代替プロテイン

代替マグロの切り身を開発する米Impact Food、年内の市販化を目指す

 

水産資源の枯渇が懸念される中、カリフォルニア州サンマテオに新たな代替シーフード企業が登場した。

カリフォルニア大学バークレー校に所属するKelly Pan氏Stephanie Claudino Daffara氏Adrian Miranda氏によって共同で設立されたImpact Foodは、年内にアメリカで、植物性マグロを販売することを計画している。

カリフォルニア大学バークレー校の学生が設立

Impact Foodは植物のタンパク質・デンプン、藻類を組み合わせることで、マグロのゲル状の食感を再現した。

商品開発を担当するMiranda氏によると、「特定の植物のでんぷん・タンパク質には、生のシーフード製品のゼリーのような質感を再現できる、安定したゲルを形成する能力があること」を見出したという

同社独自の成分・技術を活用することで、マグロの食感・味だけでなく、栄養プロファイルも本物に近づけることができた。

出典:Impact Food

クロマグロは100グラム中タンパク質を26グラム含む代替マグロの開発で難しいことは、本物に匹敵するタンパク質含有レベルを満たすことだという。

しかし、消費者の多くは、タンパク質源としてマグロなどの刺身を求めるのではなく、刺身を食べる食体験そのものや食感を重視しているとパン氏は考える。そのため、Impact Foodは味を優先しつつ、タンパク質含有量の強化も図っている。

本物のマグロに栄養価ではまだ及ばないものの、Impact Foodの代替マグロには本物のマグロに優るメリットがある。植物成分で作られた代替魚であれば、水銀、マイクロプラスチックなど汚染物質を含有するリスクはゼロだ。

クロマグロは初期個体数の3%未満に減少

出典:Impact Food

現在、世界の魚資源の80%以上が完全に利用または乱獲されていると推定される。特に、太平洋のクロマグロは乱獲により、初期個体数の3%未満にまで減少している。

中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)および全米熱帯まぐろ類委員会(IATTC)は2017年に、2034年までに初期個体数の20%まで回復させることで合意した。これは現在のレベルの7倍となる。

一方、世界人口とシーフード需要の増加により、2030年までにさらに2800万トンのシーフード生産が必要になると予想される

Pan氏は海外メディアのインタビューに対し「現在の動物に依存した食料システムは、環境、動物、人間にとってサステイナブルではありません。特に、乱獲によって生物多様性が喪失し、水産資源が枯渇しています。プラントベースの選択肢をつくるために、今こそ行動に起こす必要があります」と述べている

今月に資金調達を予定

左から、Adrian Miranda氏、Kelly Pan氏、Stephanie Claudino Daffara氏 出典:Impact Food

Impact Foodは現在、カリフォルニア州ベイエリアにあるレストランやフードサービスとの提携を模索している。年内にレストランで販売し、消費者と市場の反応を確認したい考えだ。その後は、小売の冷凍食品コーナーで販売することを計画している。

事業を拡大するため、同社は今月に初の資金調達ラウンドをクローズする予定だという。代替マグロの大量生産を実現した後は、カニやサーモンなどほかの代替シーフード製品の開発も予定している。

代替シーフード企業が相次いで登場

出典:Impact Food

代替シーフードは代替肉と比べて、市場規模はまだ小さいものの、急速に成長している。近年、フレーク状の刻まれた製品から、切り身タイプの製品へと、開発製品の差別化がみられる。

あづまフーズは、コンニャクをベースとしたマグロ・サーモンの代替魚製品「Green Surf」を自社オンラインストアで販売している。

海外ではアメリカのCurrent Foods(旧称Kuleana)、スペインのMimic Seafood、イスラエルのPlantishなど、切り身タイプの代替品を開発するプレーヤーが登場している。

植物成分だけでなく、微生物発酵、細胞培養による製品開発も進む。

バイオマス発酵により白身魚、マグロの切り身を開発するAqua Cultured Foodsは昨年、スイスのミグロスと締結、年内の市販化を目指している。

細胞培養によるサーモンを開発するWildTypeは大衆向けレストランと提携を発表、アメリカでの培養魚市販化も間近だ。培養魚のブルーナルは先月、日本市場向けの製品開発でスシローを運営するフード&ライフカンパニーズと提携した。

イスラエルでは2021年に新たに培養魚企業が4社登場したことからも、代替肉に続く成長分野として代替シーフードの世界的な競争が始まっている。

 

参考記事

Impact Food joins the race to bring whole-cut, plant-based seafood to market with bluefin tuna alternative

Can plant-based seafood replace the real thing? Startup Impact Food thinks so

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Impact Food

 

関連記事

  1. 精密発酵のImagindairy、シードラウンドの資金調達を約3…
  2. 牛を使わずに本物と同等のカゼインを開発するエストニア企業ProP…
  3. Steakholder Foodsが3Dプリンティングによる培養…
  4. インドの代替卵企業Evo Foodsが約8900万円を調達
  5. ネスレがFuture Meatと協業して培養肉参入に向けて準備
  6. CellMEATが約10.3億円を調達、培養エビや培養甲殻類製品…
  7. Nature’s Fyndの微生物発酵によるタンパク質「Fy」が…
  8. 培養魚を開発するAvant MeatsがシンガポールのA*STA…

おすすめ記事

トッピングから焼き上げまで3分で完成するピザ自販機Piestro

新型コロナウイルスの影響により、人との接触を減らせる「次世代自販機」が海外では注…

ゲイツ氏、ベゾス氏が支援するNature’s Fynd、発酵タンパク質を使った新商品を発表

微生物発酵で代替タンパク質を開発する米Nature’s Fyndが、最初の商品を…

韓国企業Zikooinは廃棄される穀物を使って代替肉Unlimeatを開発

韓国のスタートアップ企業Zikooinは、ユニークな方法で代替牛肉Unlimea…

米パーフェクトデイ、インドで精密発酵タンパク質の認可を取得、インドの工場を買収

精密発酵によるタンパク質開発で世界をリードする米パーフェクトデイが、インドで認可…

菌類由来の熱安定性に優れたビーガン着色料を開発するMichromaとは

アルゼンチンのMichroma(ミクロマ)は菌類を活用してビーガンな赤色着色料の…

まだ食べられる食品を定期宅配するImperfect Foodsが約99億円を調達

アメリカ農務省(USDA)によると、アメリカでは供給される食料の30-40%が廃…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(01/27 17:00時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/27 20:33時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(01/27 14:14時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(01/27 06:53時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(01/27 16:35時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP