3Dプリンター

イスラエルの培養肉企業MeaTechが世界で初めてNasdaq市場に上場

>> <<

 

イスラエルの培養肉企業MeaTech(Nasdaq:MITC)がNasdaq市場に上場し、新規公開(IPO)により2200万ドル(約23億円)を調達した。

MeaTechは世界で最初にNasdaq市場に上場した培養肉企業となる。

MeaTechは3Dプリンティング技術を活用して培養肉を開発するイスラエル企業。

2018年に設立された同社は、分化した幹細胞、足場を積層させて「培養肉」と呼ばれる3次元構造を作成する独自のバイオ3Dプリンターを開発している。

イメージ 出典:MeaTech

2020年12月にはバイオ3Dプリンターによる10mmの牛脂の作製に成功していた。

同月にはベルギーの培養脂肪スタートアップPeace of Meatを買収。今回の資金で、他社の買収計画も含め、培養肉の商用化に向けた開発をさらに進める。

同社は2019年にテルアビブ証券取引所に上場し、世界で最初に上場した培養肉企業となっていたが、Nasdaq上場により、米国で上場した最初の培養肉企業となる。

3Dプリンティングのイメージ 出典:MeaTech

MeaTechはバイオリアクターで細胞を筋肉細胞、脂肪細胞へ分化させたものを独自の足場材料と合わせて「フードインク」とする。

次いで、バイオ3Dプリンターでフードインクを本物の肉構造のように積層させる。最後に、3Dプリントされた構造物をインキュベーターに設置して成熟させて組織を形成させる。

イメージ 出典:MeaTech

こうして、動物肉を生産するよりもはるかに短い時間で、本物の肉が生成される

現時点では同社は、自社ブランドの構築よりも、培養肉の工業的な量産を照準に据えている。

3Dプリンティングを組み合わせた培養肉製造プロセスで他社とライセンス契約を結び、他社が培養肉を作れるようサポートしたいと考えている。

CEOを務めるSharon Fima氏は3Dプリンター用の微小工学インクを開発するナノ・ディメンションの共同創業者であり、CTOを務めていた人物で、複雑なデスクトップ型の3Dプリンターを開発した経験を持つ。

工場のイメージ 出典:MeaTech

5年以内に培養肉が畜産肉と同等価格になるとみる見解もあれば、2030年までに畜産肉と同等価格になると予想する研究もあり、培養肉の大衆化にはさまざまな議論があるが、実現のタイムラインはおおむね10年以内と予想されている。

現在の食品が工場で効率的に生産されるように、培養肉も手法が確立されたのちは生産の場は実験室ではなく、工場になる。

従来の畜産肉と比較して、使用する土地、水ははるかに少なくすむほか、培養肉の生産では排出される温室効果ガスを92%減らせることが報告されている。

商品イメージ 出典:MeaTech

動物に与える飼料を栽培することも不要になるため、現在、家畜の飼育に使用されている農業用地の大部分を別の用途に使用できるようになる。

集約畜産や、感染症による大量の殺処分という現状を変える選択肢になり、培養肉がもたらすメリットは計り知れない。

2020年12月にはアメリカのイート・ジャストが世界に先駆けてシンガポールで培養肉の販売許可を取得した。

2021年になってから2ヵ月の間にすでに11社の培養肉企業が出資を受けており、今回のMea Techの上場ニュースは培養肉業界全体に追い風となるだろう。

 

参考記事

Israeli cultured meat co MeaTech raises $22m on Nasdaq

 

関連記事

 

アイキャッチ画像の出典:MeaTech

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. Redefine Meatが3Dプリント肉を2021年前半に販売…
  2. 植物食品のゲームチェンジ:Motif FoodWorksが植物性…
  3. イスラエルのYO-Eggが黄身と白身に分かれた代替卵を開発
  4. イート・ジャスト(Eat Just)の培養肉が世界で初めてシンガ…
  5. 中国の植物肉ブランドHey Maetが資金調達に成功、中国全土へ…
  6. アイスランドORF Geneticsが大麦由来の低コスト成長因子…
  7. 代替肉ビヨンドミートが初の海外工場となる中国生産施設をオープン
  8. イスラエルの培養肉Future Meatが世界初の培養肉生産施設…

おすすめ記事

エリンギ由来のジャーキーを作るハワイ発のMoku Foods

ハワイを拠点とするスタートアップ企業Moku Foodsは植物性ジャーキーを発売…

バイオミメティクスに着想を得た代替肉企業Plantedが約19億円を調達

スイスの代替肉企業Plantedが今月、シリーズAラウンドで1700万フラン(1…

ビヨンドミートが欧州での小売展開を拡大

ビヨンドミートが欧州全土での小売展開の拡大を発表した。同社はこの春、欧州…

インドネシア企業Mycotech Labが開発した動物を犠牲にしないキノコ由来の皮革Myleaとは

インドネシアにはテンペという伝統食品がある。テンペは日本の納豆のように大…

オーストラリアの培養羊肉企業Magic Valley、アニマルフリーな「骨付きラムチョップ」の開発も視野に

現在、世界には60社ほどの培養肉企業があるが、スタートアップの多くは、牛肉、豚肉…

サムスンがIoTアプリに買い物機能を備えた「SmartThings Cooking」を追加、シームレスな料理を追求

サムスンはCES2021でレシピ検索から買い物機能まで備えたSmartThing…

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/30 13:52時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/31 07:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(07/30 18:09時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています

Foovoによる【今月のピックアップ本】

ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

鈴木健吾
1,650円(07/31 07:57時点)
発売日: 2021/04/16
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP