Foovo Deep

分子農業パイオニアの英Moolec Science、SPAC経由の上場を計画

 

植物を活用して動物由来と同等のタンパク質を開発するイギリスの分子農業スタートアップMoolec Scienceは15日、特別買収目的会社(SPAC)との合併を通じて上場することを発表した。

同社は2020年に設立したLightJump Acquisition Corpと正式な企業結合契約を締結した。合併取引は2022年後半に完了する予定で、完了次第、「MLEC」としてナスダック上場する。プロフォーマ株式価値は5億400万ドル(約680億円)となり、合併後の新会社は1億3800万ドル(約185億円)を調達する見込みとなる

これにより、Moolec Scienceが分子農業のスタートアップ企業でナスダック上場する最初の企業となる可能性がある。

植物を「ミニ工場」としてタンパク質を開発

Moolec CEOのGastón Paladini氏出典:Moolec Science

Bioceres Crop Solutions からスピンアウトしたMoolec Scienceは、植物を活用して動物タンパク質を生産する分子農業のパイオニアとされる。

分子農業は植物を「ミニ工場」として、太陽エネルギーの力で植物に有用物質を作らせる手法であり、これまでにワクチンなどの医薬品から、生分解性プラスチック、近年ではタンパク質の開発へと研究対象が拡大している。

同社によると、分子農業は「動物タンパク質のDNAをあらゆる種子植物で合成することを可能」にする。それぞれのタンパク質は、凝固、味、食感、栄養価など対象となる機能性において付加価値をもたらすように慎重に選択されている。

植物をリアクターとして生成されるタンパク質は「よりおいしく、より機能的で、手頃な非動物由来の代替タンパク質」として消費者向け食品の原料として使用できるという。

Moolec Scienceはベニバナを「ミニ工場」として活用し、これまでにチーズの製造で必要な酵素牛キモシンγリノレン酸(GLA)で規制当局の認可を取得している

出典:Moolec Science

現在は、実際の肉タンパク質を開発するために、代替タンパク質として広く活用されている大豆とえんどう豆を使った商品開発も進めているという。具体的には、牛タンパク質を含む大豆タンパク質単離物や、豚タンパク質を含む黄えんどう豆タンパク質を成果物としてイメージしているという

Moolec Scienceの共同創業者兼CEOであるGastón Paladini氏は「コーノ・スール(南米南端部を指す)で最大の食肉プレーヤーの1つである家族経営の第4世代として、私は業界が直面している課題について直に知っています。Moolecの目標は、食品に科学を活用して現在の世界的な食料安全保障という問題を克服し、より持続可能で、順応性のある公平な食料システムを構築することです」とコメントしている。

分子農業が精密発酵に優るポイント

出典:Moolec Science

植物に目的タンパク質のDNAを挿入する分子農業は、微生物に目的タンパク質のDNAを挿入する精密発酵と技術的に類似している。二者の違いはどこにあるのか。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Moolec Science

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. コーヒー副産物のアップサイクルに取り組むKaffe Bueno、…
  2. Space Fが韓国初の培養鶏肉と牛肉、そして培養豚肉プロトタイ…
  3. 赤い微細藻類で代替肉を「血の滴る肉」に変えるイスラエル企業Yem…
  4. 精密発酵レポート・予約注文開始のお知らせ【2022年7月末発売】…
  5. マイコプロテイン由来の代替肉を開発するMycorenaが約30億…
  6. Evo Foodsとギンコ・バイオワークス、アニマルフリーな卵タ…
  7. 【世界初】The EVERY Companyが動物由来の卵と同等…
  8. 代替肉の「テスラ」を目指す上海の代替肉企業YouKuaiが約7.…

おすすめ記事

インドネシア企業Mycotech Labが開発した動物を犠牲にしないキノコ由来の皮革Myleaとは

インドネシアにはテンペという伝統食品がある。テンペは日本の納豆のように大…

培養肉企業モサミートがシリーズBを約89億円でクローズ

オランダの培養肉スタートアップ企業モサミート(Mosa Meat)が新たに100…

インドNymbleの料理ロボットJulia(ジュリア)がSKS2020に初登場!

スマートキッチンサミット2020には10社のスタートアップが登場した。そ…

菌糸体から代替肉を作るAtlast Foodが約43億円を調達

菌糸体から代替肉を開発するAtlast FoodがシリーズAで4000万ドル(約…

代替シーフードのAqua Cultured Foods、スイスの小売大手ミグロスとPoC契約を締結

代替シーフード企業Aqua Cultured Foodsは16日、スイスの小売大…

ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rapteinを開発|大豆にかわる新しい植物性タンパク質となるか?

万能の肥料として活用されるなたね(菜種)油粕。なたね油粕とは、アブラナか…

精密発酵レポート販売のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/06 18:34時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/06 12:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(07/06 23:47時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/06 14:36時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP