Foovo Deep

Mirai Foodsが厚さ1.5cm以上の培養テンダーロインステーキ肉の作製を発表

 

スイスの培養肉企業Mirai Foodsは今月、厚さ1.5cm以上の培養テンダーロインステーキ肉を作製したことを発表した。同社はこれを可能にした、従来の肉を模倣した組織を効率的に培養する「Fibration Technology」という技術を開発し、3件の特許を出願したことも発表した。

Mirai Foodsは、美味しくて、高品質な培養肉を手の届く価格で市場に投入することを目指し、2019年にスイス、チューリッヒに設立された。

Mirai FoodsのCEO兼共同創業者のChristoph Mayr氏は、「他の種類の肉は研究室で作られており、ヒレステーキが究極の目標です。ヒレステーキは異なる種類の細胞で構成され、適切に組み合わせると、複雑な肉構造になります。この構造化のプロセスは技術的に難しく、ステーキの作製が難しい要因となっています。これこそが、Mirai Foodsが最初の培養牛テンダーロインステーキ肉で持続可能な肉に向けて重要な一歩を踏み出した理由です」と述べている。

Mirai Foodsが培養テンダーロインステーキ肉の作製を発表

「The Rocket」 出典:Mirai Foods

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Mirai Foods

関連記事

  1. 米イート・ジャスト、新しい培養鶏肉製品で再びシンガポール当局の販…
  2. ケンタッキー、ビヨンド・ミートの代替フライドチキンを全米で販売
  3. タイソンフーズが出資するFuture Meatが培養鶏肉のコスト…
  4. GOOD Meat、シンガポールでアジア最大の培養肉工場を着工
  5. 【2024年1月16日】Foovo初の現地セミナー開催のお知らせ…
  6. 微生物発酵でシーフードを開発するAqua Cultured Fo…
  7. 培養油脂のPeace of Meatと英ENOUGH、マイコプロ…
  8. ネスレがマレーシアに植物肉工場を建設&乳製品フリー「ミロ」を発売…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

夕飯の準備は出社前の2分で完了!冷蔵機能のあるスマート調理器具Suvie

仕事の帰宅途中、スーパーによって食材を購入し、自宅で夕飯の支度をする…そ…

バイオ3Dプリンティング技術で培養肉を開発するTissenBioFarmが約2.2億円を調達

韓国の培養肉スタートアップTissenBioFarmは先月、シリーズAラウンドで…

培養肉セミナー動画(日本細胞農業協会理事・岡田健成氏)|2024年3月開催

今月25日、培養肉の研究開発に取り組むかたわら、日本細胞農業協会で理事を務める岡…

英培養肉企業Ivy Farmとバイオテック企業BSF Enterprise、中国進出に向けて提携

イギリスの培養肉企業3D Bio-Tissuesを所有する英バイオテック企業BS…

イスラエルのImagindairy、アニマルフリーな精密発酵乳タンパク質に対し米国FDAのGRAS認証を取得

イスラエルの精密発酵企業Imagindairyが、精密発酵による乳タンパク質につ…

イスラエルのピザハットがドローンによる試験配達を6月から開始

イスラエルのピザハットは今年6月からドローンによる試験配達を開始する。ピ…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/15 12:08時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/15 21:25時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/16 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/15 17:59時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/15 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/15 20:58時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP