代替プロテイン

スイスのフードテック企業Plantedが世界初の植物性ケバブを開発

スイスのフードテック企業Plantedは世界初となる植物性ケバブを開発した。

同社は先端テクノロジーを駆使することで、4つの天然素材を動物肉にそっくりな風味、口当たり、歯ごたえのある植物肉へと変えた。

今回開発された植物性ケバブ「planted.kebab」も同様に、ピープロテイン(えんどう豆のタンパク質)、ピーファイバー(えんどう豆の食物繊維)、水、なたね油の4つの天然素材で作られている。保存料・添加物は一切使っていない。従来のケバブと食感、口当たりがそっくりなうえ、「クリーン」な食品だ。

Plantedは2019年に設立したばかりのフードテックスタートアップだ。設立からわずか1年で従業員が25名増え、6回目の資金調達額は500万ユーロ(6億2800万円)に達している。

植物性ケバブ「planted.kebab」は同社3つ目の製品となり、これまでのplanted.chicken(下記画像)は同社ホームページより販売されている。

出典:Planted

今回開発された植物性ケバブは、使用する素材種類がもっとも少ない植物肉となると考えられる。

 

参考記事:Swiss foodtech startup Planted develops one of the world’s first vegan kebab skewers

アイキャッチ画像の出典:Planted

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. The Every Company、アニマルフリーな卵白タンパク…
  2. スピルリナ由来の代替肉、スナックバーを開発するインド企業Naka…
  3. ドイツのAlife Foodsがアニマルフリー培養培地を用いて培…
  4. Gelatex、年間300トンの培養肉生産を可能とする足場生産の…
  5. KFCがシンガポールで植物肉バーガーの販売を期間限定でスタート
  6. 微生物、空気、電気を使ってタンパク質を開発するSolar Foo…
  7. 中国の培養肉スタートアップ南京周子未来食品が約3億円を資金調達
  8. バイオ3Dプリンターで代替肉を開発するスペイン企業Cocuusが…

おすすめ記事

Pairwiseがゲノム編集野菜を上市するためConscious Foods立ち上げを発表

ゲノム編集技術を活用して農産物を開発するアメリカのPairwise(ペアワイズ)…

Evo Foodsとギンコ・バイオワークス、アニマルフリーな卵タンパク質の開発で提携

海外では動物に頼らずに食品成分を作る手法として、精密発酵が人気の手法になりつつあ…

ネクストミーツが代替肉でアメリカ市場に本格進出、代替ミルクの国内D2Cもスタート

日本のフードテック企業ネクストミーツがアメリカに本格進出する。同社は焼肉…

イート・ジャストがシンガポールにアジア初の生産拠点を建設、培養肉の協業も

植物性代替卵のイート・ジャストがアジア進出拡大に乗り出した。投資機関Pr…

イート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatが約184億円を調達

アメリカ企業イート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatが1億7000万ドル(…

バイオテック企業が培養ペットフードを開発するGood Dog Foodを設立

スコットランドのリーディングバイオテック企業Roslin Technologie…

精密発酵レポート販売のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/03 18:34時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/03 12:14時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(07/03 23:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/03 14:35時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP