代替プロテイン

スイスのフードテック企業Plantedが世界初の植物性ケバブを開発

スポンサーリンク

スイスのフードテック企業Plantedは世界初となる植物性ケバブを開発した。

同社は先端テクノロジーを駆使することで、4つの天然素材を動物肉にそっくりな風味、口当たり、歯ごたえのある植物肉へと変えた。

今回開発された植物性ケバブ「planted.kebab」も同様に、ピープロテイン(えんどう豆のタンパク質)、ピーファイバー(えんどう豆の食物繊維)、水、なたね油の4つの天然素材で作られている。保存料・添加物は一切使っていない。従来のケバブと食感、口当たりがそっくりなうえ、「クリーン」な食品だ。

Plantedは2019年に設立したばかりのフードテックスタートアップだ。設立からわずか1年で従業員が25名増え、6回目の資金調達額は500万ユーロ(6億2800万円)に達している。

植物性ケバブ「planted.kebab」は同社3つ目の製品となり、これまでのplanted.chicken(下記画像)は同社ホームページより販売されている。

出典:Planted

今回開発された植物性ケバブは、使用する素材種類がもっとも少ない植物肉となると考えられる。

 

参考記事:Swiss foodtech startup Planted develops one of the world’s first vegan kebab skewers

アイキャッチ画像の出典:Planted

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 中国発の植物代替肉スタートアップHero Proteinが登場!…
  2. ひよこ豆由来のタンパク質を開発するInnovoProが約3億円を…
  3. ビヨンドミートの新商品ソーセージ、10月から全米の食料品店で販売…
  4. 香港グリーンマンデーがマクドナルドと提携、全店舗で植物肉メニュー…
  5. ケーキも作れる代替卵のスタートアップZero Eggが約5億2千…
  6. インポッシブルフーズが開発中の代替ミルクを発表、2021年に研究…
  7. 香港培養肉スタートアップのAvant Meatsが培養魚の切り身…
  8. 香港グリーン・マンデーが約73億円の資金調達に成功、年内に広東に…

おすすめ記事

バイオ3Dプリンターで植物性代替サーモンを開発するLegendary Vish

このニュースのポイント●オーストリアのLegen…

香港IXON社が肉を2年間常温保存できるASAP技術を開発

香港のスタートアップIXON Food Technologyは画期的な食品保存方…

インポッシブルフーズが香港・シンガポールの食料品店で販売を開始、アジア進出を加速

インポッシブルフーズの植物性代替肉がアジアのスーパーに登場した。19日、香港とシンガポールの…

Apeel Sciencesが約31億円を資金調達、小規模農家の市場アクセス改善を本格支援

このニュースのポイントApeel Science…

インドNymbleの料理ロボットJulia(ジュリア)がSKS2020に初登場!

スマートキッチンサミット2020には10社のスタートアップが登場した。そ…

チリのフードテックNotCoが約89億円の資金調達に成功、米国進出を目指す

チリのフードテックスタートアップのNotCoは、新たに約89億円の資金調達に成功…

Apeel Sciences、鮮度を保てるプラスチックフリーなキュウリ、ウォルマートで販売開始|食品ロス問題の解決に

食品ロス問題に取り組む米スタートアップのApeel Sciencesは、Houwelingグループと…

ミツバチを使わない「本物のハチミツ」を開発する米MeliBio

牛を使わない牛乳、鳥を使わないのチキン、牛を使わないステーキ、魚を使わない寿司・・・・ときたら、次は…

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP