Foovo Deep

AIエンジンで代替タンパク質を開発するThe Live Green Coが精密発酵に参入

 

独自のAIレコメンドエンジン「Charaka」を活用し、動物由来原料や高度に加工された添加物に代わる、クリーンな植物由来成分を開発する米The Live Green Coが新たに精密発酵部門を設立したことを発表した。

The Live Green Coはアメリカ、インド、チリ、シンガポールで事業を展開しており、このほどインドに精密発酵部門を設立した。

Foodnavigatorの報道によると、新部門は研究者のArchana Nagarajan氏が立ち上げ、現在は、精密発酵企業パーフェクトデイの元主任研究員であるKavish Kumar jain博士が率いているという。

AIエンジンで代替タンパク質を開発するThe Live Green Coが精密発酵に参入

出典:The Live Green Co

The Live Green Coは、精密発酵に参入する主な理由として、自然界には約45万の植物があるが調査されているものはわずか1-2%であること、同社AIエンジン「Charaka」が推奨する植物の大部分は商用的な形で入手するのが難しく、精密発酵であればスケーラブルな方法で合成可能であることを挙げている。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:The Live Green Co

 

関連記事

  1. Fooditiveが精密発酵による代替ハチミツ開発を発表
  2. 培養肉モサミートが培養脂肪用培地の大幅コストダウンに成功
  3. 細胞培養ソーセージを開発するNew Age Meatsが約28億…
  4. アニマルフリーな乳製品を開発する英Better Dairyが約2…
  5. 米イート・ジャスト、年内または2022年に30億ドルのIPOを目…
  6. 代替ハチミツの米MeliBioが約6.7億円を調達、今春より生産…
  7. 香港グリーン・マンデーが約73億円の資金調達に成功、年内に広東に…
  8. スーパーミート、来年アメリカに培養肉工場建設を計画

おすすめ記事

精密発酵で脂肪を開発するNourish Ingredientsが約39億円を調達

精密発酵で脂肪を開発するオーストラリア企業Nourish Ingredients…

Moleyが自動調理ロボット「モーレイ・ロボット・キッチン」の販売を開始

調理ロボットを製造するイギリスのモーレイロボティックス(Moley Roboti…

CellMeatは自社開発したウシ胎児血清フリーの培地を用いて細胞培養による独島エビのプロトタイプを開発

韓国のCellMeatは細胞培養用のウシ胎児血清(FBS)フリー培地を開発し、こ…

ネスレが精密発酵によるミルク「Cowabunga」の試験販売を開始

ネスレは今月、精密発酵企業パーフェクトデイの乳タンパク質を使用したミルク製品「C…

オレオゲルで植物肉用の代替脂肪を開発するParagon Pureが約5.5億円を調達

アメリカ、ニュージャージー州を拠点とするParagon Pureは植物肉の味・風…

ネスレ、アニマルフリーな乳製品開発で精密発酵スタートアップと提携

ネスレが精密発酵市場に参入する。ネスレは12日、精密発酵により乳タンパク…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(01/29 17:00時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/29 20:35時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(01/29 14:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(01/30 06:55時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(01/29 16:38時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP