アグテック(AgTech)

ドバイが次のフードテックハブになる?UAEがドバイにフードテックバレーを設置

>> <<

 

フードテックに国をあげて力を入れている代表例はシンガポールだが、今後はこのリストにアラブ首長国連邦(UAE)も加わるかもしれない。

UAEは最近、食料生産を3倍にすることを目指す取り組みとして、フードテックバレーをドバイに立ち上げた。

この施設には、研究所、研究センター、試作段階の農業システムが含まれ、すべて1つの敷地内にあり、戦略的に大学、アカデミック機関の近くに設置された。

これは、UAEが掲げる国家食料安全保障戦略2051を達成するためのもの。

この戦略には、自給自足の強化、持続可能な食料生産システムの構築、飢餓ゼロの達成、栄養改善に関する法規制の導入、廃棄量削減に関する法規制の導入、2051年までに国際食料安全保障指針(Global Food Security Index)で1位になることなどが含まれる。

UAEの副大統領兼首相でドバイ首長であるシェイク・ムハンマド・ビン・ラシッド・アル・マクトゥーム氏は、5月1日にフードテックバレー立ち上げを発表した。

出典:Food Tech Valley

このフードテックバレーは次の4つのエリアから構成される。

  • 農業技術とバイオエンジニアリングのエリア:年間を通じて農作物を栽培するための垂直農業、ロボット工学、AI、自動化に関するプロジェクトが含まれる。
  • 有望なフードテックに取り組むスタートアップや事業のインキュベーターとなる食品イノベーションセンター:ここには新しい食品を生産するための専用食品工場や次世代レストラン(レストラン2.0)が設けられる予定。
  • 収穫を最大限にする農業ロボット、干ばつ耐性のある作物を研究する世界レベルの研究開発施設:藻類培養における3Dプリンティング技術の応用、代替タンパク質の生産、農作物モニタリングにおけるAIの活用などのプロジェクトも含まれる。
  • スマート物流ハブ:食品の分類、輸送、流通にブロックチェーン、ビッグデータなどの技術を活用し、食品の貯蔵、販売、輸送の効率化を図る。

このフードテックバレーは、室内農場、垂直農場を含めた先進農業のインキュベーターにもなっている。

プロジェクトの60%以上のスペースがこれらの活動に割り当てられており、フードテックバレーは、食料安全保障に関する国家目標を達成するための取り組みの一部となっている。

UAEは国際食料安全保障指針(Global Food Security Index)で現在、113位中42位

この指標は、食品価格の手頃さ、食品の入手可能性、食品の質・安全性、自然資源と柔軟性の4点で総合的に評価されるもの。UAEの課題には「農業研究と開発」があげられている。

UAEの国家食料安全保障戦略2051で示されるとおり、UAEは2051年までに1位になることを目標としている。

(これに対し、フードテックが盛んなシンガポールは113位中19位で、日本は9位となっている)。

食糧安全保障大臣であるAl Mheri氏は世界のアグテック市場が今後4年で135億ドルから220億ドルに成長すると予測されることに言及したうえで、自給自足を達成し、資源を節約するために、フードテックバレーは重要であるとしている。

UAEではすでにイスラエルのVertical Field垂直農場を試験導入したり、政府系のアブダビ投資会社がアグテック企業に投資したりするなど農業への取り組みを強化している。フードテックバレー立ち上げにより、今後はさらに多くの地元・海外企業が参加していくことが予想される。

 

参考記事

UAE: The Next Big Food Tech Hub?

Sheikh Mohammed launches Food Tech Valley in Dubai

アイキャッチ画像の出典:Food Tech Valley

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 【原材料別】代替タンパク質スタートアップ企業まとめ21社
  2. ネスレがヴィーガンキットカットの販売を欧州で開始!
  3. イスラエルの培養肉Future Meatが世界初の培養肉生産施設…
  4. 3Dプリンターを活用する上海企業CellXが培養豚肉のサンプルを…
  5. インドEvo Foodsが代替卵を年内に販売開始、2021年4月…
  6. 食肉生産者を培養肉生産者に変えるドイツ企業Innocent Me…
  7. 中国発の植物代替肉スタートアップHero Proteinが登場!…
  8. 菌糸体ステーキ肉の開発に挑むスペイン企業Libre Foods

おすすめ記事

培養肉企業モサミートが約20億円を調達、三菱商事も出資に参加

このニュースのポイント●培養肉パイオニアのモサミ…

「細胞培養の救世主」、クラウドで培養を受託する米企業Culture Biosciencesが培養肉開発を加速する

培養肉の開発では製造プロセスの最適化が重要となるが、これには莫大な時間がかかり、…

微生物、空気、電気を使ってタンパク質を開発するSolar Foodsが約13億円を調達

微生物、空気、電気を使ってタンパク質を開発するソーラーフーズ(Solar Foo…

ロティ、ピザなどのフラットブレッドを90秒で作る家庭用フードロボットRotimatic

コロナウイルスの影響によりレストランの閉鎖を経験した今、デリバリー、家庭用フード…

培養肉企業モサミートがシリーズBを約89億円でクローズ

オランダの培養肉スタートアップ企業モサミート(Mosa Meat)が新たに100…

KFCがシンガポールで植物肉バーガーの販売を期間限定でスタート

シンガポールのケンタッキー・フライド・チキン(KFC)が植物肉バーガーを期間限定…

Foovoレポート好評販売中

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(09/17 14:38時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(09/17 08:30時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(09/17 19:03時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP