Foovo Deep

赤い微細藻類で代替肉を「血の滴る肉」に変えるイスラエル企業Yemoja

 

微細藻類を活用した成分開発に取り組むイスラエル企業Yemojaは、化粧品用の成分を開発するバイオテック企業として知られる。

同社は現在、植物肉・培養肉市場への参入を目指し、赤い微細藻類をベースとした代替肉用の「ヘム」に代わる成分の開発に取り組んでいる。

偶然の発見による微細藻類由来の代替ヘム「Ounje」

出典:Yemoja

Yemojaの微細藻類由来の代替ヘム「Ounje」は着色料や添加物を使うことなく、本物の赤肉の肉汁を模倣する。

「Ounje」はヘムのようなジューシーさ、肉の旨味をもたらし、加熱前は赤色を呈し、加熱すると本物の肉のように色、味、見た目が変化する特徴を持つ。

「Ounje」の発見は偶然だった。

Yemojaが新しい海洋成分を藻類のPorphyridium株由来の誘導体と組み合わせた時に偶然発見した。

「化粧品アプリケーションの新しい配合に取り組んでいるとき、偶然、この特定な組成が見た目も風味も血液に似た物質を生み出すことを発見しました」

(共同創業者兼CTOのAmikam Bar-Gil氏)

同社は最初のテスト結果に励みを得て、「限界をさらに広げて、次のレベルに引き上げ、テスト製品で試してみることを決めた」。

植物肉・培養肉をターゲットに

出典:Yemoja

Yemojaが開発した「Ounje」は、植物肉と培養肉用の100%植物由来ヘムとして活用できる可能性がある。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Yemoja

 

関連記事

  1. 菌糸体からベーコンを開発する米MyForest Foods、年産…
  2. 代替脂肪セミナー動画-2022年9月開催-
  3. 【世界初】Shiok Meatsが試食会で培養カニ肉料理を発表
  4. 個人から企業まで|貼るだけで果物の鮮度を保持するシールを開発した…
  5. 培養肉スーパーミート、スイス小売大手のミグロスと提携
  6. All G Foodsが約24億円を調達、細胞農業に特化したVC…
  7. Redefine Meatが3Dプリントされた植物ステーキ肉を欧…
  8. 韓国の代替肉企業Zikooinが約26億円を調達、植物肉工場を来…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

イート・ジャスト(Eat Just)の培養肉が世界で初めてシンガポールで販売承認を取得

このニュースのポイント●イート・ジャスト(Eat…

個人から企業まで|貼るだけで果物の鮮度を保持するシールを開発したRyp Labsとは

アメリカ、ワシントン州を拠点とするRyp Labsは、果物の保存期間を最大14日…

機能性成分としての培養タンパク質粉末を開発する韓国のSimple Planet、年内に北米支店を設立

韓国の培養肉企業Simple Planetは今年後半に北米に支店を設立し、商品化…

材料毎に投入タイミングを制御するスマート調理ロボットOliver

ほかの料理の準備で焼きすぎてしまったり、ゆですぎてしまったり、料理には失敗がつき…

Motif FoodWorks、精密発酵による代替タンパク質開発で新たな提携

植物由来食品の味・栄養の改良を目指す米フードテック企業Motif FoodWor…

堆肥化できるコーヒーボールを使うCoffeeB、20万世帯に導入|廃棄カプセルゼロを目指す

ひと昔前はコーヒーメーカーといえば、フィルターと粉をセットして、数杯分のコーヒー…

Foovoの記事作成方針に関しまして

培養魚企業レポート・予約注文開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(02/27 11:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/27 20:51時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/27 00:17時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/27 17:39時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/27 10:26時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(02/27 20:23時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP