Foovo Deep

スーパーミート、来年アメリカに培養肉工場建設を計画

 

細胞培養による培養肉を開発するイスラエルのスーパーミートは、2023年後半にアメリカに生産施設の建設を計画している。この施設では、高級レストランに提供する培養家禽肉製品を生産する。スケールアップ実現後は小売への導入を考えている。

動物を殺すことなく細胞を培養して生産される培養肉は、畜産よりも水消費量、土地利用、温室効果ガス排出量の面で持続可能であり、地理的制限を受けずに生産施設で生産できることから、人口増加がもたらす食糧危機の有望な解決策として期待されている。

スーパーミート、来年培養肉工場をアメリカに建設

スーパーミートの培養肉試食レストラン(テルアビブ) 出典:SuperMeat

培養肉をめぐっては、培養肉を作れるのか?という実現可能性に始まり、販売許可、法整備、生産コスト削減、大量生産などの課題が指摘されてきた。

イート・ジャストが2020年末に世界で最初に培養肉の販売を実現してから、さまざまなスタートアップ企業が生産コスト削減、生産工場の建設から開設へと、商用化に向けた課題解決に取り組んできた。各国における法整備の足並みは揃っていないものの、シンガポールに続きアメリカやカタールで年内に培養肉が販売される可能性は高まっている。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:スーパーミート

 

関連記事

  1. インポッシブルフーズが開発中の代替ミルク・Impossible …
  2. 精密発酵で乳タンパク質・乳脂肪を開発するPhyx44が約1.7億…
  3. タイソンフーズが出資するFuture Meatが培養鶏肉のコスト…
  4. MeaTechが低コストな培養脂肪の生産方法で米国仮出願を提出
  5. 培養魚レポート・販売開始のお知らせ
  6. アニマルフリーなチーズを作るChange Foodsが約2.3憶…
  7. 「細胞培養の救世主」、クラウドで培養を受託する米企業Cultur…
  8. 植物を活用してアニマルフリーな乳製品を開発するMirukuが約3…

おすすめ記事

米MycoTechnologyが約105億円を調達、菌糸体発酵プラットフォームの海外展開を加速

菌糸体で食品業界の課題解決に挑むアメリカ、コロラドを拠点とするMycoTechn…

イスラエル政府が培養肉コンソーシアムに約23億円の助成金を提供

イスラエル経済産業省傘下のイスラエル・イノベーション庁(Israel Innov…

動物を殺さずにコラーゲン・ゼラチンを開発するJellatechが約2億1000万円を調達

動物を殺さずにコラーゲン・ゼラチンを開発するJellatechが、プレシードラウ…

培養肉企業モサミートがシリーズBを約89億円でクローズ

オランダの培養肉スタートアップ企業モサミート(Mosa Meat)が新たに100…

モサミートはいかにしてFBSを使わずに培養牛肉を生産したのか?研究者が論文を発表

オランダの培養肉スタートアップ企業モサミートは今月13日、ウシ胎児血清(FBS)…

Change Foodsが約13億円を調達、精密発酵の市場投入を加速するパートナーシップを締結

精密発酵によりチーズを開発するChange Foodsは、シードラウンドで追加の…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(01/28 17:00時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/27 20:33時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(01/28 14:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(01/28 06:54時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(01/28 16:36時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP