Foovo Deep

赤い微細藻類で代替肉を「血の滴る肉」に変えるイスラエル企業Yemoja

2022年1月セミナーはこちらから▼

 

微細藻類を活用した成分開発に取り組むイスラエル企業Yemojaは、化粧品用の成分を開発するバイオテック企業として知られる。

同社は現在、植物肉・培養肉市場への参入を目指し、赤い微細藻類をベースとした代替肉用の「ヘム」に代わる成分の開発に取り組んでいる。

偶然の発見による微細藻類由来の代替ヘム「Ounje」

出典:Yemoja

Yemojaの微細藻類由来の代替ヘム「Ounje」は着色料や添加物を使うことなく、本物の赤肉の肉汁を模倣する。

「Ounje」はヘムのようなジューシーさ、肉の旨味をもたらし、加熱前は赤色を呈し、加熱すると本物の肉のように色、味、見た目が変化する特徴を持つ。

「Ounje」の発見は偶然だった。

Yemojaが新しい海洋成分を藻類のPorphyridium株由来の誘導体と組み合わせた時に偶然発見した。

「化粧品アプリケーションの新しい配合に取り組んでいるとき、偶然、この特定な組成が見た目も風味も血液に似た物質を生み出すことを発見しました」

(共同創業者兼CTOのAmikam Bar-Gil氏)

同社は最初のテスト結果に励みを得て、「限界をさらに広げて、次のレベルに引き上げ、テスト製品で試してみることを決めた」。

植物肉・培養肉をターゲットに

出典:Yemoja

Yemojaが開発した「Ounje」は、植物肉と培養肉用の100%植物由来ヘムとして活用できる可能性がある。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Yemoja

 

2022年1月セミナーはこちらから▼

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 大豆ミートを食べてみた感想【意外とおいしい】
  2. 分子農業で代替タンパク質と成長因子を開発するスタートアップ企業4…
  3. 【2021年10月】代替シーフードの投資動向/大手、スタートアッ…
  4. 藻類を活用した代替タンパク質製品を開発するAlgama Food…
  5. 微生物でタンパク質を作るNature’s Fyndが約46億円を…
  6. 韓国の培養肉企業CellMEATが約4億7千万円を調達、培養肉の…
  7. 米国IPOを目指すMeat-Techが3Dプリンターで10mmの…
  8. 3Dプリンターを活用する上海企業CellXが培養豚肉のサンプルを…

おすすめ記事

精密発酵でアニマルフリーなチーズを開発する独Formoが約55億円を調達

微生物発酵でアニマルフリーなチーズを開発するドイツ企業FormoがシリーズAで5…

えんどう豆由来の代替ミルクを開発するSproudが約6.8億円を調達

えんどう豆を主原料に代替ミルクを開発するSproudが480万ポンド(約6億8千…

精密発酵により代替タンパク質を開発する企業24社

微生物発酵は、代替タンパク質における第3の柱として注目される。発酵ベースのタンパ…

Motif FoodWorksが約249億円を調達、植物肉をアップデートさせる成分の市販化に向けて加速

植物ベース食品のアップデートに取り組む米フードテック企業Motif FoodWo…

中国企業HaoFoodのピーナッツを原料とする代替肉が上海レストランで販売開始

上海を拠点とする代替鶏肉スタートアップHaoFoodが上海のレストランと代替肉の…

「食べられる」食品包装用フィルムをインド・ロシア研究チームが開発

インドとロシアの研究者は、果物、野菜、肉、水産物を包装するための食用の食品フィル…

Foovoセミナーのお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/19 16:29時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(01/19 10:14時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(01/19 21:24時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP