Foovo Deep

イスラエル企業Ansāが開発した電波を利用したコーヒー焙煎機e23

 

イスラエルのスタートアップ企業Ansāが開発したコーヒー焙煎機e23によって、職場、家庭のコーヒーがさらにおいしく、環境に配慮されたものになりそうだ。

e23は、電子レンジで使用される誘電加熱の原理をコーヒー豆の焙煎に適用したもので、自宅に届いたコーヒー生豆を、騒音や煙を心配することなく焙煎できる。

公式サイトによると、特許出願中のAnsāの焙煎技術は、誘電加熱に基づく革新的方法により、エネルギーを付与して豆を活性化し、芯から殻まで完璧に焙煎する。人間に代わりAIが管理する自律的な焙煎プロセスにより、一貫した均質な焙煎が可能となる。

この新しいアプローチにより、コーヒーを飲みたいときにその場で焙煎できるようになる。周囲への熱の影響、騒音、煙などの心配もないという。

豆を内側から外側へ焙煎するe23

出典:Ansā

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Ansā

 

関連記事

  1. MeaTechが低コストな培養脂肪の生産方法で米国仮出願を提出
  2. スマイルロボティクスが開発した配膳・回収を完全無人化で行う自律走…
  3. 二酸化炭素と水からウォッカを開発する米スタートアップAir Co…
  4. オーストラリアの代替肉企業v2foodが微細藻類由来のヘム様成分…
  5. 精密発酵で赤色着色料を開発するChromologicsが約18億…
  6. 代替ハチミツの米MeliBioが約6.7億円を調達、今春より生産…
  7. 精密発酵で脂肪を開発するNourish Ingredientsが…
  8. JBS子会社のBioTech Foods、スペインで南欧最大の培…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

中国の植物肉HEROTEINが米培養油脂Mission Barnsと培養ハイブリッド肉の共同開発で提携

中国の植物肉企業HEROTEINが、アメリカの培養肉企業Mission Barn…

インド発!ドーサ、ロティ、ビリヤニを作るMukunda Foodsの自動調理ロボット

日本でも人気の高いインド料理。このインド料理を自宅で手間をかけずに作れる…

3Dプリンターを活用する上海企業CellXが培養豚肉のサンプルを発表

3Dプリンターを活用して培養肉を開発する中国の培養肉企業CellXが培養豚肉のサ…

上海の培養肉企業CellXがパイロット工場を開設、年内に米・シンガポールで申請へ

上海を拠点とする培養肉企業CellXは今月、中国初の大規模なパイロット工場の完成…

ミツバチを使わない「本物のハチミツ」を開発する米MeliBio

↓ラジオ音声はこちらから↓(登録不要・ワンクリックで聴けます)…

培養肉用の食用足場を開発する米Matrix Meatsがシードラウンドで資金調達を実施

このニュースのポイント●米国Matrix Mea…

Foovoの記事作成方針に関しまして

培養魚企業レポート・予約注文開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(02/28 11:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/28 20:51時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/29 00:19時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/28 17:39時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/28 10:26時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(02/28 20:23時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP