3Dプリンター

イスラエルの培養肉企業MeaTechが世界で初めてNasdaq市場に上場

 

イスラエルの培養肉企業MeaTech(Nasdaq:MITC)がNasdaq市場に上場し、新規公開(IPO)により2200万ドル(約23億円)を調達した。

MeaTechは世界で最初にNasdaq市場に上場した培養肉企業となる。

MeaTechは3Dプリンティング技術を活用して培養肉を開発するイスラエル企業。

2018年に設立された同社は、分化した幹細胞、足場を積層させて「培養肉」と呼ばれる3次元構造を作成する独自のバイオ3Dプリンターを開発している。

イメージ 出典:MeaTech

2020年12月にはバイオ3Dプリンターによる10mmの牛脂の作製に成功していた。

同月にはベルギーの培養脂肪スタートアップPeace of Meatを買収。今回の資金で、他社の買収計画も含め、培養肉の商用化に向けた開発をさらに進める。

同社は2019年にテルアビブ証券取引所に上場し、世界で最初に上場した培養肉企業となっていたが、Nasdaq上場により、米国で上場した最初の培養肉企業となる。

3Dプリンティングのイメージ 出典:MeaTech

MeaTechはバイオリアクターで細胞を筋肉細胞、脂肪細胞へ分化させたものを独自の足場材料と合わせて「フードインク」とする。

次いで、バイオ3Dプリンターでフードインクを本物の肉構造のように積層させる。最後に、3Dプリントされた構造物をインキュベーターに設置して成熟させて組織を形成させる。

イメージ 出典:MeaTech

こうして、動物肉を生産するよりもはるかに短い時間で、本物の肉が生成される

現時点では同社は、自社ブランドの構築よりも、培養肉の工業的な量産を照準に据えている。

3Dプリンティングを組み合わせた培養肉製造プロセスで他社とライセンス契約を結び、他社が培養肉を作れるようサポートしたいと考えている。

CEOを務めるSharon Fima氏は3Dプリンター用の微小工学インクを開発するナノ・ディメンションの共同創業者であり、CTOを務めていた人物で、複雑なデスクトップ型の3Dプリンターを開発した経験を持つ。

工場のイメージ 出典:MeaTech

5年以内に培養肉が畜産肉と同等価格になるとみる見解もあれば、2030年までに畜産肉と同等価格になると予想する研究もあり、培養肉の大衆化にはさまざまな議論があるが、実現のタイムラインはおおむね10年以内と予想されている。

現在の食品が工場で効率的に生産されるように、培養肉も手法が確立されたのちは生産の場は実験室ではなく、工場になる。

従来の畜産肉と比較して、使用する土地、水ははるかに少なくすむほか、培養肉の生産では排出される温室効果ガスを92%減らせることが報告されている。

商品イメージ 出典:MeaTech

動物に与える飼料を栽培することも不要になるため、現在、家畜の飼育に使用されている農業用地の大部分を別の用途に使用できるようになる。

集約畜産や、感染症による大量の殺処分という現状を変える選択肢になり、培養肉がもたらすメリットは計り知れない。

2020年12月にはアメリカのイート・ジャストが世界に先駆けてシンガポールで培養肉の販売許可を取得した。

2021年になってから2ヵ月の間にすでに11社の培養肉企業が出資を受けており、今回のMea Techの上場ニュースは培養肉業界全体に追い風となるだろう。

 

参考記事

Israeli cultured meat co MeaTech raises $22m on Nasdaq

 

関連記事

 

アイキャッチ画像の出典:MeaTech

 

関連記事

  1. 米New Cultureが精密発酵カゼインによるモッツァレラ試食…
  2. Sophie’s BioNutrientsがクロレラ…
  3. 微生物発酵CDMOのスイス企業Planetaryがコニカミノルタ…
  4. Juicy Marblesが植物由来の骨付きリブ肉の開発に成功、…
  5. オーストラリアのCauldronが約9.3億円を調達、「より小さ…
  6. 韓国企業Zikooinは廃棄される穀物を使って代替肉Unlime…
  7. 米Thrilling Foods、層状の脂肪を含んだビーガンベー…
  8. ドイツのBluu Seafoodが欧州で初めて培養魚製品を発表、…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

シンガポール・イスラーム評議会、特定条件下で培養肉をハラールと認定

シンガポールで唯一、ハラール認証を発行する権限を有するシンガポール・イスラーム評…

CO2を原料にタンパク質開発する米NovoNutrients、カロテノイド生産のスケールアップへ

二酸化炭素、水素、微生物を活用して持続可能なタンパク質を開発する米NovoNut…

オーストラリアのVow、南半球最大の培養肉工場をオープン

オーストラリアの培養肉スタートアップVowは、年間30トンの培養肉を生産できる同…

微細藻類で代替シーフード市場を目指すカナダのSmallfood

カナダ企業Smallfoodは独自の微細藻類株とバイオマス発酵プロセスにより、わ…

BlueNaluがアジアへの培養魚販売に向けて三菱商事、タイ・ユニオンと提携

培養魚を開発するアメリカ企業BlueNalu(ブルーナル)が、三菱商事、アジアの…

米MeliBioが欧州進出を拡大、植物性ハチミツをスイスとオーストリアで発売

米MeliBioが開発した植物性のビーガンハチミツが、イギリスでの発売に続き、ス…

Foovoの記事作成方針に関しまして

培養魚企業レポート・予約注文開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(02/28 11:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/28 20:51時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/29 00:19時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/28 17:39時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/28 10:26時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(02/28 20:23時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP