代替プロテイン

精密発酵スタートアップ9社が精密発酵組合を設立

 

精密発酵企業9社が今月、精密発酵組合(Precision Fermentation Alliance)を設立したことを発表した

同業界団体は、より柔軟で持続可能な食品システムのための信頼できるソリューションとして、精密発酵を支援する新しい業界団体となる。

パーフェクトデイChange FoodsThe EVERY CompanyHelainaImagindairyMotif FoodWorksNew CultureOnego BioおよびRemilkの9社から構成される精密発酵組合は、「精密発酵産業のための業界の声とグローバルな呼びかけ人」として機能することを目的としている。

精密発酵スタートアップ9社が新たな業界団体を設立

出典:Precision Fermentation Alliance

微生物を活用してタンパク質、脂肪、着色料など目的成分を生成する方法を精密発酵といい、近年、参入企業が急増している。

市販されている精密発酵由来の食品成分には、パーフェクトデイのホエイタンパク質や、The EVERY Companyの卵白タンパク質などがあり、乳タンパク質を中心にアメリカシンガポールで上市が進んでいる。

精密発酵は、牛や鶏を育てて乳タンパク質、卵白タンパク質を収穫する代わりに、必要な成分だけをボトムアップ式に生産できる点で、非常に柔軟性があり、環境負荷の軽減効果も確認されている。

海外シンクタンクのRethink Xは、2030年には牛由来の乳タンパク質の生産コストは精密発酵タンパク質の約2-3倍になり、アメリカの乳製品需要の9割が精密発酵由来になると予想している

1社ができることを指数関数的に加速

出典:Onego Bio

精密発酵組合は次の目標を掲げている。

  • 精密発酵技術の理解を促進する。信頼と理解を深めるため、精密発酵で生成された原料や食品に関するグローバルな透明性を確立する。
  • 規制、製造、食品の安全性、情報の基準・コンプライアンスに関するベストプラクティスを確立するため、食品業界のバリューチェーン全体で主要な利害関係者を教育し、参画させる。
  • 規制当局と連携することで、市場へのアクセスと、製品を効果的に運用、販売する能力を開発する。公的資金と官民パートナーシップを解放し、業界の成長を加速させる。

パーフェクトデイの企業広報副部長を務めるNicki Briggs氏は、「この組合は、私たちが信じてきたことを成文化しました。つまり、より環境に優しい未来は、協業によって可能になるということです。同じ使命を持つリーダーから構成されるこのエコシステムは、一人のメンバーができることを指数関数的に加速させます」と述べている。

政策・規制の制定を促進

出典:パーフェクトデイ

精密発酵組合は、食品用の精密発酵製品・技術に関連する規制が、科学に基づいた意思決定と確かな情報に基づいた公共政策によって規定されるよう、重点的に取り組むとしている。同団体はまた、精密発酵産業に関連するグローバルな課題を議論するフォーラムも開催するとしている。

「私たちの多くは、ビタミン、酵素や天然の香料など、精密発酵で作られた成分を含む食品をあまり意識することなく、数十年にわたり消費しています。私たちはこの技術の使用を拡大し、タンパク質や脂肪など消費が拡大している食品成分の作成を目指していますので、消費者におなじみのさまざまな食品を、動物を使わず、環境に対する負荷を減らして生産できるようになります」と、Change FoodsのCMO(最高マーケティング責任者)であるIrina Gerry氏は述べている。

同氏はさらに、「食品の新時代の先がけになるには、明快なコミュニケーション、十分に考えられた政策、一貫した規制、利害関係者の関与が必要であり、この組合はこれを行うことを目指しています」と述べ、精密発酵が直面する規制、政策、消費者受容の課題に向けて、複数企業で取り組む必要性を強調している。

 

参考記事

Food Tech Leaders Come Together to Form the Precision Fermentation Alliance to Champion a More Resilient and Sustainable Future

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Precision Fermentation Alliance

 

関連記事

  1. 韓国が培養肉特区を創設、商用化の鍵となる細胞供給で特例を設ける
  2. UPSIDE Foodsが米レストランで培養鶏肉の販売を実現
  3. 中国代替肉企業Hey MaetがプレシリーズAで数百万ドルを資金…
  4. 微生物、空気、電気を使ってタンパク質を開発するSolar Foo…
  5. イスラエルのChickPがひよこ豆由来のビーガンマヨネーズを開発…
  6. インドの代替卵企業Evo Foodsが約8900万円を調達
  7. フィンランドの研究チームが細胞培養によるコーヒー生産に成功
  8. スウェーデン企業Hooked Foodsがドイツのスーパー400…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

パーフェクトデイの精密発酵由来の乳タンパク質を使った牛乳が今夏、ついに市販化

今夏、精密発酵で作られたアニマルフリーな牛乳がアメリカで発売される。世界…

ビヨンドミートとペプシコの合弁会社Planet Partnershipが、最初の製品であるビヨンドミートジャーキーを全国規模で発売

ビヨンドミートとペプシコは先月、ビヨンドミートジャーキーの発売を発表した。この「…

ゲノム編集で熱帯作物の栽培効率を高めるTropic Biosciencesが約46億円を調達

ゲノム編集技術を活用して持続可能な熱帯作物を開発するイギリスのTropic Bi…

英SEERGRILLSが開発した3分でステーキを焼き上げるAI搭載グリルPerfecta

イギリスのスタートアップSEERGRILLSは、わずか3分でステーキを焼けるAI…

Remilkがカナダで精密発酵乳タンパク質の認可を取得

精密発酵で乳タンパク質を開発するイスラエルのRemilkは今月5日、カナダ保健省…

精密発酵セミナー動画-2022年1月開催-

2022年1月に開催した精密発酵セミナーの視聴用ページです。会員の方だけ…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/19 12:45時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/19 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/20 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/19 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/19 11:14時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/19 21:33時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP