代替プロテイン

世界初!シンガポールOsomeFoodが開発したマイコプロテイン由来の代替ゆで卵

2022年1月セミナーはこちらから▼

 

シンガポールを拠点とするOsomeFoodは、世界初となるマイコプロテイン由来のゆで卵を開発した。

同社の代替ゆで卵はビーガンなだけでなく、食べることで免疫力を高めるよう設計されている。

栄養面の強化にこだわった代替ゆで卵

海外では代替卵に取り組む企業はほかにもいるが、OsomeFoodはビーガンなだけでなく、栄養面を強化することにこだわりを持つ。

原料の選定や組み合わせ、機能性について栄養士、漢方医、自然療法医のアドバイスをとりいれて開発された代替ゆで卵は、菌類を発酵させたマイコプロテインで作られている。

出典:OsomeFood

マイコプロテインはタンパク質含有量が全卵にほぼ匹敵するほか、ほかの食品と比べ、繊維の含有量も高い

OsomeFoodの代替ゆで卵は、肉製品に含まれるのと同じ必須アミノ酸を含む。

現在、この代替ゆで卵は、公式サイトのほか、シンガポールの腫瘍専門クリニック、VitaKidsの店舗で販売されている。

代替シーフード製品OsomeFishも開発

出典:OsomeFood

同社はシンガポールで消費されるシーフードの75%は漁獲に問題があるとし、海洋生態系を保護するための国連のSDGグローバル指標14を支持。

代替シーフードで従来の魚の摂取量を減らすため、代替シーフード製品「OsomeFish」も開発している。

同社はゼロ・トレランスを徹底しており、製品にはグルテン、乳製品、遺伝子組換え原料、保存料、コレステロール、着色料、添加物は含まれていない。

OsomeFoodの代替食品は、鶏を飼育して卵を生産するプロセスと比較して、必要となる土地、水は90%少ないため、栄養面だけでなく持続可能性も強化されている。

伸びしろのある代替卵市場

出典:GFI

GFIのアメリカ市場データによると、植物性代替卵の市場シェアはまだ小さいが、最も急速に伸びており、この1年で売上が約3倍になっている。

売上額は代替ミルクに比べるとまだ小さいが、アメリカでは動物性食品の中で売上の減少率が最も高いのが卵であることから(下記グラフ)、代替食品への切り替えが急速に起きている分野であり、代替卵市場には発展の余地が十分にある。

出典:GFI

それを裏付けるように、アメリカのイート・ジャストが開発した代替卵JUST Eggのこれまでの販売数は1億個の卵に相当する

同社のJUST Eggは、2万箇所を超える小売、1000の飲食店で販売され、アメリカで代表的なプラントベース卵商品のポジションを獲得している。

このほか、同じくアメリカを拠点とするクララ・フーズは、精密発酵により動物卵と分子的に同等な卵白を開発しており、先月には世界最大の醸造企業AB InBevとパートナーシップを結んだ。

分子農業技術により代替魚、代替肉を開発するイギリスのMoolecScienceは代替卵の参入することを発表。

シンガポールのFloat Foodsは、本物の全卵を模倣した植物ベースの卵黄と卵白を開発している。

インド発のEvo Foodsは液状卵で2022年の海外進出を目指している。

出典:OsomeFood

OsomeFoodがシンガポールの次に海外展開するかは不明だが、ビーガンなだけでなく、栄養面にこだわった同社製品は、競合品がない優位性に乗じて消費者に訴求していくことが予想される。

 

参考記事

Singapore Manufacturer OsomeFood Says It Has Created The World’s First Plant-Based Hard-Boiled Egg

アイキャッチ画像の出典:OsomeFood

 

2022年1月セミナーはこちらから▼

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. イスラエルのYO-Eggが黄身と白身に分かれた代替卵を開発
  2. 培養肉用の食用足場を開発する米Matrix Meatsがシードラ…
  3. 細胞を培養して人工母乳を開発するTurtleTreeが約6億3千…
  4. 植物性チーズを開発するスウェーデン企業Stockeld Drea…
  5. 食肉生産者を培養肉生産者に変えるドイツ企業Innocent Me…
  6. ドバイが次のフードテックハブになる?UAEがドバイにフードテック…
  7. 培養肉生産用のアニマルフリーな血清を開発するMultus Med…
  8. ゲイツ氏、ベゾス氏が支援するNature’s Fyn…

おすすめ記事

アニマルフリーなチーズを作るChange Foodsが約2.3憶円のシード資金を調達

精密発酵でアニマルフリーなチーズを開発するChange Foodsが、シードラウ…

3Dプリンター製サーモンを開発するRevo Foodsが約1億9000万円を調達

3Dプリンターで植物性サーモンを開発するRevo Foodsが150万ユーロ(約…

スイスの培養肉企業Mirai Foodsがシードで約2億3千万円を追加調達

スイスの培養肉企業Mirai Foodsが追加で180万ユーロ(約2億3千万円)…

Numilkが家庭用植物ミルクメーカーを発表、クラファンの累計支援額は目標の2倍以上に

感染が拡大する新型コロナウイルスの影響を受け、トッピングやカスタマイズが自由な次…

コオロギタンパク質を生産するエントモファームズが約3億円を調達

コオロギタンパク質粉末を開発するEntomo Farms(エントモファームズ)が…

サムスンがIoTアプリに買い物機能を備えた「SmartThings Cooking」を追加、シームレスな料理を追求

サムスンはCES2021でレシピ検索から買い物機能まで備えたSmartThing…

Foovoセミナーのお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/16 16:27時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(01/16 10:13時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(01/15 21:23時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP