Foovo Deep

「発酵」で免疫力のある代替母乳の開発に挑むアメリカ企業Helaina

>> <<

 

代替タンパク質の領域では、微生物を活用してタンパク質を作る精密発酵と呼ばれる技術に注目が集まっている。

精密発酵は、微生物に動物と同じタンパク質を作るよう「プログラム」し、目的のタンパク質を作らせるもの。代表的な企業には、パーフェクトデイのアイスクリームがあり、アメリカ、香港などで市販化されている。

精密発酵で代替タンパク質を開発する企業の大部分は、牛乳、チーズ、アイスクリームなどの乳製品だが、新たな領域に挑戦する企業が登場した。

ニューヨークを拠点とするHelainaは、精密発酵により母乳の開発を目指している。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. Nature’s Fyndの微生物発酵によるタンパク質「Fy」が…
  2. MeaTechが低コストな培養脂肪の生産方法で米国仮出願を提出
  3. 菌糸体から代替肉を作るMeati Foodsが約29億円を資金調…
  4. 微生物でタンパク質を作るNature’s Fyndが約46億円を…
  5. ビヨンドミートが代替ミルクにも参入か?ビヨンドミルクの商標を出願…
  6. Esco Asterが培養肉の製造承認をシンガポールで取得
  7. キッチンカーで植物肉を広めたい|学生団体Planmeetがクラウ…
  8. ネスレがヴィーガンキットカットの販売を欧州で開始!

おすすめ記事

培養肉はどんな産業を生み出すのか?|SKSJ2020参加レポート

培養肉が社会・環境にもたらすインパクトは大きい。動物を殺さずに肉を作れる…

ネスレがFuture Meatと協業して培養肉参入に向けて準備

ネスレが培養肉事業に参入する準備を進めている。ネスレが培養肉と植物肉をブ…

3Dプリンター肉のSavorEatが代替卵に特化したスタートアップEgg’n’upを設立

3Dプリンター肉を開発するイスラエル企業SavorEatが、代替卵に特化した新し…

じゃがいもを原料に代替チーズソースを開発したLoca Foodとは

現在、プラントベースの代替チーズの原料は、カシュー、アーモンド、ココナッツ、大豆…

インポッシブルフーズが植物性ソーセージを小売で販売開始

アメリカの代替肉企業インポッシブルフーズが、新たにインポッシブル・ソーセージを小…

バイオ3Dプリンターで植物性代替サーモンを開発するLegendary Vish

このニュースのポイント●オーストリアのLegen…

Foovoレポート好評販売中

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(09/28 14:52時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(09/29 08:41時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(09/28 19:25時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP