Foovo Deep

Those Vegan Cowboysが精密発酵で作成されたチーズを発表

 

オランダの植物肉ブランドThe Vegetarian Butcherからスピンオフしたベルギー企業Those Vegan Cowboysは、精密発酵によるカゼインタンパク質を使用して作られたチーズを発表した

2018年にユニリーバに買収されたThe Vegetarian Butcherを創業後、Jaap Korteweg氏Niko Koffeman氏は、牛の代わりに微生物で作られたチーズ、ミルクなどの乳製品に着目し、2020年にThose Vegan Cowboysを立ち上げた。

Those Vegan Cowboysが精密発酵で作成されたチーズを発表

出典:Those Vegan Cowboys

Those Vegan Cowboysは今月、精密発酵で作成した牛由来と同等のカゼインタンパク質を使用した初のチーズを発表した。精密発酵は微生物を活用して乳タンパク質など特定の成分をボトムアップ式に生成する技術となる。

1970年代のヒトインスリン製剤のブレイクスルーに始まり、2020年以降は食品業界での研究開発が急速に進められている。今月には、食品大手のネスレも、精密発酵による乳タンパク質を使用したミルク製品の試験販売を開始するなど、大手企業の参入も相次いでいる分野となる。

精密発酵により、従来の乳製品の味、食感を再現したチーズなど、より持続可能で倫理的な乳製品を、牛に頼ることなく生産できるようになった。

1年前はチームの大半が懐疑的だった

出典:Those Vegan Cowboys

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Those Vegan Cowboys

 

関連記事

  1. スイスのフードテック企業Plantedが世界初の植物性ケバブを開…
  2. ヘンプシードとかぼちゃの種から生まれた植物性チーズ: Seedu…
  3. ケーキも作れる代替卵のスタートアップZero Eggが約5億2千…
  4. Space Fが韓国初の培養鶏肉と牛肉、そして培養豚肉プロトタイ…
  5. ビヨンドミートの新商品ソーセージ、10月から全米の食料品店で販売…
  6. 菌糸体からステーキ肉を開発するMeati Foodsが約55億円…
  7. オランダ政府が細胞農業に約82億円の出資を発表、国の成長計画とし…
  8. 微生物発酵でシーフードを開発するAqua Cultured Fo…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

独自ヘムを開発する豪代替肉v2foodが約58億円を調達、中国・欧州進出を目指す

オーストラリアの主要代替肉プレーヤーv2foodがシリーズBで7200万豪ドル(…

植物性の全卵を開発するYo Eggが米国進出を実現、ビーガン落とし卵をレストランで発売

イスラエルの代替卵企業Yo Eggが今月、アメリカ進出を実現した。ひよこ…

米Algae Cooking Club、微細藻類由来の食用油を発売

アメリカのスタートアップ企業Algae Cooking Clubは先月、微細藻類…

インポッシブルフーズが植物性ソーセージを小売で販売開始

アメリカの代替肉企業インポッシブルフーズが、新たにインポッシブル・ソーセージを小…

イスラエル・イノベーション庁が精密発酵の施設設立へ

イスラエル・イノベーション庁(IIA)は、精密発酵で代替タンパク質を開発するため…

タバコ植物で培養肉のコスト削減を目指すBioBetterが約14億円を調達

タバコ植物を活用して培養肉の生産コスト削減を目指すBioBetterがシリーズA…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/21 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/20 21:44時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/21 01:22時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/21 18:20時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/21 11:03時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/20 21:17時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP