代替プロテイン

精密発酵で乳タンパク質を製造するImagindairyが約14億円のシード資金を調達

 

牛と同じ乳タンパク質を製造するイスラエルのImagindairyは先月、シードラウンドで1300万ドル(約14億円)を調達した

このラウンドはイスラエルのシードステージ企業に出資するMoreVCが主導、Strauss GroupEntrée CapitalS2G VenturesCollaborative FundNew Climate VenturesGreen Circle Foodtech VenturesEmerald Technology Ventures、起業家のPierre Besnainou氏が参加した。

Imagindairyは調達した資金で、施設の拡大、専門家チームの拡充、研究開発能力の強化を図る。

Imagindairyは乳製品の生産プロセスから「牛を取り除く」ため、精密発酵という新しい技術を使用、「本物と見分けがつかない真の乳タンパク質」を開発している。牛乳の重要な乳成分、ホエイとカゼインの開発を手掛ける。

出典:Imagindairy

共同創業者兼CSOのテルアビブ大学教授Tamir Tuller氏による15年間の研究をベースにした独自技術により、「(乳業)メーカーは、牛乳に含まれるすべての栄養価を備えた、牛フリーで持続可能な牛乳と乳製品を提供することが可能となる」という。

精密発酵のプロセスはビールの醸造に似ている。異なるのは、微生物はアルコールの代わりに、乳タンパク質を作るよう「プログラム」されていることだ。指令を与えられた微生物が「ミニ工場」となり、牛に頼らずに生産施設で乳タンパク質を製造する。

つまり、牛ではなく微生物に餌を与えて乳タンパク質を製造するイメージとなる。

Imagindairyが厳選した微生物による乳タンパク質の生産は、牛が飼料を食品に変換するよりも最大20倍効率的で、「フードシステムを回復させ、完全な持続可能性を可能とするもので、乳牛から発生する温室効果ガスを除去する」。

同社は現在、社名は明かしていないが、大手乳業メーカー数社と協業している。

本ラウンドを主導したMoreVCの共同創業者GlenSchwaber氏は、「Imagindairyの革新的な技術により、乳業メーカーは動物を使うことなく、二酸化炭素排出量を大幅に削減して、新製品の開発や既存製品の再開発ができるようになります」と述べている。

発酵タンパク質は、植物ベース、細胞培養に次ぐ代替タンパク質の第3の柱として注目される。昨今、発酵タンパク質でも特に、精密発酵に集まる投資が加熱している。

今年、精密発酵により乳製品を開発するドイツのFormo、アメリカ・オーストラリアを拠点とするChange Foods、アメリカのNew Cultureパーフェクトデイなど、いずれも資金調達を実施した。

なかでも、精密発酵の代表格パーフェクトデイのシリーズDでの約390億円FormoのシリーズAでの約55億円の調達は、この技術に対する需要と関心の高さを表している。

最近ではアメリカのスターバックスが一部店舗でパーフェクトデイの精密発酵ミルクを導入し、大手による導入も進む。南アフリカでも精密発酵プレーヤーが登場し、資金調達を実施した。

Imagindairyを含む多くの企業は開発フェーズにあるが、パーフェクトデイに続き、クララフーズから社名変更したThe Every Companyが精密発酵による卵白タンパク質粉末を市販化するなど、開発から市販化へ移行する事例も確認されている。

 

参考記事

Imagindairy Closes USD13M Seed Round to Advance Animal-Free Dairy

Israel’s Imagindairy closes $13m seed round to commercialize cow-free milk proteins

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Imagindairy

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. スイスの培養肉企業Mirai Foodsがシードで約2億3千万円…
  2. 米ビール大手のモルソン・クアーズが植物性ミルク市場へ進出
  3. タイソンの植物肉ブランドRaised & Rooted…
  4. ネクストミーツが代替肉でアメリカ市場に本格進出、代替ミルクの国内…
  5. 空気と電気からタンパク質を作るSolar Foodsが約5億4千…
  6. 菌糸体からステーキ肉を開発するMeati Foodsが約55億円…
  7. アニマルフリーなチーズを作るChange Foodsが約2.3憶…
  8. ビヨンドミートの新商品ソーセージ、10月から全米の食料品店で販売…

おすすめ記事

米InnerPlantが自らSOSを出す植物 InnerTomatoを開発、病気の早期発見に

(▲左は通常のトマト、右が昆虫の攻撃を受けたInnerTomato。通常のトマトは発光しないが、In…

培養肉企業MeaTechが約100グラムの3Dプリントされた培養ステーキ肉の生産に成功

イスラエルの培養肉企業MeaTechは今月、バイオ3Dプリンターを用いて104グ…

規格外・余剰農産物のB2B販売プラットフォームを提供するFull Harvestが約26億円を調達

規格外・余剰の農産物をB2Bで販売するプラットフォームを構築するFull Har…

3Dプリンターを活用した培養肉の自動生産を目指して大阪大学・島津製作所が協業

大阪大学、島津製作所、シグマクシスは「3Dバイオプリント技術の社会実装」に向けた…

モサミートがEUから助成金を授与、Nutrecoと共同で培地コストの1/100削減を見込む

オランダの培養肉企業モサミートと同社のパートナー・投資会社であり水産飼料大手Nu…

培養肉スーパーミートと欧州大手養鶏企業PHW、培養肉の欧州導入で合意

テルアビブを拠点とする培養肉企業スーパーミート(SuperMeat)は、欧州市場…

精密発酵レポート販売のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/03 18:34時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/03 12:14時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(07/03 23:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/03 14:35時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP