3Dプリンター

Novameatがスペイン政府から約3100万円を調達、世界トップ10のレストランと提携

 

3Dプリンターを活用してステーキ肉を作るスペイン企業Novameat(ノバミート)が25万ユーロ(約3100万円)の出資を受けた。

今回の資金調達はスペイン政府によるもので、スペイン産業技術開発センター(CDTI)のNEOTECプログラムが出資した。

Novameatは今回の資金で、3Dプリント肉の生産強化に乗り出す。

資金調達のニュースと共に、同社の植物ベース代替肉がミシュラン二つ星レストランで提供されることも発表された。

躍進が続いた2020年

Novameatは独自の微細押出成形技術を持ち、微細なレベルで植物ベースのタンパク質を3Dプリントする。

これは、NovameatのCEOであるGiuseppe Scionti氏がカタルーニャ工科大学でバイオエンジニアリングの助教授だった時に開発したもの。

CEOのGiuseppe Scionti氏 出典:Novameat

2020年はNovameatにとって躍進続きの1年となった。

昨年開催されたスマートキッチンサミット2020では、植物ベースの足場と培養肉のハイブリッドタイプの代替肉試作品を開発していることを発表した。

2020年1月には、3Dプリント肉となるSteak2.0を発表。歯ごたえ、外観いずれも本物の牛肉ステーキそっくりに仕上げた製品で、製造コストは50gあたり1.5ドル(約155円)だという。

NovameatのSteak2.0 出典:Novameat

6月には3Dプリンター製ポークを発表した。エンドウ豆、米、オリーブオイル、海藻、ビートの絞り汁を材料に使い、同社の微細押出成形技術を用いて肉の歯ごたえを再現している。

昨年の報道で、2~3年以内に自社の微細押出成形技術で植物肉企業とライセンス契約したいとし、これ先立ち、年内に欧州レストランへの小規模販売をしたいとしていた。 

コロナウイルスの感染拡大により時期は若干遅れたものの、この計画は着実に進行していたようだ 

ミシュラン二つ星レストラン「Disfrutar」との提携を発表

Novameatはこのほど、Disfrutarというミシュラン二つ星レストランとの提携を発表した。

ミシュラン二つ星レストランとは、極めておいしく、

遠回りをしてでも訪れる価値がある料理を提供するレストランをさす。

 

Disfrutarは世界のトップレストラン50で、9位にランクインしている。

このレストランの3名のシェフは、分子ガストロノミーに熟練しているという。

NovameatのチームとDisfrutarのシェフたち 出典:Novameat

Disfrutarの料理ラボにはNovameatの3Dプリンターが設置されており、同社の特許技術である微細押出成形技術をいつでも使用できる状態にある。 

Novameatのイノベーション研究所以外に同社3Dプリンターが導入されたのはDisfrutarが初めてだという。 

ミシュラン二つ星レストランとの提携について、Scionti氏は次のように語っている。

「代替タンパク質業界のベンチマークを定めるため、トップクラスのシェフをコラボすることを決めました。バルセロナには最高級のレストランがあります。

植物ベースの代替肉企業がミシュランの星付きレストランとコラボする事例はありますが、世界トップ10にランクインするレストランと提携した会社はまだありません。当社が初めてです」

2021年に追加の資金調達を予定

Novameatのチーム 出典:Novameat

Novameatは今年、さらに資金調達を実施するとしている。

レストランでの販売、培養肉業界へのサービス開始を予定しており、「2021年は最も重要な1年になる」としている。そのなかで最も重視するのが、生産のスケールアップだ。

「微細押出成形技術を用いた産業用3Dプリンターを使い、スケールアップを進めていけば、1時間に植物ベースの代替ブロック肉を数トン生産できるようになるでしょう」と開発担当のAlexandre Campos氏が語っており、今回の資金を使って量産化に乗り出すようだ。

スペイン政府が代替肉企業に出資するのは今回が2回目となる。

Novameatに出資したスペイン産業技術開発センター(CDTI)のNEOTECプログラムは、昨年の1月にHeura Foodsという代替肉企業にも出資している。

 

参考記事

Novameat Gets €250,000 From Spanish Govt, Partners With Culinary Gastronomy All-Star Team From Disfrutar

NOVAMEAT Gets Funding From Spanish Government, Launches Whole-Cuts into No.9 World’s Best Restaurant

 

関連記事

 

関連記事

  1. イスラエルのImagindairy、アニマルフリーな精密発酵乳タ…
  2. 代替卵イート・ジャストが欧州進出へ向けて加速、EUの承認待ち
  3. 培養サーモンの米Wildtype、レストラン・小売との提携を発表…
  4. Nature’s Fyndの微生物発酵によるタンパク質「Fy」が…
  5. インポッシブルフーズが植物性ソーセージを小売で販売開始
  6. イスラエル大手食品会社Tnuva、代替タンパク質特化のR&Dセン…
  7. 植物性チーズのStockeld Dreameryが約21億円を調…
  8. 培養シーフードのShiok Meatsが培養肉企業Gaia Fo…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

菌糸体で代替ステーキ肉を開発する英Adamo Foodsが約2.7億円を調達

菌糸体から代替肉を作るイギリスのスタートアップ企業Adamo Foodsは先月、…

インポッシブルフーズの脅威になるか?スピルリナ由来のヘムを開発したBack of the Yards Algae Sciences

Back of the Yards Algae Sciences(BYAS)とい…

GOOD Meat、Upside Foodsの2社がUSDAの表示認証を取得、培養肉上市まであと1ステップ

アメリカの培養肉企業GOOD Meat (イート・ジャストの培養肉部門)とUps…

ひよこ豆タンパク質粉末を開発するChickPが約9億円を調達

ひよこ豆を原料にタンパク質粉末の開発に注力するイスラエル企業ChickPが、シリ…

細胞農業で脱カカオを進めるフィンランドのチョコレートメーカーFazer

フィンランドのチョコレートメーカーFazerは、持続可能なカカオ生産に向けて細胞…

Evo Foodsとギンコ・バイオワークス、アニマルフリーな卵タンパク質の開発で提携

海外では動物に頼らずに食品成分を作る手法として、精密発酵が人気の手法になりつつあ…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/21 12:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/20 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/21 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/20 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/21 11:15時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/20 21:34時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP