Foovo Deep

精密発酵プラットフォーマーのLiberation Labsが約26億円を調達、米国に60万リットル規模の施設建設へ

 

代替タンパク質を大量生産するための精密発酵プラットフォームを開発するLiberation Labsは先月、シードラウンドで2000万ドル(約26億円)を調達した。

ラウンドは多くの細胞農業企業に出資するベンチャーキャピタルAgronomicsSiddhi Capitalが主導し、CPT CapitalThia Ventures8090 Industriesなどが参加した。

Liberation Labsは調達した資金を、最初の商業規模の工場を建設するためのサイトの調達と開発にあてる。専用の下流プロセスを備えた同施設の発酵能力は60万リットルになるという。

精密発酵プラットフォーマーのLiberation Labsが米国に60万リットル規模の施設建設へ

出典:Liberation Labs

Liberation Labsはグローバルな専用の精密発酵施設を建設することで、精密発酵による代替タンパク質生産のスケールアップを目指している。

Liberation Labsの施設は、費用対効果が高い新規タンパク質を高収量で生産するよう専門的に設計されている。同社発酵施設は、代替タンパク質市場の80%以上に適合し、長期的に競争力があると同社が考える主要なグローバル拠点に設置される。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Liberation Labs

 

関連記事

  1. 米イート・ジャスト、年内または2022年に30億ドルのIPOを目…
  2. 培養魚のBlueNalu(ブルーナル)がヨーロッパ進出へ向け冷凍…
  3. タイソンが出資するNew Wave Foodsが代替エビをアメリ…
  4. 穀物の腐敗検知・予測センサーのTeleSenseが約10億円を資…
  5. スペインNovameatが3Dプリンター製培養肉の試作品を発表
  6. チーズ大手のベル、精密発酵企業Standing Ovationと…
  7. 米イート・ジャスト、新しい培養鶏肉製品で再びシンガポール当局の販…
  8. タバコ植物で培養肉のコスト削減を目指すBioBetterが約14…

おすすめ記事

まだ食べられる食品を定期宅配するImperfect Foodsが約99億円を調達

アメリカ農務省(USDA)によると、アメリカでは供給される食料の30-40%が廃…

カンガルーの培養肉を開発するオーストラリア企業Vow、食の変革に挑む

培養肉といえば、牛、豚、鶏、魚を思い浮かべることが多いが、オーストラリアのフード…

微生物でタンパク質を作るNature’s Fyndが約46億円を資金調達、2021年に製品化へ

このニュースのポイント●Nature’s Fyn…

培養肉企業MeaTechが約100グラムの3Dプリントされた培養ステーキ肉の生産に成功

イスラエルの培養肉企業MeaTechは今月、バイオ3Dプリンターを用いて104グ…

韓国LOUNGE’LABがロボットアイスクリームショップBrown Banaをソウルにオープン

AI、ロボット、ブロックチェーンを活用する韓国のスタートアップLOUNGE'LA…

えんどう豆由来の代替ミルクを開発するSproudが約6.8億円を調達

えんどう豆を主原料に代替ミルクを開発するSproudが480万ポンド(約6億8千…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(01/29 17:00時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/29 20:35時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(01/29 14:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(01/30 06:55時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(01/29 16:38時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP