代替プロテイン

精密発酵でカゼインを開発するMuu、韓国のロッテ精密化学とMOUを締結

 

精密発酵によるカゼイン開発に取り組むタイのMuuは今月、韓国の大手化学メーカーロッテ精密化学(Lotte Fine Chemical)と基本合意書(MOU)を締結したことを発表した

Muuは昨年10月、静岡県牧之原市が開催したコンテストで受賞しており、日本国内でのパートナーシップも模索している。

タイの精密発酵企業Muu、ロッテ精密化学をMOUを締結

出典:Muu

2021年にタイに設立されたMuuは動物を犠牲にすることなく、畜産による環境負荷を軽減するため、精密発酵により本物と同等の乳タンパク質を開発している。

乳タンパク質は大きくホエイ、カゼインに分類されるが、Muuはホエイではなく、乳タンパク質の大部分を占めるカゼインを開発対象に選んだ

ロッテ精密化学とのMOU締結についてMuuは、「当社にとって新たなマイルストーンであり、ロッテ精密化学が私たちのビジョンを共有してくれたことを大変嬉しく思います」とコメントしている。

ロッテ精密化学は、タイ初のフードテックに特化したアクセラレータープログラムSPACE-Fにタイの国家イノベーション庁(NIA)、ネスレ、タイ・ユニオン、タイ・ビバレッジなどと共に協力している

SPACE-FのプログラムにはFoovoが取り上げた企業の多くも参加しており、MuuはSPACE-Fの2022年のインキュベーターコホートに参加していた

日本でも乳業メーカー、飲料メーカーとの提携を模索

創業者Chanapol Tantakosol氏 出典:Muu

Muuの創業者Chanapol Tantakosol氏は昨年開催されたシンガポールのAgri-Food Tech Expo Asia 2023で、試作品を開発済みで、タイ・ユニオンタイ・ビバレッジと試飲会を開催していることを発表した。また、アジアのチョコレートメーカー、乳業メーカー、コーヒーメーカーなどと提携しているとFoovoに述べていた

同社は日本市場への参入も検討している。静岡県牧之原市が昨年秋に開催した「第2回牧之原市チャレンジビジネスコンテストまきチャレ2023)」でMuuは静岡銀行賞を受賞

Startup Logの報道によると、Muuは代替乳製品に配合する成分として乳タンパク質粉末をB2B供給することを目指しており、広く認知された乳業メーカー、飲料メーカーなどのパートナーを探している。Tantakosol氏はまきチャレを通じて伊藤園とのつながりができたことにも言及している。

MuuはこれまでにFI Asiaによるコンペ「Start-up Innovative F&B Products Competition 2023」で2位を受賞したほか、世界50カ国の参加者からForward Foodingが500社を選ぶ2023 FoodTech 500の1社に選出されている

2027年までにASEANの食品生産ハブを目指すタイ

創業者Chanapol Tantakosol氏 Foovo(佐藤)撮影 2023年11月 シンガポールにて

タイ政府は新たな育成の対象となる産業を「新Sカーブ産業」とし、5分野を指定している。その1つがFuture Food未来の食)だ。タイは2027年までにASEANの食品生産ハブとなり、食品輸出で世界10位にランクインすることを目指している。こうした政府の動きはMuuにとって追い風となる。

Foovoの調査では、Muuは食品用途のタンパク質を開発するタイで唯一の精密発酵企業となるが、新Sカーブ政策を受けて、タイではバイオものづくりの生産拡大に向けた動きも確認されている。

昨年10月、精密発酵用の代替炭素源などを開発するFermbox BioBBGIと提携し、タイと東南アジアに最先端の精密発酵施設を設立するため、合弁事業契約を締結した。長期的には最大100万Lの容量を目指している。初期段階では酵素を生産し、他のカテゴリにも拡大していくとしている

 

参考記事

Muu LinkedIn

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Muu

 

関連記事

  1. タイソンフーズが出資するFuture Meatが培養鶏肉のコスト…
  2. えんどう豆由来の代替ミルクを開発するSproudが約6.8億円を…
  3. 米Aqua Cultured Foodsがギンコバイオワークスと…
  4. ドイツの培養脂肪Cultimate Foodsが約1億円を調達、…
  5. 精密発酵プラットフォーマーのLiberation Labsが約2…
  6. イスラエルのYO-Eggが黄身と白身に分かれた代替卵を開発
  7. 米パーフェクトデイ、インドで精密発酵タンパク質の認可を取得、イン…
  8. Steakholder Foodsが世界初のバイオ3Dプリンター…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

キッチンカーで植物肉を広めたい|学生団体Planmeetがクラウドファインディングをスタート

植物肉という食の選択肢を広げるために、早稲田大学などの学生による学生団体Plan…

精密発酵でアニマルフリーなチーズを開発する独Formoが約55億円を調達

微生物発酵でアニマルフリーなチーズを開発するドイツ企業FormoがシリーズAで5…

農家に植物の「内なる声」を伝えるInnerPlantが約6.2億円を調達、植物のSOSを事前にキャッチ

自らSOSを発する「センサー植物」を開発するInnerPlantがプレシード、シ…

卵黄・卵白に分かれた植物ベースの全卵を開発するFloat Foodsが約1億8000万円を調達

シンガポールを拠点とするフードテック企業Float Foodsが、シードラウンド…

スペイン政府がBioTech Foodsの主導する培養肉プロジェクトに約6億5千万円を出資

スペインの培養肉スタートアップBioTech Foodsはスペイン政府から520…

タバコ植物で成長因子を開発するBioBetterがパイロット工場を開設

培養肉の製造に必要な成長因子を低コストで開発するBioBetterは今月、食品グ…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,760円(07/14 13:03時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(07/14 22:28時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/15 02:14時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/14 18:57時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(07/14 11:31時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/14 21:54時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP