Foovo Deep

Those Vegan Cowboysが精密発酵で作成されたチーズを発表

 

オランダの植物肉ブランドThe Vegetarian Butcherからスピンオフしたベルギー企業Those Vegan Cowboysは、精密発酵によるカゼインタンパク質を使用して作られたチーズを発表した

2018年にユニリーバに買収されたThe Vegetarian Butcherを創業後、Jaap Korteweg氏Niko Koffeman氏は、牛の代わりに微生物で作られたチーズ、ミルクなどの乳製品に着目し、2020年にThose Vegan Cowboysを立ち上げた。

Those Vegan Cowboysが精密発酵で作成されたチーズを発表

出典:Those Vegan Cowboys

Those Vegan Cowboysは今月、精密発酵で作成した牛由来と同等のカゼインタンパク質を使用した初のチーズを発表した。精密発酵は微生物を活用して乳タンパク質など特定の成分をボトムアップ式に生成する技術となる。

1970年代のヒトインスリン製剤のブレイクスルーに始まり、2020年以降は食品業界での研究開発が急速に進められている。今月には、食品大手のネスレも、精密発酵による乳タンパク質を使用したミルク製品の試験販売を開始するなど、大手企業の参入も相次いでいる分野となる。

精密発酵により、従来の乳製品の味、食感を再現したチーズなど、より持続可能で倫理的な乳製品を、牛に頼ることなく生産できるようになった。

1年前はチームの大半が懐疑的だった

出典:Those Vegan Cowboys

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Those Vegan Cowboys

 

関連記事

  1. 培養シーフードを開発するShiok Meatsが資金調達、シンガ…
  2. 世界初|スペインの乳製品メーカー、細胞農業による乳製品開発を支援…
  3. イスラエル企業Remilk、アメリカで精密発酵乳タンパク質の認可…
  4. CSIROが支援するEden Brewが約6.4億円を調達、精密…
  5. 2020年の代替タンパク質投資額は31億ドルとGFIが報告、過去…
  6. インドの代替卵企業Evo Foodsが約8900万円を調達
  7. タイソンが出資するNew Wave Foodsが代替エビをアメリ…
  8. SavorEatがパーソナライズ化された3Dプリント植物肉バーガ…

おすすめ記事

Aqua Cultured Foodsが微生物発酵による代替イカを今年後半に発売

シカゴを拠点とするフードテック企業Aqua Cultured Foods(アクア…

Evigence Sensorsが約23億円を調達、食品鮮度をリアルタイムに測定するセンサーシールの商用化を拡大

イスラエル・アメリカを拠点に、リアルタイムの食品鮮度検知センサーを開発するEvi…

イスラエル大手食品会社Tnuva、代替タンパク質特化のR&Dセンター設立へ

イスラエル大手食品会社Tnuva(ツヌバ)は代替タンパク質分野の取り組みを強化す…

ニューヨーク発・シェフと消費者をつなぐCookUnity|パーソナライズされた定期デリバリー

コロナウイルスの発生で、外食の機会が減り、ウーバーイーツなどデリバリーを取る機会…

代替肉はなぜ必要なのか?代替肉の必要性、分類、現状をわかりやすく解説

ベジタリアン、ヴィーガンでないなら代替肉は必要ないのでは? 日本は…

Joes Future Foodが中国初の培養豚バラ肉を発表、中国政府も細胞農業を重視

中国の培養肉企業Joes Future Foodは先日、南京国立農業ハイテク産業…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(01/29 17:00時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/29 20:35時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(01/29 14:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(01/30 06:55時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(01/29 16:38時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP