Foovo Deep

精密発酵プラットフォーマーのLiberation Labsが約26億円を調達、米国に60万リットル規模の施設建設へ

 

代替タンパク質を大量生産するための精密発酵プラットフォームを開発するLiberation Labsは先月、シードラウンドで2000万ドル(約26億円)を調達した。

ラウンドは多くの細胞農業企業に出資するベンチャーキャピタルAgronomicsSiddhi Capitalが主導し、CPT CapitalThia Ventures8090 Industriesなどが参加した。

Liberation Labsは調達した資金を、最初の商業規模の工場を建設するためのサイトの調達と開発にあてる。専用の下流プロセスを備えた同施設の発酵容量は60万リットルになるという。

精密発酵プラットフォーマーのLiberation Labsが米国に60万リットル規模の施設建設へ

出典:Liberation Labs

Liberation Labsはグローバルな専用の精密発酵施設を建設することで、精密発酵による代替タンパク質生産のスケールアップを目指している。

Liberation Labsの施設は、費用対効果が高い新規タンパク質を高収量で生産するよう専門的に設計されている。同社発酵施設は、代替タンパク質市場の80%以上に適合し、長期的に競争力があると同社が考える主要なグローバル拠点に設置される。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Liberation Labs

 

関連記事

  1. Haofoodはピーナツを使用した代替チキンで約4.5億円を調達…
  2. イスラエルのImagindairyは精密発酵でアニマルフリーな乳…
  3. 【世界初】The EVERY Companyが動物由来の卵と同等…
  4. オイシックス・ラ・大地、サステナブル・シーフード発表会・試食会を…
  5. グリラス、国産食用コオロギを使用したプロテインバー等をコンビニで…
  6. Kikka Sushiが米ホールフーズで植物性のビーガン寿司を発…
  7. 昆虫で食品廃棄物をアップサイクルするLIVIN Farmsが約8…
  8. Meatable、シンガポールへ培養豚肉餃子の導入を目指してES…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

培養肉のコスト削減を目指すProfuse Technologyが約3.5億円を調達

培養肉の生産コストを削減するソリューションを開発するイスラエルのProfuse …

Chipotleがトルティーヤチップス製造ロボット「Chippy」を発表

米国、カナダ、英国、フランス、ドイツで2,950を超えるレストランを経営している…

細胞由来のウナギ、マグロ、タイを開発するUmami Meatsが約2.7億円を調達

写真はイメージ画像ウナギ、マグロなどの培養シーフードを開発するシンガポー…

培養ウナギ肉の開発に取り組む北里大学・池田大介准教授にインタビュー

写真はイメージ画像日本で江戸時代から食されてきたウナギは絶滅危惧種に指定…

独Nosh Biofoodsが赤身肉のようなマイコプロテインの開発でGinkgo Bioworksと提携

代替肉用に菌類由来の機能性成分を開発するドイツ企業Nosh Biofoods(以…

【現地レポ】シンガポールで培養ウズラ肉を実食|Vowの「Forged Parfait」

オーストラリア企業Vowがシンガポール食品庁(SFA)から培養肉の販売認可を得た…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/23 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/22 21:46時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/23 01:24時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/23 18:21時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/23 11:04時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/23 21:18時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP