代替プロテイン

幅広い植物肉製品を開発するHungry Planetが約27億円を調達

 

植物性の代替肉を開発するHungry PlanetがシリーズAラウンドで2500万ドル(約27億円)を調達した。

Hungry Planetはミズーリ州セントルイスを拠点とするスタートアップ。

同社は大豆をベースに代替肉を開発しているが、特色はその製品範囲の広さにある。

競合他社の多くが牛肉やバーガー用パテに取り組む中、Hungry Planetは鶏肉、豚肉、牛肉のミンチ肉・パテのほかラム肉、七面鳥、カニ、チョリソー、ソーセージ、ミートボール、餃子、グリルチキンなど、さまざまな代替食品を販売している。

出典:Hungry Planet

プレスリリースによると、この数年、国内と海外の外食産業や小売で試験販売を実施し、これまでに400万個を販売した。

試験販売の過程で、遺伝子組換えではないさまざまな植物肉商品に対する大きなニーズを確認したという。

アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドで、小売、レストラン、外食産業などを通じて販売されており、アメリカとシンガポールでは現在、小売展開を拡大している。

Hungry Planetは今回調達した資金で、国内・海外での小売、外食産業での展開を強化する考え。

Hungry Planetのような代替肉プレーヤーはすでに多数いるが、競合他社より優位な点をあげるとすれば、同社がPost Holdingsとパートナーシップを結んでいることだろう。

出典:Hungry Planet

Hungry Planet は今年1月、ミズーリ州セントルイスに本社を構える加工食品の製造・販売会社Post Holdingsと提携した。

これによりPost Holdingsの外食産業、小売ルートを通じて販売を拡大することが可能となった。

Post Holdingsにとって代替食品に取り組む企業との提携はHungry Planetが2社目となる。

2020年5月には、Post Holdingsの外食部門Michael Foodsがイート・ジャストの代替卵JUST Eggの製造と販売で同社と提携している。

GFIによると、アメリカでは2020年の植物性食品の小売売上は70億ドルとなった。

下記グラフのとおり、アメリカの植物肉市場はこの1年で約1.5倍に成長している。

出典:GFI

さらに、2020年に植物性代替食品に集まった投資額は21億ドルとなり、過去最高を記録したほか、前年の調達額の3倍となっている。

この勢いは今年も続いており、植物性代替食品を開発する企業では、代替チーズを作るGathered Foodsが2630万ドル、3Dプリンターでステーキ肉を開発するRedefine Meatが2900万ドルを調達している。

Hungry Planetは従来の肉の食感と味に匹敵する代替肉を植物原料で作り、すべての人に届けることを理念にTodd Boyman氏、Jody Boyman 氏兄妹が2014年に設立した。

今回のラウンドはPost Holdingsが主導し、シンガポールの投資会社TRIRECが参加した。

これまでの調達総額は3060万ドル(約33億円)となる。

 

参考記事

Plant-Based Meat Maker Hungry Planet Raises $25M

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Hungry Planet

 

関連記事

  1. スウェーデン企業Mycorenaが世界初となる菌類由来の代替油脂…
  2. Jellatechが約5億円のシード資金を調達、細胞由来コラーゲ…
  3. 精密発酵レポート好評販売中(2022年版)
  4. 単細胞タンパク質を開発する独MicroHarvest、ポルトガル…
  5. Steakholder Foodsが台湾進出に向け、台湾の工業技…
  6. 精密発酵企業Formoがバイオテック企業Brain Biotec…
  7. 代替マグロの切り身を開発する米Impact Food、年内の市販…
  8. 細胞培養によるカキを開発するアメリカ企業Pearlita Foo…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

高級培養肉を開発するOrbillion Bioが約5億4000万円を調達

培養肉を開発するスタートアップ企業Orbillion Bioが、シードラウンドで…

BioBetterはタバコ植物を活用して培養肉用の成長因子を開発、培養肉のコスト削減に挑む

イスラエルのバイオテクノロジー企業BioBetterは、植物のタバコを活用し、培…

食べられるコーヒーカップを開発したCupffeeが約2.6億円を調達

コーヒーとともに食べられるカップを開発したブルガリア企業Cupffeeは、プレシ…

米Upside Foodsが新たに培養鶏ひき肉製品を発表

カリフォルニア州を拠点とするUpside Foodsは、新たな製品として培養鶏ひ…

中国の培養肉企業CellXが培養肉のパイロット工場建設を発表

中国の培養肉企業CellXと、グローバルな医薬品・食品製造向けのプロセスサポート…

子どもが培養肉を知るための絵本のクラファンがスタート

動物を殺さずに、動物から採取した細胞を培養して生産される動物肉を培養肉という。…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,760円(07/19 13:05時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(07/19 22:32時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/20 02:17時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/19 18:59時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(07/20 11:33時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/19 21:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP