Foovo Deep

スーパーミート、来年アメリカに培養肉工場建設を計画

 

細胞培養による培養肉を開発するイスラエルのスーパーミートは、2023年後半にアメリカに生産施設の建設を計画している。この施設では、高級レストランに提供する培養家禽肉製品を生産する。スケールアップ実現後は小売への導入を考えている。

動物を殺すことなく細胞を培養して生産される培養肉は、畜産よりも水消費量、土地利用、温室効果ガス排出量の面で持続可能であり、地理的制限を受けずに生産施設で生産できることから、人口増加がもたらす食糧危機の有望な解決策として期待されている。

スーパーミート、来年培養肉工場をアメリカに建設

スーパーミートの培養肉試食レストラン(テルアビブ) 出典:SuperMeat

培養肉をめぐっては、培養肉を作れるのか?という実現可能性に始まり、販売許可、法整備、生産コスト削減、大量生産などの課題が指摘されてきた。

イート・ジャストが2020年末に世界で最初に培養肉の販売を実現してから、さまざまなスタートアップ企業が生産コスト削減、生産工場の建設から開設へと、商用化に向けた課題解決に取り組んできた。各国における法整備の足並みは揃っていないものの、シンガポールに続きアメリカやカタールで年内に培養肉が販売される可能性は高まっている。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:スーパーミート

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. 食品廃棄物を活用してマイコプロテイン由来の代替肉を開発するMyc…
  2. えんどう豆由来の代替ミルクを開発するSproudが約6.8億円を…
  3. 培養ハイブリッド肉を開発する米New Age Meatsが約2億…
  4. 精密発酵セミナー動画-2022年1月開催-
  5. BioBetterはタバコ植物を活用して培養肉用の成長因子を開発…
  6. ネスレがFuture Meatと協業して培養肉参入に向けて準備
  7. イスラエルの培養肉Future Meatが世界初の培養肉生産施設…
  8. 中国代替肉企業Hey MaetがプレシリーズAで数百万ドルを資金…

おすすめ記事

ネクストミーツが代替肉でアメリカ市場に本格進出、代替ミルクの国内D2Cもスタート

日本のフードテック企業ネクストミーツがアメリカに本格進出する。同社は焼肉…

代替母乳のTurtleTree、カリフォルニアに研究施設開設を発表

細胞農業により代替母乳を開発するシンガポール企業TurtleTreeは、カリフォ…

3分でサクサクのピザを焼くBasil Streetのピザ自販機

 このニュースのポイント●ピザを3分で焼…

3Dプリンター肉のSavorEatが代替卵に特化したスタートアップEgg’n’upを設立

3Dプリンター肉を開発するイスラエル企業SavorEatが、代替卵に特化した新し…

ネスレがヴィーガンキットカットの販売を欧州で開始!

ネスレが植物ベースのヴィーガンキットカットを発売した。ヴィーガンキットカ…

スーパーミート、来年アメリカに培養肉工場建設を計画

細胞培養による培養肉を開発するイスラエルのスーパーミートは、2023年後半にアメ…

ニュースメルマガ登録で無料レポートをプレゼント

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/22 18:01時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/23 11:51時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(05/22 23:08時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP