ロボット

ロボットハンバーガー店のCreatorがリニューアル、「パーソナライズ化」を導入

>> <<

 

2018年にサンフランシスコにオープンし、話題となったロボットレストランCreatorが、リニューアルして戻ってきた。

Creatorは、ハンバーガーの調理工程をすべて自動化した世界初のレストランで知られる。新型コロナウイルスの影響により営業を停止していたが、新しい店舗がこのほど、カリフォルニア、デーリー・シティにオープンした。

当初のロボットは、1個あたりの調理時間は5分で、販売価格は1個あたり6ドルだった。最初から最後までの調理工程をロボットが担当する世界初のロボットレストランで話題となった。

出典:Creator

今回加えられた変更として特に注目すべきことは、パーソナライズ化が導入されたこと。

顧客はアプリを介して、25種類のソースや味付けのオプションから調整できるようになり、Creatorのロボットを自分で「コントロール」できるようになった。

顧客はハンバーガーの設定・好みをアプリに保存し、シェアできる。これはつまり、有名シェフのレシピを完全に再現できることも意味する。

「私がそこにいることなく、自分が作ったハンバーガーを正確に再現できる技術に非常に感銘を受けています」(有名シェフのTu David Phu氏)

また、注文時に、ハンバーガーを受け取るまでの待ち時間を正確に通知することが可能となった。調理時間は短縮され、初期よりも短い4分以内でハンバーガーを用意できるようになった。

出典:Creator

といっても、ロボットキオスクのように人間を完全に排除したものではなく、スタッフが注文を担当するなど、人との関わりは残している。

Creatorは、スタッフを繰り返しの作業から解放し、おもてなしなどより創造的な作業に注力できるようにというコンセプトで2012年にサンフランシスコに設立された。

同社は2019年に1870万ドルを調達している。Creatorのように最初から最後まで調理を自動化するレストランの登場は、高品質の食品をより低価格で提供できる可能性を示している。

出典:Creator

CreatorのCEOであるPehr Luedtke氏は、フランチャイズ、チェーン店経営、さらにはレストラン向けに「burgers-as-a-service」などさまざまな形式での製品展開を視野に入れていると語る。

デーリー・シティ1店舗目に続き、店舗が増えていけば、空港やスポーツジムなどへ導入される可能性も考えられる。

Creatorのようなハンバーガーのパーソナライズ化に似た取り組みには、イスラエル企業Savor Eatがある。同社は3Dプリンターを活用し、店舗で顧客がアプリを介して、自分好みのパテを注文できるサービスを開発している。

顧客はアプリで、バーガーの焼き加減、脂肪・タンパク質の量などカスタマイズが可能で、注文を完了すると、店舗に設置された3Dプリンターがデータを受信し、調理(=3Dプリント)をスタートする。

Creatorの新しいレストランはこちら▼

514 Westlake Center, Daly City, CA 94015

 

参考記事

Creator reboots burger-making robot in Daly City — and gives customers the remote control

Creator Re-Opens With a New Burger Making-Robot Customers Can Control

 

おすすめ記事

アイキャッチ画像の出典:Creator

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 多才な料理ロボットのカナダYPCテクノロジーズが約1億4千万円を…
  2. ピザ自販機のカナダ企業PizzaFornoがアメリカへ進出
  3. Picnicがピザ組み立てロボットの予約注文受付をスタート
  4. The Food Robotics Summit2021に登場し…
  5. Starshipの宅配ロボット、米スーパーSaveMartに初登…
  6. 中国OrionStar(猎户星空)がバリスタロボットRoboti…
  7. インドNymbleの料理ロボットJulia(ジュリア)がSKS2…
  8. 最短30秒で調理する自律調理ロボットを開発したRoboEatz、…

おすすめ記事

ビヨンドミートが中国ECに初進出、中国市場向けの代替豚肉「ビヨンドポーク」を販売開始

アメリカの代替肉ビヨンドミートが中国ECサイトでの販売を開始した。中国E…

iPS細胞で培養肉を開発するオランダ企業MeatableがシリーズAで約50億円を調達

オランダの培養肉企業MeatableはシリーズAラウンドで4700万ドル(約50…

世界初!シンガポールOsomeFoodが開発したマイコプロテイン由来の代替ゆで卵

シンガポールを拠点とするOsomeFoodは、世界初となるマイコプロテイン由来の…

卵黄・卵白に分かれた植物ベースの全卵を開発するFloat Foodsが約1億8000万円を調達

シンガポールを拠点とするフードテック企業Float Foodsが、シードラウンド…

培養肉用の食用足場を開発する米Matrix Meatsがシードラウンドで資金調達を実施

このニュースのポイント●米国Matrix Mea…

微生物、空気、電気を使ってタンパク質を開発するSolar Foodsが約13億円を調達

微生物、空気、電気を使ってタンパク質を開発するソーラーフーズ(Solar Foo…

Foovoレポート好評販売中

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(09/28 14:52時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(09/29 08:41時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(09/28 19:25時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP