスルーを期待できそうだ。

今回のラウンドには、Green Monday VenturesEat Beyond GlobalKBW VenturesVerso Capitalが参加した。

 

参考記事

‘I want to give my child the best’: the race to grow human breast milk in a lab

TurtleTree Labs Closes Oversubscribed US$6.2M Pre-A Round For Lab-Grown Breast Milk

TurtleTree Labs Raises $6.2M for its Cell-Cultured Milk

 

関連記事

 

アイキャッチ画像の出典:TurtleTree

 

▼10/26培養肉セミナーのご案内(画像をクリック)

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. ビル・ゲイツも出資|細胞培養により代替母乳の開発を目指すBiom…
  2. Motif FoodWorksが約249億円を調達、植物肉をアッ…
  3. 代替母乳のTurtleTree、カリフォルニアに研究施設開設を発…
  4. 牛を手放し「型破り」な転身を実現したイギリス農家と、それを支援す…
  5. 微生物でタンパク質を開発するNature’s Fyndが約385…
  6. 細胞培養で母乳を開発するTurtleTreeがラクトフェリン粉末…
  7. 世界初!シンガポールOsomeFoodが開発したマイコプロテイン…
  8. 牛を使わずに本物と同等のカゼインを開発するエストニア企業ProP…

おすすめ記事

ビールの醸造で発生する廃棄大麦をアップサイクルするReGrainedとは

アメリカ、デラウェア州を拠点とするReGrainedは、ビールの醸造で発生する大…

キッチンOSのイニットがGoogleクラウドと提携、食料品購入のパーソナライズ化を強化

パーソナライズ化された食品購入ソフトを提供する米イニット(Innit)がGoog…

スウェーデンHookedが約6200万円を調達、2021年春にスウェーデンで市販化予定

このニュースのポイント●スウェーデンHooked…

牛を手放し「型破り」な転身を実現したイギリス農家と、それを支援するRefarm’d

畜産農家のなかには、古くからのやり方はよくないと思いながらも、ほかに生計を立てる…

スイス初の培養肉企業Mirai Foodsが初の資金調達、培養肉の市販化を目指す

スイスの培養肉企業Mirai Foodsが初となるシードラウンドで210万スイス…

韓国LOUNGE’LABがロボットアイスクリームショップBrown Banaをソウルにオープン

AI、ロボット、ブロックチェーンを活用する韓国のスタートアップLOUNGE'LA…

第2回Foovoセミナーのお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(10/26 15:15時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(10/26 09:08時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(10/25 20:00時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP