代替プロテイン

代替卵イート・ジャストが欧州進出へ向けて加速、EUの承認待ち

2022年1月セミナーはこちらから▼

 

このニュースのポイント

 

●イート・ジャストが欧州進出へ向けて加速

●製造・流通は準備完了、規制当局の承認を待つだけ

●過去4年で欧州のヴィーガン人口は2倍に

●タンパク質生産による副産物でんぷんの収益化が必要

●2023年までにコストダウン実現を目指す

 

 

代替卵の代表格イート・ジャストがヨーロッパ進出に向けて準備している。

イート・ジャストは、ヨーロッパで植物性の代替卵を販売する計画を進めている。製造、流通の準備はすでに完了しており、残るは規制当局の安全性承認だけだ

イート・ジャストの主力商品ジャスト・エッグは液体タイプと冷凍タイプの2種類で、緑豆を主成分とする。現在、EUの安全性承認を待っている段階。EUの承認を得られ次第、ドイツ、イタリア、オランダなど西ヨーロッパで販売を開始したい考えだ。

同社CEOのジョシュ・テトリックはヨーロッパ市場に米国市場以上の「展望」を期待している。

実際に、ヨーロッパでは、ヴィーガン人口が2016年の130万人から2020年には260万人と2倍になっている

今後5年で欧州の植物性代替市場は75億ユーロ(89憶ドル)になると予想されている

欧州の植物性代替食品市場の予測

欧州市場へ進出するため、イート・ジャストは着実に準備を進めてきた。

今年5月には、ドイツの片栗粉メーカーEmsland Groupと緑豆プロテイン生産と副産物・でんぷんの取り扱いで提携。イタリアの鶏卵大手Eurovo Groupとは製造・販売チャネルを構築。さらに、ドイツ家禽業者最大手のPHWと販売パートナーシップを結んだほか、ベルリンを拠点とするフードデリバリーのDelivery Heroとも提携している。

欧州進出はイート・ジャストの海外展開の1つで、同社はすでに本場米国のほか、アジアの香港、中国、タイにも進出している。

10月には投資機関Proterraから約100億円の出資を受け、アジア初となる生産工場をシンガポールに建設することを発表した。この工場は数千トン規模となる予定で、2022年までのオープンを目指している。

コストダウンのためにでんぷん市場も視野に

出典:Eat Just

現在、卵1個分に相当するジャスト・エッグを生産するのにかかるコストは18セント(約18円)。

イート・ジャストは卵1個分に相当する生産コストを、2023年までに5セント(約5円)未満にまで下げたい考え。これを実現するには、タンパク質の生産倍増や緑豆からタンパク質を生産するときに副産物として生ずるでんぷんの収益化が必要となる。

イート・ジャストは、でんぷん市場にはまだ着手していないものの「将来の重要な市場」とみている。2020年の戦略の1つは、でんぷんを収益化することだと昨年言及しており、でんぷんを活用できるパートナーを探していた。

片栗粉メーカーEmsland Groupとの提携によって、タンパク質生産に伴うでんぷんの有効活用が進みそうだ。

テトリックは「従来の農業を変えるには、彼らと手を組むのが一番」だと考える。農業の担い手を外野へ追い出すのではなく、うまく協業する道を探す。イート・ジャストはこの戦略を、カナダ、欧州に加え、アジアでも適用したい考えだ。

同社は植物ベースの代替卵のほかに、Proterraと協業して培養肉の開発を進めることも明らかにしている。10月にオンライン開催されたSKS2020で培養肉について問われたとき、コストダウンと量産化までに「15年以上」と回答している。

 

参考記事

Eat Just Gears Up To Launch Its Plant-Based Eggs In Europe Next Year

Eggless Egg-Maker Eat Just Prepping for Europe Next Year

 

アイキャッチ画像の出典:Eat Just

 

 

2022年1月セミナーはこちらから▼

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. ピーナッツから代替肉を作る中国企業HaoFood、2021年に中…
  2. 代替肉のネクストミーツが新潟に代替肉の自社工場を建設、2022年…
  3. 代替シーフードのAqua Cultured Foods、スイスの…
  4. 代替肉はなぜ必要なのか?代替肉の必要性、分類、現状をわかりやすく…
  5. イスラエルのMeaTechが新たに培養豚肉の開発始動を発表
  6. 中国バーガーキングが植物肉バーガーを発売開始
  7. カンガルーの培養肉を開発するオーストラリア企業Vow、食の変革に…
  8. ネスレがFuture Meatと協業して培養肉参入に向けて準備

おすすめ記事

フードロスに取り組む米Apeel Sciencesが約274億円を調達

フードロスに取り組む米Apeel SciencesがシリーズEラウンドで2億50…

3Dプリンター製サーモンを開発するRevo Foodsが約1億9000万円を調達

3Dプリンターで植物性サーモンを開発するRevo Foodsが150万ユーロ(約…

未来のバーテンダーはロボット?Rotenderはドリンクを大量に作る自販機ロボットを開発

海外の自動販売機の中には、これまでの決まったものだけ注文する仕組みではなく、ドリ…

食料品配達のパーソナライズ化を実現するHungryrootが約44億円を調達|AIで買い物を予測

AIを活用してパーソナライズ化された食料品デリバリーを提供するHungryroo…

ビーガンチーズを開発するMiyoko’s Creameryが約57億円を調達

植物ベースのビーガンチーズを開発するMiyoko’s Creameryがシリーズ…

植物性卵・培養鶏肉を開発するイート・ジャストが新たに約219億円を調達

カリフォルニアを拠点とするイート・ジャストが2億ドル(約219億円)という巨額の…

Foovoセミナーのお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/16 16:27時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(01/16 10:13時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(01/15 21:23時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP