Foovo Deep

精密発酵でカゼインを開発するEden Brewが約37億円を調達

 

オーストラリアの精密発酵企業Eden BrewがシリーズAラウンドで2,500万ドル(約37億円)を調達した

このラウンドは既存投資家であるMain Sequence Venturesが主導し、ビクトリア州政府ファンドのBreakthrough VictoriaRadar VenturesPossible VenturesDigitalis Ventures、NGS Superなどが参加した。

精密発酵でカゼインを開発するEden Brewが約37億円を調達

出典:Eden Brew

Eden Brewは、オーストラリア産業イノベーション科学省傘下のオーストラリア連邦科学産業研究機構CSIRO)、CSIRO のベンチャーキャピタルMain Sequence、大手乳業協同組合のNorcoにより2021年に設立された

Eden BrewはCSIROの専門知識を活用し、乳タンパク質の8割を占めるカゼインミセルの開発に注力している。カゼインミセルは、αs1-カゼイン、αs2-カゼイン、β-カゼイン、κ-カゼインの4種類から構成される。牛乳は、これら4種のカゼインが組み合わさり、水中で安定的に分散した状態を保持している。

Eden Brewはカゼインミセル開発にあたり、CSIROの施設でプロトタイプの試験を実施してきた

Green queenの報道によると、同社はカゼインミセルをすでに開発しており、今回調達した資金で、生産プロセスをスケールアップし、商用生産へ向けて加速する。最初の製品はアイスクリームとなる予定だ。

「リスクを取った政府の支援が重要」

Jim Fader氏 出典:Eden Brew

共同創業者兼CEO(最高経営責任者)のJim Fader氏は、今月メルボルンで開催されたイベントAltProtein23で、政府の支援が重要である理由を強調した。

Fader氏はパネルディスカッションで、オーストラリアの酪農生産が減少する一方、消費は伸びているため、輸出が大幅に減少している現状に言及。これにより、オーストラリアに多くある輸出に特化した資産が苦境に陥る可能性を指摘した

同氏はその上で、精密発酵によるアニマルフリーな乳製品生産は、「供給を置き換えるのではなく、供給を補完し、生産量を増やし、輸出を再び増加させ、消費者に選択肢を与える」ものになると述べた。

今回の資金調達では、ビクトリア州政府のファンドであるBreakthrough Victoriaも出資している。

Fader氏はビクトリア州政府による資金提供について、「私たちがやろうとしているのはこれまで行われていなかったことであり、この分野で成功するためには、互いに協力して、エコシステム、インフラを構築する必要があります。ですから、政府がリスクを取ってこの分野に投資してインフラと環境を提供することは、非常に重要なことだと思います」と述べている

オーストラリアの精密発酵スタートアップ

出典:Eden Brew

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Eden Brew

 

関連記事

  1. フィンランドの研究チームが精密発酵による代替卵白の開発に成功
  2. 大手プロテインブランドMyproteinが精密発酵タンパク質を使…
  3. アイスランドORF Geneticsが大麦由来の低コスト成長因子…
  4. 精密発酵スタートアップ9社が精密発酵組合を設立
  5. Wilk、細胞培養乳脂肪を使った「世界初」のヨーグルトを開発する…
  6. 独自ヘムを開発する豪代替肉v2foodが約58億円を調達、中国・…
  7. 培養魚のBLUU Seafoodが約24億円を調達、年内にパイロ…
  8. Perfat Technologiesによる「次世代オレオゲル」…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

Haofoodはピーナツを使用した代替チキンで約4.5億円を調達

上海のHaofoodはピーナツタンパクを用いたビーガンチキンで、350万ドル(約…

Meweryが微細藻類を活用した最初の培養肉プロトタイプを発表

チェコの培養肉企業Meweryは、培養豚肉細胞と微細藻類をブレンドした培養肉のプ…

培養肉はどんな産業を生み出すのか?|SKSJ2020参加レポート

培養肉が社会・環境にもたらすインパクトは大きい。動物を殺さずに肉を作れる…

英培養肉企業Ivy Farmとバイオテック企業BSF Enterprise、中国進出に向けて提携

イギリスの培養肉企業3D Bio-Tissuesを所有する英バイオテック企業BS…

Mycorenaが菌類由来の代替脂肪「Mycolein」の発売を発表

スウェーデン企業Mycorenaが菌類由来の代替脂肪「Mycolein(マイコレ…

代替肉の「テスラ」を目指す上海の代替肉企業YouKuaiが約7.9億円を調達

「10年前にテスラが登場したとき、テスラは車を持つ人すべてをターゲットにはしていませ…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/14 12:07時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/14 21:25時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/15 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/14 17:58時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/14 10:45時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/14 20:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP