代替プロテイン

精密発酵で乳タンパク質を製造するImagindairyが約14億円のシード資金を調達

 

牛と同じ乳タンパク質を製造するイスラエルのImagindairyは先月、シードラウンドで1300万ドル(約14億円)を調達した

このラウンドはイスラエルのシードステージ企業に出資するMoreVCが主導、Strauss GroupEntrée CapitalS2G VenturesCollaborative FundNew Climate VenturesGreen Circle Foodtech VenturesEmerald Technology Ventures、起業家のPierre Besnainou氏が参加した。

Imagindairyは調達した資金で、施設の拡大、専門家チームの拡充、研究開発能力の強化を図る。

Imagindairyは乳製品の生産プロセスから「牛を取り除く」ため、精密発酵という新しい技術を使用、「本物と見分けがつかない真の乳タンパク質」を開発している。牛乳の重要な乳成分、ホエイとカゼインの開発を手掛ける。

出典:Imagindairy

共同創業者兼CSOのテルアビブ大学教授Tamir Tuller氏による15年間の研究をベースにした独自技術により、「(乳業)メーカーは、牛乳に含まれるすべての栄養価を備えた、牛フリーで持続可能な牛乳と乳製品を提供することが可能となる」という。

精密発酵のプロセスはビールの醸造に似ている。異なるのは、微生物はアルコールの代わりに、乳タンパク質を作るよう「プログラム」されていることだ。指令を与えられた微生物が「ミニ工場」となり、牛に頼らずに生産施設で乳タンパク質を製造する。

つまり、牛ではなく微生物に餌を与えて乳タンパク質を製造するイメージとなる。

Imagindairyが厳選した微生物による乳タンパク質の生産は、牛が飼料を食品に変換するよりも最大20倍効率的で、「フードシステムを回復させ、完全な持続可能性を可能とするもので、乳牛から発生する温室効果ガスを除去する」。

同社は現在、社名は明かしていないが、大手乳業メーカー数社と協業している。

本ラウンドを主導したMoreVCの共同創業者GlenSchwaber氏は、「Imagindairyの革新的な技術により、乳業メーカーは動物を使うことなく、二酸化炭素排出量を大幅に削減して、新製品の開発や既存製品の再開発ができるようになります」と述べている。

発酵タンパク質は、植物ベース、細胞培養に次ぐ代替タンパク質の第3の柱として注目される。昨今、発酵タンパク質でも特に、精密発酵に集まる投資が加熱している。

今年、精密発酵により乳製品を開発するドイツのFormo、アメリカ・オーストラリアを拠点とするChange Foods、アメリカのNew Cultureパーフェクトデイなど、いずれも資金調達を実施した。

なかでも、精密発酵の代表格パーフェクトデイのシリーズDでの約390億円FormoのシリーズAでの約55億円の調達は、この技術に対する需要と関心の高さを表している。

最近ではアメリカのスターバックスが一部店舗でパーフェクトデイの精密発酵ミルクを導入し、大手による導入も進む。南アフリカでも精密発酵プレーヤーが登場し、資金調達を実施した。

Imagindairyを含む多くの企業は開発フェーズにあるが、パーフェクトデイに続き、クララフーズから社名変更したThe Every Companyが精密発酵による卵白タンパク質粉末を市販化するなど、開発から市販化へ移行する事例も確認されている。

 

参考記事

Imagindairy Closes USD13M Seed Round to Advance Animal-Free Dairy

Israel’s Imagindairy closes $13m seed round to commercialize cow-free milk proteins

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Imagindairy

 

関連記事

  1. トッピングが選べるソフトクリーム自販機iCream、今後はアニマ…
  2. オーストラリアのCauldronが約9.3億円を調達、「より小さ…
  3. 精密発酵セミナー動画-2023年4月開催-
  4. ビヨンドミートとペプシコの合弁会社Planet Partners…
  5. BioBetterはタバコ植物を活用して培養肉用の成長因子を開発…
  6. 中国の培養肉企業CellXが培養肉のパイロット工場建設を発表
  7. Melt&Marble、精密発酵による油脂のプロトタイ…
  8. ファーストフードチェーンChipotleが代替油脂を開発する米Z…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

CO2を原料にタンパク質開発する米NovoNutrients、カロテノイド生産のスケールアップへ

二酸化炭素、水素、微生物を活用して持続可能なタンパク質を開発する米NovoNut…

韓国の培養肉スタートアップSpace Fらが政府から助成金を獲得

韓国の培養肉スタートアップ企業であるSpace Fは、パートナー企業の4社ととも…

英培養肉企業Higher Steaksが約43億円を調達、社名をUncommonに変更

イギリスの培養肉企業Higher Steaksが社名をUncommonに変更した…

米Pairwise、アメリカ初のCRISPR編集食品を発売

ゲノム編集技術を活用して農産物を開発する米Pairwise(ペアワイズ)は、Co…

マイコプロテイン由来の代替肉を開発するMycorenaが約30億円を調達

マイコプロテイン由来の代替肉を開発するスウェーデン企業Mycorenaが先月、シ…

アメリカのマクドナルドがマックプラントを導入!11月から8店舗で試験導入

マクドナルドは来月よりアメリカで、植物性のマックプラントの試験導入を開始する。…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/23 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/23 21:46時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/23 01:24時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/23 18:21時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/23 11:04時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/23 21:18時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP