新しい食

カカオフリーのチョコレートを開発する英WNWNが約7.6億円を調達、年内に小売販売へ

 

カカオフリーのチョコレートを開発する英WNWN Food Labsは先月、シリーズAラウンドで560万ドル(約7億6000万円)を調達した

WNWNは調達した資金で、生産をスケールアップし、今年後半にイギリスで予定している小売販売に向けてスタッフを増員する。

このラウンドは、マルタのベンチャーキャピタルPeakBridgeが主導し、FoodLabsGeschwister OetkerMustard Seed MazePINCInvestbridge AgriTechHackCapitalが参加した。

世界初のカカオフリーチョコレート

出典:WNWN

2020年に設立されたWNWNは、穀物やマメ科植物など広く入手可能な植物原料を使用して、独自の発酵プロセスにより、「チョコレートのような味わい、溶け、割れ、焼き」をもたらすカカオフリーなチョコレートを開発している。

WNWNのチョコレートはビーガンで、カフェイン、グルテン、パーム油を成分に含まず、従来のチョコレート製品よりも砂糖の使用量が少ない。カカオに含まれるアルカロイドのテオブロミンを含まないため、テオブロミンを摂取できない犬にも安全なチョコレートとなる。

チョコレートは牛肉、羊肉、チーズ、乳牛に続き、5番目に温室効果ガスを排出する食品とされる。WNWNが内部で実施したライフサイクルアセスメントによると、同社製品は、従来のチョコレート製品と比較して二酸化炭素排出量を80%削減できるという。

WNWNで最高技術責任者(CTO)を務めるJohnny Drain氏は、「チョコレートのフレーバープロファイルには、カカオ豆の発酵と焙煎に由来する何百もの異なる化合物が含まれている可能性があります。私たちは、持続可能で倫理的な他の原料を使用して、これを達成しました」と述べている

製品発売から1日で完売

出典:WNWN

WNWNは昨年5月、「世界初のカカオフリーチョコレート」を発売した。大麦とイナゴマメ(キャロブ)を使用した代替チョコレートを公式サイトから限定販売したところ、1日で完売となった。

カカオを使用したダークチョコレートと比較するブラインドテストを実施したところ、「非常に似ている」という評価を得たという。

昨年9月には、キャラメルをチョコレートでコーティングしたダイムを再現した2つ目の製品「Waim! Bars」の限定販売を行った。これもすぐに完売となり、潜在的な小売パートナーに好印象を与えた。

製品の発売に続き11月には、生産スペースを8倍に増やす新施設の建設を開始した。施設の拡張により、厳選ギフト、高級レストランやバーなどのプロジェクトに向けて、パートナーに原料や完成品の提供を始めた。

今回の資金調達により、今年後半の小売販売に向けてスタッフを拡充する。

WNWNで最高経営責任者(CEO)を務めるAhrum Pak氏は、「WNWNは、カカオのサプライチェーンが地球と貧困に苦しむカカオ農家にもたらす負担を軽減できます。森林破壊に関連するカカオを禁止するヨーロッパ(の決定)を考えると、今回の投資は非常にタイムリーです」と述べている。

 

参考記事

WNWN Closes $5.6 Million in Series A Funding Round

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:WNWN

 

関連記事

  1. 精密発酵により代替タンパク質を開発する企業23社
  2. イングレディオンが砂糖削減ソリューションのBetter Juic…
  3. 携帯可能なアレルギーセンサーを開発するAllergy Amule…
  4. Pairwiseがゲノム編集野菜を上市するためConscious…
  5. 【2024年1月16日】Foovo初の現地セミナー開催のお知らせ…
  6. カスタムメイドの代替砂糖を開発するイスラエルのSweet Bal…
  7. プラスチック使用削減のために食用スプーンを開発したIncrEDI…
  8. Fooditiveが精密発酵による代替ハチミツ開発を発表

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

独自ヘムを開発する豪代替肉v2foodが約58億円を調達、中国・欧州進出を目指す

オーストラリアの主要代替肉プレーヤーv2foodがシリーズBで7200万豪ドル(…

Redefine Meatが3Dプリントされた植物ステーキ肉を欧州で発売

3Dプリンターで代替肉を開発するイスラエル企業Redefine Meatが、欧州…

Steakholder Foodsが世界初のバイオ3Dプリンターによる培養ハタの切り身を発表

イスラエルの培養肉企業Steakholder Foodsは、世界初のバイオ3Dプ…

トッピングから焼き上げまで3分で完成するピザ自販機Piestro

新型コロナウイルスの影響により、人との接触を減らせる「次世代自販機」が海外では注…

培養肉生産用のアニマルフリーな血清を開発するMultus Mediaが約2.4億円のシード資金を調達

培養肉開発に使用するアニマルフリーな血清を開発するMultus Mediaが16…

コンタクトレスなキオスク型スムージーロボットBlendid、株式投資型クラウドファンディングを開始

新型コロナウイルスの発生で、急速な変化を求められている分野の1つがフードロボット…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/23 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/22 21:46時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/23 01:24時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/23 18:21時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/23 11:04時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/22 21:18時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP