代替プロテイン

細胞由来のウナギ、マグロ、タイを開発するUmami Meatsが約2.7億円を調達

写真はイメージ画像

 

ウナギ、マグロなどの培養シーフードを開発するシンガポール企業Umami Meatsは1日、プレシードラウンドで240万ドル(約2億7000万円)を調達した

Umami Meatsは調達した資金で、複数の魚種から細胞株を樹立し、自社の成長因子を活用して、低コストでスケーラブルな培養魚生産システムのさらなる強化を目指す。

環境負荷のない持続可能なシーフードを開発

写真はイメージ

Umami MeatsはMihir Pershad氏が2020年に設立したスタートアップ企業。

同社は、筋肉や脂肪に分化する幹細胞を魚から分離し、細胞株を樹立する。

細胞は一般に、何回か分裂を繰り返すと、分裂をやめて死滅する。死滅せずに、長期にわたり増殖できる状態になった細胞を「細胞株」と呼ぶ。「樹立」とは、安定した形質をもったまま自己複製できる細胞株ができたことをいう

出典:Umami Meats

Umami Meatsは大きなバイオリアクターに細胞を移し、数百万個の細胞を数兆個の細胞に成長させる。細胞が成長するために必要な培地には、植物由来の増殖培地を使用している。細胞に「シグナル」を与えて筋肉や脂肪に変え、刺身など食べたいシーフードに成形する。

シーフード需要が高まる一方、気候変動、乱獲、海洋汚染物質の脅威にさらされ、シーフードの供給はますます不安定になっている。

Pershad氏1800億ドルの水産業界にとって、乱獲、プラスチック汚染、気候変動などの問題を生じない培養シーフードは持続可能な解決策になると考え、Umami Meatsを立ち上げた。

ウナギ、マグロ、タイを開発

写真はイメージ

公式サイトによると、Umami Meatsが開発するのは、ニホンウナギ、キハダマグロ、タイの3種

シンガポールに拠点を持つスタートアップ企業にはUmami Meatsのほかに、カニ、エビ、ロブスターなど甲殻類の開発を手掛けるシンガポール企業Shiok Meats、昨年シンガポール科学技術研究庁(A*STAR)と共同研究所の設立で提携した香港企業Avant Meatsがいる。Avant Meatsはナマコや魚の浮き袋など中国で人気のある魚を開発ターゲットにしている。

Pershad氏は他社培養肉との直接的な競争を懸念するよりも、培養肉の認知度を上げ、市場を形成していくために協業することが重要だとみている

2021年のアジアの代替タンパク質投資額は前年比約2倍に

GFIによると、代替タンパク質に対する2021年の投資額は2020年の1.6倍となり、過去最高の50億ドルに達した。

アジアでもこの動きは顕著で、2020年から2021年にかけて2倍近くに増えている

出典:GFI APAC

過去10年の投資額を地域別にみると、アメリカ以外の地域とアジアからのスタートアップ企業の影響力が増すにつれ、世界の投資総額に占める北米のシェアは急速に縮小している。

しかし、アジアへの投資では植物肉の占める割合が依然と多く、培養肉・発酵タンパク質では遅れを取っている今後は、急速に拡大している培養肉・発酵タンパク質を成長分野とみなした投資がアジアに流入してくる可能性が高い

出典:GFI APAC

現に今回のラウンドは、アジアに焦点をあてた代替タンパク質のベンチャーキャピタル(VC)Better Bite Venturesとアーリーステージの細胞農業・ディープテック企業に出資するVCであるGenedantがラウンドを主導、CULT Food ScienceImpact VentureKatapult OceanPlug & Play Venturesなどが参加した。

Better Bite Venturesは2月、アジアにあるアーリーステージの代替タンパク質企業を支援する1500万ドルのファンドを立ち上げた

ファンドのポートフォリオ企業は中国、シンガポール、インドネシア、オーストラリアから構成され、Umami Meatsのほかに、CellX(培養肉)、Change Foods(発酵タンパク質)、Next Gen Foods(植物肉)、Blue Canopy(発酵タンパク質)などがある。

 

参考記事

Umami Meats Secures US$2.4 Million Pre-seed Funding to Advance Cultivated Seafood

The State of APAC’s Alt Protein Industry in Four Graphs

 

関連記事

アイキャッチ画像はイメージ

 

関連記事

  1. じゃがいもを原料に代替チーズソースを開発したLoca Foodと…
  2. 韓国政府、2022年の国家計画に培養肉のガイドラインを追加
  3. Remilk、イスラエルで精密発酵タンパク質の認可取得が間近
  4. イスラエルの培養肉企業Steakholder Foodsが日本で…
  5. イスラエルの培養肉企業Steakholder Foods、バイオ…
  6. 味の素がイスラエルの培養肉企業スーパーミートに出資、培養肉の商用…
  7. ADMが精密発酵スタートアップNew Cultureと戦略的パー…
  8. 高級培養肉Orbillion Bioが日本初登壇|Food-Te…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

マクドナルドがアメリカでマックプラントの試験販売を終了

マクドナルドは先月、アメリカで植物性バーガー・マックプラントの試験販売を終了した…

培養肉企業MeaTechがベルギーに培養脂肪のパイロット工場を建設することを発表

イスラエルの培養肉スタートアップMeaTechが培養脂肪のパイロット工場を建設予…

培養サーモンの米WildTypeが培養シーフード業界史上最大の約114億円を調達

細胞培養による培養サーモンを開発するアメリカ企業WildType(ワイルドタイプ…

6つの豆をベースに代替魚を開発する米Good Catchがシンガポールへ進出

6つの豆をベースに植物性の代替魚を開発する米Good Catchがシンガポールに…

米パーフェクトデイがシンガポールに研究開発拠点を設置、2021年4月に稼働を開始

このニュースのポイント●米パーフェクトデイがシン…

主食のイノベーションに挑む日本企業ベースフード、目指すのは「健康が当たり前の社会」

世界的にはフードテックのブームは高まる一方で、代替肉、代替卵、代替ミルク、さらに…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/15 12:08時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/15 21:25時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/16 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/15 17:59時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/15 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/15 20:58時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP