レポ

精密発酵乳タンパク質を使用したアイスクリーム実食レビュー@シンガポール

 

シンガポールでは2022年8月より、Coolhausブランドというアニマルフリーなアイスクリームが販売されている。

これは精密発酵の代表格パーフェクトデイが開発した乳タンパク質を使用したアイスクリーム。

今年1月、パーフェクトデイの子会社The Urgent CompanyがCoolhausを買収。Coolhausは完全にアニマルフリーな乳製品ブランドへの移行へを目指しており、買収から半年たち、シンガポールにも上陸した。

微生物を「生産工場」として牛由来と同等な乳タンパク質を生成する精密発酵技術。1980年代の糖尿病治療薬インスリン製剤におけるジェネンテック社のブレイクスルーに始まり、この数年、食品業界への普及が急速に進みつつある。

精密発酵で作られたタンパク質で世界をリードするのはアメリカだが、食料自給率の向上が急務のシンガポールも、新興技術を歓迎している。

日本では残念ながら精密発酵タンパク質の販売は認可されていない。今回、シンガポールで精密発酵タンパク質を使ったアイスクリームを食べることができたので、その感想を紹介したい。

精密発酵タンパク質を使ったアイスクリームの味は?

こちらがシンガポール市内のスーパーで販売されているCoolhausアイスクリーム。

1パイント(473mL)サイズのため、1回で食べる量ではない。

商品には「Perfect Day」のロゴがあり、これが精密発酵タンパク質を使用したアイスクリームであることを意味する。

早速食べてみた。

チョコレート味。チョコのトッピングもあり甘さもコクもばっちり。知らずに食べたら本物の乳成分使用のアイスクリームだと疑わないレベル。

↓こちらはチョコミント味。日本の製品のように水色に着色されていないが、チョコミントの味。

粗探ししながら味わうと、本物よりもややコクに欠ける印象を覚える。それでも、知らずに食べたら「おいしいね」と納得してしまうレベルの出来だから驚き。

スーパーで購入したのはチョコレート、チョコミントの2つだったが、展示会会場で試食したバニラはもっとさっぱりしていた。おそらく、バニラこそが、本来の姿。

バニラは一口しか食べていないが、あっさりした風味で、コクは本物に劣る印象だった。甘さも控えめだった。コク不足を補う施策についてパーフェクトデイの担当者に聞いた話はこちらに書いている

シンガポールのCS Fresh、Fair Priceスーパーで入手可能

Coolhausシンガポールの公式サイトには、CS Fresh、FairPriceなどで販売されていると書かれている。

まず向かったのがFairPrice・チャイナタウンポイント

しかし、冷凍コーナーを見ても見当たらない。店員に聞くと、商品自体を知らないという。写真を見せたところ、まだ入荷していないとの返答。

次に向かったのが、ラッフルシティにあるCS Freshというスーパー。

住所:252 North Bridge Rd #B1-01 Raffles City Shopping Centre, Singapore 179103

ここにもなかったらどうしよう……と不安になって冷凍コーナーを見ると、見つかった。

値段は一体いくらだろう? タグを探しても、「Coolhaus」のタグが見つからない。

タグがないんじゃ誰も買わないのではないだろうか…と思いつつ、とりあえずセルフレジでスキャン。

1個13.95シンガポールドル(約1450円)で、ほかのアイスクリームブランドとあまり変わらない価格帯だった。

店舗にはチョコレート、チョコミントのほかにバニラなど別のフレーバーもおいてあった。

シンガポールではすでに、他の乳成分使用のアイスクリームと同じように精密発酵アイスクリームがスーパーで販売されていることがわかった。

また日本とは異なり、CS Freshのスーパーでは、1回で食べきるタイプのアイスクリームはハーゲンダッツしか置いていなかったため、1パイント販売は必ずしも稀なことではないと思える。

成分表はこんな感じ

原料表示には「ノンアニマル・ホエイプロテイン」と記載されている。

展示会会場でバニラを試食したためスーパーでは別の味を購入したが、精密発酵タンパク質を使ったアイスクリームを吟味するためには、バニラをじっくり味わうべきだったとやや後悔している。

シンガポール市内のセブンイレブンではまだ販売されていないので、スーパーマーケットに続き、コンビニでも扱われるかどうかを次回のシンガポール訪問で確認したいと思う。

いずれにせよ、国内からながめているだけだった精密発酵という現在の食品システムを根本から変えうるバイオテクノロジーを使った商品を体験できたことは収穫だった。そして、培養肉も精密発酵も、細胞農業をまるごと受け入れてしまうシンガポールの新興技術に対する理解に驚く。

味、特にコクは改善の余地ありだが、関連技術を活用したり、他社と協業したりすることで欠点を補っていくと予想される。国内で食べた植物由来アイスクリームよりおいしかった。

パーフェクトデイの乳たんぱく質はこれまでに、アメリカ、シンガポール、香港に導入されている。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Foovo

 

関連記事

  1. イスラエル大手食品会社Tnuva、代替タンパク質特化のR&Dセン…
  2. Steakholder Foodsが3Dプリンティングによる培養…
  3. アレフ・ファームズがアジアへの培養肉導入加速に向けてタイ・ユニオ…
  4. タイソンが出資するNew Wave Foodsが代替エビをアメリ…
  5. 代替肉のネクストミーツが新潟に代替肉の自社工場を建設、2022年…
  6. 日本ハム、動物血清の代わりに食品成分で培養肉を作製
  7. 培養脂肪を開発するMission Barnsが約26億円を調達、…
  8. Alt Farmは3Dプリンターで作った植物代替和牛で2023年…

おすすめ記事

香港グリーンマンデーがイギリス飲食店に進出、今年中に本格展開へ

香港グリーンマンデーがイギリスに進出する。同社の代替ポーク『オムニポーク…

廃棄される果物の皮からドライフルーツを製造するRINDが約6.7億円を調達

廃棄される果物を活用してドライフルーツスナックを製造するRINDがシリーズAラウ…

スイスの培養肉企業Mirai Foodsがシードで約2億3千万円を追加調達

スイスの培養肉企業Mirai Foodsが追加で180万ユーロ(約2億3千万円)…

Space Fが韓国初の培養鶏肉と牛肉、そして培養豚肉プロトタイプを発表

韓国の培養肉企業SpaceFは、既存の培養豚肉プロトタイプをさらにアップグレード…

イスラエルの培養肉Future Meatが世界初の培養肉生産施設をイスラエルに開設

イスラエルの培養肉企業Future Meatが世界初の産業用培養肉生産施設を開設…

砂糖削減に取り組むBetter Juice、ドイツにパイロット施設の設置を発表

砂糖削減テックに取り組むイスラエルのBetter Juiceは、ドイツにパイロッ…

培養魚レポート・予約販売開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(11/30 20:07時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(12/01 13:43時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(12/01 06:11時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(12/01 16:05時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP